2017年12月06日

宝塚大劇場「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」とバウホール「アルカディア」

宝塚大劇場「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」

目がいくつかっても足りない!
美しい人々が血なまぐさいフランス革命の恐怖政治のときを命を燃やして生きるのだから。

作・演出の生田大和氏は、「春の雪」の舞台化が素晴らしかった。
三島作品が、あのようにワクワクする舞台として宝塚化できるとは!

ロベスピエールは、スカーレット・ピンパーネルでは悪役になってたっけ。
作品の発表があったとき、恐怖政治の代表のように扱われてしまう人物を宝塚で主役にしちゃうの?と好奇心をくすぐられた。
やはり生田氏をもってしても、ロべちゃんを宝塚的主役にするのはかなり大変だったようで、理想に走りすぎて恐怖政治を敷いてしまうあたりは、はっきり言って説得力がない・・・
マリー・アンヌに心惹かれる部分も、なんとなく・・・なんとなく・・・

が、しかし!真彩希帆のマリー・アンヌという架空の人物を存在感のある女性に仕立ててしまう真彩の演技と歌唱力によって、だいもん(望海風斗)ロべちゃんの存在感も、スピーディな演出と相まって、なんとなく肯定させられてしまう。ま、いっか…みたいな感じ。

恐るべし真彩!こんな歌唱力は、濱田めぐみさんに匹敵するじゃないの!
10年に一度の逸材だ!

ワイルドホーン氏の楽曲は、耳になじみやすく、その曲を歌唱力抜群のだいもん、真彩が歌いあげるのだから、歌声に酔いしれてしまう。

2番手になったさきちゃん(彩風咲奈)のダントンが、思い切った熱い演技で堅物なロべちゃんとの違いがくっきりと浮かび上がってわかりやすい。
革命がなによりも重要で、人生を楽しむことを罪悪に思ってしまうロべだいもんの、心の動きが哀れに思えた。最近、涙もろいから、ラストシーンには泣けてしまった。

あーさ(朝美絢)のサン・ジュストのロべちゃんへの狂信的なほどの思い入れも、よく表現されていた。
月組にいたときよりも、輝きが増している。

輝きが増したといえば、あやな(綾凰華)もだ。
目立つ〜!芝居でも、ショーでも。
一人勝ち状態だったひとこちゃん(永久輝せあ)、危うし!

プログラムでチェックし忘れていて、このこなれた娘役は誰だ?と思っていたら、なんとなぎしょう(彩凪翔) 

みんなイキイキしていて、雪組は相変わらずよい組だわ〜
ショーは、もっと目が足りない状態になり、あまり覚えていないほど。とにかく見るのに忙しくて。
ひとこちゃんのダルマ姿に衝撃!ちょっと細すぎる…もっとお肉を付けないと、これからの激戦に負けちゃうよ〜。

東京でもう一度見るので、今度はしっかりチェックしようっと。
歌う担当と踊る担当がはっきり仕分けされていて、面白い〜(笑
適材適所が肝心よね。


バウホール「アルカディア」

友人が2列目センター席を取ってくれて、もうむひむひ、うふふ♡
幸せ♡

樫畑亜依子氏の作品は、これが初めて観る公演
お話し自体は、よくある話。はっきり言ってどうでもよくて、出演者それぞれの見せ場をしっかり用意してあるところは大変よろしい(笑 と上から目線のコメント失礼します。

どうでもいい!で思い出したけれど、ありちゃん(暁千星)のセリフにこの言葉があって、客席で一人で「むふふ・・・」と喜んだ。ちえさまが大好きと公言しているありちゃんだから、言いたいとお願いしたのかしら…なんて。

白雪さちかの年上マダムとありちゃんが踊るシーンが、むふふの頂点!
樫畑さん、えらい!
ジゴロなありちゃんなんて、今までになかったもんね。ファンを喜ばせるために仕掛けられたシーンよね。
ありちゃんは、今までなんでもして生きてきた18歳の少年。女たちがほうっておかないから、そちらの方も、ちゃんと経験済という設定。そのあたりは、まだ、ありちゃんにはちょっと背伸びなんだけれど、そこがまた、ファンとしては、むふふ・・・

2年前にA−ENで、ちえさまの影がゆらゆらして、興奮しちゃったけれど、今回は、ちゃんとありちゃんらしさが出てきていて、ちえさまへの憧れがいい意味で昇華しつつあるなあ。これからがますます楽しみ〜!
歌が格段にうまくなっていた。ダンスも好きだけれど、ありちゃんの声も、好きだわ〜
ばあやの心とお肌の保湿剤♡

