2006年02月25日

おいしいもの見つけ!初めての鳥取編

初の鳥取上陸。東京からなんとフライト時間は約1時間。近し!
武蔵野市が市民交流をしているのもうなづける。エア代は高いけど。

快晴!
uomidai2.jpg

こんな日は珍しいといわれました。春みたい。
私って、実は晴れ女。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

真室川レポートその1 これがウワサのあがらしゃれ

shikai.jpg

なんと結城登美雄師匠、「食と器の文