ダリアの美園さくら、フェリクスの輝生かなで、フェリクスの彼女のデジレ(結愛かれん)、カミーユの風間柚乃…という若々しい面々が、きちっと役作りができて、歌も、ダンスも、見せ場たっぷりで、もうお話しなんてどうでもよくなってしまう。設定を楽しむという宝塚ならではの作品に仕上がっていた。
脇をしっかり固めて支える光月るう、晴音アキ、貴澄隼人、そして、白雪さちか、ベテラン勢の充実ぶりも見逃せない。

何度も言うけれど、お話しはどうでもいい。
一人ひとりを場面ごとにじっくり見て、むふふ・・・となる。宝塚的な見方ができるよい作品です(笑

柚乃ちゃんは、AFOのときにすでに目立っていたけれど、今回の物語の語り部的な役割も、しっかりこなしていて、かなり驚いた。かなでちゃんも、ありちゃんにたくさん絡む役で、決して負けてなかった。
月組から、ますます目が離せない〜!
月組、ええ組やなあ…としみじみ言える日が来るとは・・・ばあやはお楽しみが増えて、本当にうれしい。


posted by 風土倶楽部 at 12:59| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

コットンクラブ「American Express presents THE BLUE SESSIONS vol.3 柚希礼音 COTTON CLUB」

BOXのS席が当たり、それも一番前という席。
なんという幸運!
ちえさまが前に立てば、1mもないという接近度。
1時間15分間、クラクラしまくりで、まさに夢の中だった。

始まるまでのこんなドキドキした気分は久しぶり〜

DSC_0034.jpg

ドキドキ

DSC_0040.jpg

入り口に行ってみたら、すでに長蛇の列。
まだ、チケットを取ってない方は〜と案内され、受付に。
私たちは、コットンクラブで取ったものなので、クラブの受付へ。
写真付きの身分証明書の提示を求められたので、免許証を提示。
本人確認が厳しい。
チケットをもらって、再び、列へ。
少しずつ動きながら、レッドカーペットにようやく到達。

DSC_0042.jpg

ゆずるちゃんからのお花(というより、バルーンね)

DSC_0047.jpg

きらびやか〜
でも、思ったよりはカジュアルだった。
割りに気楽に行けるところだったのね〜

DSC_0048.jpg

とにかく前すぎて、ちえさまがお立ち台に立つと、ひたすら見上げるだけ。
自由の女神さまを足元から見上げている感じだった。

曲順(たぶん)
タトゥー
世界で一番君が好き?
いつか離れる日が来ても
愛した日々に偽りはない
ゴスペラーズ ひとり
ドリカム うれしい!たのしい!大好き!
僕はなにを探しているんだろう
希望の空
Maybe if
Yes! 魔法が降り注ぐ
REON JACK

ちえさまは、とにかく光輝いていて、まぶしかった。
マイブームのお料理ネタには、ほぼ全員でツッコミまくった感じ(笑
このところ1週間のマイブームということだから、今頃は、もうブームは完全に去っていると思われます。

宝塚ホテルの旧館のことを本間大先生がステキなところだと言ったら、やけに驚いていた。
コワくないですか?とかなんとか。なにか出るというウワサでもあるのかな?(笑

みんなハイタッチをしてもらったのに、タイミングを逃してしまい、できなかったのがとっても残念。

こんなステキなライブを頻繁にやってほしいなあ。
ダンスが観れないのが、ちょっと残念だけれど、歌だけでも、とっても素敵。
声がとてものびやかになって、音域がすごく広くなった。
でも、低音の部分が、やっぱり好き。

Maybe ifの腰くいっくいっは、ちゃんとやっていて、きゅんきゅん。
そして、最後のキメポーズで、ばっちり視線をいただきました。きゃっ!

また、行けますように。

DSC_0052.jpg

ちえさま監修のサングリアとリゾット
美味しかったけれど、リゾットの量のささやかなこと!
始まる前だったので、気もそぞろだったから、あまり気にならなかったけど(笑

ちえさまのおかげで、またまた新しいステキなところを知ることができました。
ありがとう、ちえさま♡

1か月に1回、やってほしいなあ。
年間パスとかあれば購入するから、ぜひ!

posted by 風土倶楽部 at 11:53| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

9月から11月にかけての観劇まとめ

このところ、激動の日々だったので、感想をメモする暇もなく…
とりあえず、メモ程度に記録。

9月26日 東京宝塚劇場月組公演「All for One」

8月に宝塚大劇場のB席で観て以来の2回目。
今回は、お席がとってもよかったのもあるかもしれないけれど、とにかく面白かった。
これぞ宝塚!
来年のカズラカタは、きっとこれを上演するね(笑

小池修一郎氏は、外部公演よりも、やっぱり宝塚の1本ものに力を最大限に発揮するお方だなあ。
少女の夢をこれほどがっつり理解している人はいるだろうか。
乙女なイケコなのだ。

球城りょう(たまきち)のダルタニアン、美弥 るりか(るりるり)のアラミス、宇月 颯(とし)のアトス、暁 千星(ありちゃん)のポルトス、敵役の月城 かなと(れいこ)のベルナルド、愛希 れいか(ちゃぴ)のルイ、そして、沙央 くらま(こまさん)のモンパンシェ、、、

かつてこれほどばっちりの配役があっただろうか。
美しい、並びが美し過ぎるのに、そのうえ、それぞれがぴったりの役で、力を最大限に発揮している。
これぞ、これぞ、宝塚だ〜!と、ウキウキしながら魅入ってしまった。

9月28日
赤坂ACTシアター 「ビリー・エリオット」

木村咲也くんの回。とてもかわいいビリーだった。

10月3日
DDD AOYAMA CROSS THEATRE「ラストダンス‐ブエノスアイレスで」
水さんのエビータの年齢を経ていく人物造形が見事だった。ただ、相変わらず滑舌はイマイチだけど。
Shun先生の民衆を象徴したパフォーマンスが面白かった。あれがないと、すべてがエビータの空回りに思えてくるから。福井貴一さん、伊万里有さんの変幻自在さも、楽しかった。
石丸さち子氏の演出、ステキだった。マタハリ、期待できそう。
DDDの規模だと、後方席の方がゆったり観られる。

10月26日
宝塚大劇場「ベルリン わが愛/ブーケ・ド・タカラヅカ」

ベルリンで、ちょいうとうと。ナチスの扱い方がステロタイプで、展開が読めちゃうからか?
レビューの方は、あっという間に感じるくらい楽しかった。

10月29日
梅田芸術劇場「ビリー・エリオット」&ホームパーティ

益岡パパがやっぱり好き♡ 涙腺崩壊
山城力くんビリー。間の取り方が上手になっていた。

関西のHPより、東京の方がゆったりしていて、楽しめた。
ハイタッチがあったので、すべて許してしまう〜♡

11月4日
梅田芸術劇場「ビリー・エリオット 大千秋楽」

前田ビリー。やっぱりすごい!ちえさまが対等に扱っているところが垣間見えて面白かった。
吉田パパのアドリブが面白かった。
なにを観ても、頭の中にぐるぐるとこれまでのことがめぐってきて、集中できているのかできていないのかわからない。

posted by 風土倶楽部 at 12:41| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

宝塚大劇場 宙組「神々の土地 ロマノフたちの黄昏」「クラシカル・ビジュー」

久しぶりの宙組さん。まーさま(朝夏まなと)の退団公演。
平日なのに立ち見が出ていた。

「神々の土地」は…

DSC_0369.jpg


バイオハザードみたい(笑
なつかしい

それはさておき・・・
退団公演は駄作というジンクスを越えられず、なのかな。
上田さん作・演出だから、ちょっと期待していた。

とにかく名前がややこしい。ロシアの方々の名前を覚えられない〜!
なので、人間関係を把握するのに四苦八苦

予習しとけよ・・・ということでしょうか。

まーさまは、シェイクスピアも、ブラームスも、ラダメスも、ドミトリーも、みんないい青年。
正義の人なんだよね〜。

ドミトリーも、なんだかとらえどころがなくて、存在感が薄い。

イリナのうらら(伶美 うらら )は、抑えた演技で、これまたクララ・シューマンみたいだった。
ささやくようなセリフだから、心地よくて、つい…

目覚めたら、とっても存在感のある見慣れない貴婦人がいて、思わずオペラグラスでのぞいてみたら、なんと組長のすっしーさん(寿つかさ)!
それから、すっしーさんの皇太后マリアが気になって仕方がなくなるという…まさかの展開。

と、まあ、本筋の部分は、名前がややこしいからか、ロシアの沈みゆく貴族に興味が持てないからか、ドミトリーとイリナのなぜいじいじしているのか、よくわからない展開(本当はわかる展開なんだろうけれど 笑)にいらついたりしているうちに終盤を迎え・・・

一緒に行こうと迎えにくるドミトリーと一夜をともにしたのに(一線を越えたのよね?ね?ね? 笑)、私は亡命しないというイリナ。なんでや?と思っているうちに、物語は数年後のNYへ。

イリナの結末が、上田さんの「月雲の皇子」のヒロインの末路と酷似していて、なるほど〜、こういうのがお好きな方なのね

ロシアものの名前の山を越えられなかったばあやです。上田さん、すみません
そして、最後まですっしーさんのマリアさまから目が離せませんでした。
大物貴族は、しぶとく生き抜くよね〜

ショーは、色合いが好き♡ ゴールドと紫なんて、高貴な色の取り合わせがこんなに映えるのは宝塚しかございません。
美しい、ただひたすら美しい。美しい人々が美しい色の洪水の中で歌い踊るのだ。
うっとり。

でも、宙組さんの場合は、ごひいきがいないので、そこまで。
なんとなくすいすい流れていって、まーさまたちの群舞へ。

RJ2のDVDをヘビーリピートしているから、ダンスが物足りないなあ
宝塚は、そろそろ振り付けに変革が必要なのではないかなあ
タンゴも、なんか違うんだよね〜

ゆりか(真風涼帆)が目立つ・・・つい目が行ってしまった。
星組の、ちえさまのDNAを受け継いでいるのね

DSC_0370.jpg



posted by 風土倶楽部 at 21:50| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

二度目の「ビリー・エリオット」

実は、二度目のビリー・エリオットを観劇していたのでした。
NEMO船長の前日に観たものだから、謎のNEMO旋風にくらくらして、そちらを先に書いてしまった。

ビリー・エリオットの完成度は、ますます増していた。
特にもちろんウィルキンソン先生のちえさま(柚希礼音)♡
声が一段と明瞭に出ていたし、動きのメリハリも完璧。
縄跳びも、一層軽快になっていたし、お芝居も、細部まで行き届き、さすがのちえさま♡

この日は山城力くんのビリーだった。
彼は、やりたい!という気持ちだけでほぼゼロから出発して、ビリー役を掴んだ。
セリフの間が微妙にずれるなど悪く言えば素人くさい部分を残し、よく言えば、それがビリーそのものだった。ゼロからの出発で、よくあそこまでダンスも、歌も、自分のものにしたなあ。子供の力というのはすごいものだと、またまた感心させられた。
マイケルは、城野立樹くん。マイケル役は、本当に影の立役者だよね〜。マイケルがいなかったら、ビリーは途中で心が折れていたと思う。今回も、また、そう思わせてくれるマイケルだった。

おばあちゃんは根岸さん。久野さんのおばあちゃんより、おばあちゃんぽくて、コミカルに演じていた。
益岡パパは、やさしくて、気が弱くて、妻に先立たれて自分を見失ってしまっている男そのものだった。吉田パパは、頑固で思い込みが激しくて、妻に先立たれて、自分流を押し通そうとする面が先走ってしまったパパだったから、違いがはっきりしていて、面白かった。

中河内兄も、藤岡兄よりも、やさしい感じ。
ということで、全体的に、ビリーを囲む状況が、より悲劇的で、ビリーだけじゃなく、周りの大人たちの状況も悲壮になっていて、初日プレビューのときの絶望感とは違った。
そのためか、炭鉱夫たちの悲壮感や無力感、くやしさが迫ってきて、ビリーに心を寄せつつも、やはり大人たちの今までとこれからがとても気になった。
特にラストシーンの炭鉱夫たちが地下に消えていく演出にはぐっときてしまい、明るい未来に向かって旅立つビリーとの対比に涙してしまった。やっぱりそちら側の年代だから、去りゆくものの気持ちに寄り添ってしまう。

だから、ちえキンソン先生のラストシーンの複雑な思いも、ひしひしと伝わってきて、目が釘付けだった。
華やかな道を歩いてきたちえさまが、たくさんの鬱屈を抱えるウィルキンソン先生をこんなに丁寧に演じていることを思うと、やっぱりちえさまの今までの大変さなども、ファンとしては胸に迫り、このシーンは、いろいろな感情がどっと襲ってきてしまう。
なので、ついビリーの存在が薄れちゃう(笑

ビリーという少年のサクセスストーリーだけれど、主役は実は大人たち全員なのよね〜と、ばあやは思ってしまうのだ。
この作品のすごいところは、そこなのかもしれない。

さて、次回は、いよいよちえさまとヌッキーの組み合わせ。絡むシーンはないんだけど。

早いもので、もう公演は折り返してしまった。そして、9月。今年も、どんどん終わっていく…


posted by 風土倶楽部 at 11:58| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

日本青年館ホール 雪組「CAPTAIN NEMO ネモ船長と神秘の島」

これはいったいなんなんだろう・・・
ツッコミどころ満載な作品は、いくつも観たけれど、ここまで最初から最後まで???の連続の作品は初めてだ。
びっくりの連続でもある。
駄作というだけでは言葉が足りない。珍作、奇作、怪作・・・

実は、オープニングの赤いドレスの娘役が踊り始めてから、いや〜な予感がし、彩風咲奈(さきちゃん)が金髪ロン毛を揺らせながら、ソロでダンスを始めころには確信に変わりつつあった。

そして、いよいよ縛られて椅子に座らせられたジョイス博士(ひかる)、レティシア(彩 みちる)、シリル(永久輝せあ)による、物語の立ち上がりが始まったところから、「よくわからない〜!」の連続に突入。

その後、何度も気を失ってしまったので、ますますわからなくなった。

世界各国の紛争や戦争で国を追われた人たちが集まる島(名前を忘れちゃったよ。マトカって言ってたっけ?)
そこに君臨するNEMO船長も、また、国を追われた人間。彼らに言わせれば、国を棄てた、らしい。
ネモは、その島のリーダー・・・というよりも教祖。

ネモに沈められてしまった船から救命ボートで彷徨っているどきに、どうやら、縛られていた3人は助けられ、この島に連れてこられたらしい。
が、イギリス海軍将校のラヴロック少佐が、いきなり現れるのはなぜ?
朝美 絢(あーさ)の軍服姿は美しいけれど、漂流したのに、やけにぴっかぴっか。
その軍服をみて、島人たちが「ひえ〜」と言いつつ逃げまどっちゃうのが可笑しい。

ネモが憎む軍人なのに、彼はどうやってこの島へ?

さきちゃんネモが、常に憂鬱な顔をして、カッコだけつけているのが、なんだかとっても滑稽。
せめてこんな島に傷ついたたくさんの人が集まったのなら、みんなで楽しくやればいいのに。
一応、楽しそうに歌ったり、踊ったりしているんだけれど、イマイチ、その幸せ感が伝わってこない。

さきちゃんのオルガン演奏シーンも、ショパンな別れの曲で、とにかく憂鬱そう。
まるで新興宗教の教祖さま風で、信者たちが「愛」を唱えながら、かしずいているみたいなのだ。

笑っちゃうのは、各国からやってきたという島人たちが、そのままの民俗衣装でいること。
そうしないと各国を表現できないからなんだということはわかるけれど…

「ラララ・ラ・ララ」などと言いつつ、モールス信号の歌を島人たちに教えるシーンも、笑っちゃう。

これって、いっそ喜劇に仕立ててしまえば、社会風刺になったのでは?と思ってしまった。

なにやかや物語があるようで、なくて、2幕は、またまたさきちゃんネモのソロダンスから始まる。
ネモはダンサーなのか?

以下、ネタばれ(ってほどのネタでもないけど)


そして、ロシア艦隊が島をめざしてやってきて、ネモたちは、潜水艦ノーチラス号に乗って、海底火山に激突して、火山を爆発させ、艦隊を蹴散らす。島を守るために。

その特攻に行く前に、みんなは家族〜♪愛〜♪という歌を歌って。
潜水艦の中にもぐりこんだレティシアが、10年間行方不明になっていた学者の父と出会えたから、もう一人はいやと言って、一緒に突入するといいつつ、ネモ船長を愛してしまったと、ついでのように愛も告白。
船長は、その愛を受け入れ、一緒に突入。
このときにキスシーンなんて、入れたら、怒るよ!と思っていたら、さすがにそれはなかった。

特攻礼賛は、やめてほしい。

これで終わり。はあ?
いったいなにを見せられたんだ?

せあちゃんを観に行ったから、目的は達成しているんだけど。
こんな作品にエネルギーを使わなければいけない組子たちが気の毒すぎて…
みんな、健気だ
でも、そこに劇団は甘えてないか?

宝塚って、今度の作品は、こういうのをやりますという企画会議はないんだろうか。
そして、作品づくりを途中で劇団側がチェックすることはないのだろうか。

ときどき信じられないような?な作品があるけれど、観客は、お目当てを観に行っているので、物語が破たんしようが、主義主張が怪しかろうがどうでもいいのだ。
私も、どーでもよかった!

でも、ビリー・エリオットのウィルキンソン先生の「どうでもいい!」と同じで、本当はどうでもよくない。
いい作品でせあちゃんを観たいよ〜。

せあちゃん(ひとこ)は、すんごい悪役が絶対似合うと思う。
ひとこちゃん主役の公演を早く観たい〜
そのときは、脚本は小柳先生か上田先生にお願いしたいわ〜

DSC_0351.jpg


posted by 風土倶楽部 at 10:40| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

ステージアラウンド 新感線「髑髏城の7人 鳥」

ゆりかもめ市場前駅の前には、灼熱の太陽にじりじり焼かれた砂漠が広がり、その向こうにIHIアラウンドステージの劇場がぽつんとあった。

1590年の乱世の関東平野にタイムスリップするには十分な設定だ。
やるねぇ。

私の席は、15列目の29番というまるで劇場のおへそみたいな場所。
舞台との距離は、ちょうどいい感じで、全体を見渡すことができた。
この劇場だと、あまり前方席だと、目が回るだろうし、せっかくの凝ったプロジェクションマッピングに浸れないかも?

ど真ん中だったためか、あまり席が回転しているという感じがせず、舞台展開が目の前でどんどん進行していくという感じだった。揺れも、ほぼ感じなかった。

何度も再演されているこの作品。宝塚でいえば、ベルばらみたいなもので、いろいろな人が演じることで、作品が変化し、見え方が変わっていくのが面白い。が、初めてみたとしても、物語はそんなに複雑ではないのでわかりやすい。

観劇後、2011年版を家でみて、復習してみた。

天魔王の森山未来、蘭兵衛の早乙女太一は、同じ役。
どちらもパワーアップしていた。特に太一の決め方が際立っていた。色っぽさも。
蘭兵衛の曼殊沙華の赤い花が描かれた衣装がステキ♡
白い花園の中を髑髏城に向かっていくシーンにぞくぞくしちゃう。

阿部サダヲの捨之介は、完全にサダヲ捨之介。予想も、期待も裏切っていなかった。
サダヲが天魔王をやったら、どうなるんだろう。悪役の方が観てみたかったかも。

それにしても、捨之介は蘭兵衛にずたずたに切られて、よく生きているなあ(笑
2011年版の小栗くんなんて、早霧にお腹を刺されているのに激しい立ち回りをしていた。
せっかく血しぶきを飛ばしたりして、ほかのこをとリアルにやっているんだから、あのあたりはなんとかならないのかしら(笑

極楽大夫の松雪泰子が妖艶で、こちらも期待通り。
歌も歌えちゃうなんて。知らなかった〜。

どうやら、花は、従来通りのシンプルな演出だったようで、今回は歌やダンスを少し取り入れ華を添えている。

毎回、新感線を観て思うのは、これはオリジナルの作品だけれど、2.5次元ものと同じ濃厚なファンタジーの香りがする。
劇画を舞台化したといったもの。時折、映画を観ているかのような錯覚さえ起きるときがある。
その劇画性を如実に現したものが激しい殺陣だ。

実際の切り合いが、こんなに美しいわけもなく、まるで究極のダンスのような殺陣。
こんな生の殺陣を見ることができるのは、新感線の舞台以外ないだろう。

3時間におよぶ芝居の中で、殺陣のシーンがかなりの部分を占めている。見せ場でもある。
こんなに激しい殺陣を怪我もなく、危うい一瞬もなく、どうやってこなしているのか不思議でならない。
中心的な役者も大変だけれど、受ける側の役者たちの技量は、それ以上なのかもしれない。
この殺陣があるから、物語がリアルになり、舞台に釘付けにされる。

戦国時代の関東平野にどっぷりと浸れる3時間。
しっかり楽しませてくれるはずれのない新感線だ。

風や月も観たくなっちゃったな〜

posted by 風土倶楽部 at 21:48| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ハンス・ファラダ著「ベルリンに一人死す」

映画「ヒトラーへの285枚の葉書」の原作。
なぜか”ヒトラー”とタイトルの入った映画は気になる。が、見るのが怖い。ならば、原作を読んでしまおうと思ったら、なんと600ページに及ぶ長編!
ありゃりゃ・・・と本を手に取って、読み始めたら、すぐに引き込まれ、読書タイムの朝に夜に1940年半ばのベルリンを彷徨する羽目に。これが怖いのなんのって!幽霊なんかより、怖いのはやはり人間だわ。

ナチス政権下の恐怖と狂気が支配するベルリン。
少しでも失言したら、密告者に告発され、訊問を受け、少しでも反体制の匂いをさせたら、すぐに刑務所に入れられてしまう。そこに入ったら、おしまい。人格を蹂躙され、多くの場合、二度と出てこられない。出てきたとしても、一度疑われた人間ということで孤立させられる。

お互いに監視しあう日々。だれとも心を通わせることができない日々。
あたりまえの自由を望めば、疑いの目が集まってしまう。
そんな恐ろしい社会を毎朝、毎夜、疑似体験させられて、縮み上がってしまった。

作者のハンス・ファラダは、当時人気作家だったが、ナチスに協力をしなかったため、追い詰められ、精神的にかなり参ってしまい、病気になってしまった。終戦後、この本を書き上げた3か月後に亡くなったそうだ。
それだけに恐怖政治が支配する社会の描写のリアルなことと言ったら!

映画なら、2時間ほどで済む恐怖が、読了までの1週間も続いてしまった…

息子を戦争で奪われた労働者階級の夫婦が、息子を戦死に追い込んだのはナチス政権を生み出した自分たちなのだから、それを終わらせるのも自分たちだと、政権を批判する葉書を書き、ベルリンの街に置き始める。
2年以上かけて、285枚の葉書をばらまいたのに、267枚がゲシュタポの手に!
いかに市民が恐怖政治におびえていたかを物語る数字だ。

自由に息をすることさえはばかられるような日々の中、夫妻は、その不自由さを跳ね飛ばすように葉書を書き、街の片隅に置き始める。
それは人間らしい生き方を実践する第一歩だった。だが、命がけの。

私が、その時代のベルリンにいたとしたら・・・
積極的な密告者にはならないと思うが、できるだけ息をひそめて、体制の片隅に生きていることだろう。
が、自分の大切な人を殺されたり、大切な人が戦死したりしたら・・・

昨夜は、NHKでインパール作戦の愚かさを伝えるドキュメンタリーを放送していた。
かねてより、もっとも愚かな作戦と言われているインパール作戦。作戦とはいえ、物資の補給経路さえ確保せず、ただただ、兵士たちを繰り出し、5000人も兵士が戦死するころにはどうにかなっているだろうという適当なもの。

こうして殺された人たちが数万人もいる。
が、この作戦を糾弾したり、責任を追及することもなく、こうして、時折、テレビ番組で放送されるだけ。
90歳を越えた当時の生き残りの人たちが、当時の作戦を担った責任者たちの責任追及に声を上げた事実もない。(終戦直後は、生きることに必死だったとは思うが)

クヴァンゲル夫妻の行動が、ささやかではあるけれど、いかに勇気ある行動であることか!
最後に夫のオットーは、自分たちの行動は自分たちだけで行ったことが間違いだったと悟る。広がりを持てなかったのは仲間がいなかったからだと。
が、二人だったから、2年以上も続けることができたともいえる。

実在の人物をモデルにし、作者の経験をもとに書かれており、どんなにつらい目にあわされても、自分のとった行動に誇りをもち、最後の瞬間まで尊厳を保った人たちがいたことに胸が揺さぶられる小説だった。



posted by 風土倶楽部 at 16:29| Comment(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

日本青年館 宝塚星組「阿弖流為」

日本青年館のこけら落とし公演「阿弖流為(あてるい)」の初日を観劇。まっさらな客席に座ってきました。
1階席センターの前方に座っていたので、後方席からの見え方はよくわからないけれど、列ごとに段差がついているので、視界はとても良好かと思う。
2階席は、センターに転落除けのバーがあって、それが舞台をとても見にくくしているらしく不評らしい。当然でしょう。

トイレが少なくて長蛇の列。今後、宝塚歌劇の上演が多くなるとしたら、改善してもらわないと・・・といっても、トイレの数をそう増やせるものでもなく・・・どうするんだろう。
周囲にビルがないので、同じ敷地内のホテルのトイレでも使うのだろうか。

昨日は、初日だったためか、飲み物の自販機がなく、テーブルを出して富士のなんとやらの水のボトルを1本200円で売っていた。冷やしてあるわけでもなく、なんだかサービスが全般に悪そうな印象。

背広の男性たちがロビーにやたらと立っていた。
事前に利用の多い女性の目線をちゃんと取り入れたのかしら。
立って飲んだり食べたりしている人たちをたくさん見かけた。丸テーブルを設置するとか、座れるスペースを作るとか、もう少し工夫がほしい。

さて、肝心の「阿弖流為」について

礼真琴(ことちゃん)をはじめ、星組の組子たちの熱い心が伝わる素晴らしい内容だった。
舞台奥のセットが開き、中央にことちゃんが現れるオープニングからのダンスのあたりは、ぞくぞくするほどステキだった。イキのいい娘っ子たちの美しいイケメンぶりが華やかさをまき散らしつつも、蝦夷の土着性も、ちゃんと感じられるほど力強いダンスだった。

蝦夷側のメンバーの一人ひとりの個性がちゃんと表現されていて、綾 凰華の母礼、天華 えまの飛良手、音咲 いつき、ひろ香 祐など、みんな好演。
阿弖流為と最後まで共に行動する母礼は、かなり美味しい役。ぶれない母礼を綾がかっこよく、でも出すぎず、絶妙のバランスで演じていた。

特に目を引いたのが、紀広純の輝咲 玲央。蝦夷征伐を目論む朝廷側の大将。押し出しが強く、朝廷の強大な権力を冒頭見せつけた。

鮮麻呂の壱城 あずさは、朝廷側になびきつつも、蝦夷の生き残りに命をかけるという複雑な立場で、蝦夷の心意気を貫く男の生きざまをきっちり演じきった。しーらん、やるやん、ええやん!と、びっくり。しーらんは、ついに代表作を得たね。

柚長さんが、桓武天皇にもびっくり!ぴったりでびっくり!

そして、スター性に目を惹きつけられたのが、瀬央ゆりあ(せおっち)。都で洗練された官僚であり、武人である田村麻呂の位置づけが立ち姿だけでもわかる。ことちゃんの阿弖流為に負けないオーラも、すごい!
田村麻呂が、魅力的でなかったら、阿弖流為のの命をかけた和議が引き立たなくなっちゃうもんね。
せおっちとことちゃん、いいコンビだ!

佳奈の有沙 瞳は、今回は、あまり見せ場がなかった。小柄だから、ことちゃんとの並びがとてもいい感じ。

舞台中央奥と両サイドのスクリーンに登場する地名や名前を映し、わかりやすくしている。
特に地名が耳慣れないものばかりだから、とても親切でわかりやすい。

15,6年前に、この物語に出てくる舞台のひとつとなった岩手県紫波町の循環型まちづくりに深くかかわっていた。当時、地元の人に阿弖流為を知っているかと聞かれ、初耳で、あわてて高橋克彦著「火怨ー北の燿星アテルイー」を読んだ。関西出身の私には、まったく知らない世界で、新しい日本史の見かたに目を見開かされた思いがした。

アラハバキの神など自然を信仰する阿弖流為たち蝦夷の思いこそ、日本人の心のふるさとだと、北上川や早池峰などの山々に囲まれた岩手で仕事をしていたときによく思ったものだった。
今回の星組公演「阿弖流為」には、そんな蝦夷の立場と心情がとてもわかりやすくシンプルに描かれていた。
蝦夷に生まれて幸せだったと言い残し、処刑される阿弖流為に素直に涙できるのは、阿弖流為と佳奈の恋に焦点をおかず、あくまでも阿弖流為や母礼、田村麻呂、鮮麻呂などの主要登場人物たちの生きざまを中心に描いているからだろう。

最近は、阿弖流為を主人公にして舞台化されることも多く、歌舞伎でも観たが、今回の宝塚星組版が、蝦夷たちの思いをとてもよく再現しており、いつか岩手県の阿弖流為と田村麻呂の足跡を訪ねて旅してみたいという思いに駆られた。

阿弖流為の故郷である岩手に仕事で関わっていたこと、日本青年館は、ことちゃんがちえさまに出会った劇場であること、そこでことちゃんが阿弖流為をやってくれたこと、勝手な思いだけれど、ぐるっとつながったような気がして、うるうるしてしまった。

いい作品だ!

DSC_0290.jpg


posted by 風土倶楽部 at 15:37| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

西加奈子著「i」

久しぶりに一気に読んだけれど、なんじゃ、これ?

シリアで生まれ、赤ん坊のときにアメリカ人の夫と日本人の妻の夫婦に養子にされ、ニューヨークで幼少期を暮らしたあと、日本に来て、私立の女子高(らしい)で親友を見つけ、大学院にいるときにふらっと行ったデモで写真を撮っていた一回り以上年上のカメラマンと出会い、大事にされ、でも、子どもができず、できたと思ったら、流産して、でも親友とわかりあえて、めでたしめでたし、という話。

数学が得意で、高校のときに「iはこの世に存在しません」と教わり、自分の名前が愛=アイだから、やたらとその言葉にこだわり、ずっといじけ続けるという話。

シリアをはじめ、世界中で災害や内戦で大量に人が死んだという報道があると、ノートに書きつけ、自分はここに生きているといじけ続けるという話。

一番腹が立ったのは、東北大地震のときに、親友も、両親も、アメリカにいて、早く渡米して避難してこいというのに、自分だけ東京に残る。この現状から逃げ出したくないからというのがその理由。今こそ、シリアの追体験ができるというわけ。でも、東北にボランティアに行くでなし、東京で大学生活を送る。そんなもん、みんなやってたよ。アメリカに両親も親友もいないのだから。

そして、反原発運動や安保反対のデモに参加する。でも、そこに確固たる考えがあるわけでもなく、彼女のパートナーとなるカメラマンは、「変化を望む人たちの顔を撮りたいから、デモを撮影する」のだそうで・・・

なんだ、それ?

あまりに浅い小説で、途中から、これは時間の無駄をさせられる
小説ではないのか?と思いつつ、なんとなく最後まで読んで、やっぱり時間の無駄だったと本を閉じたとき、激しい後悔に苛まれた。

世界で人が大量に死ぬと生きている実感が湧くという変な話。相続力の欠如にもほどがある。
毎日、人は生きて、死んでいっているのだ。

又吉大先生が帯に推薦文を書いていたらしい。図書館で借りた本だから、よくわからないけど。
又吉大先生にも、がっかりだ。


posted by 風土倶楽部 at 17:22| Comment(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする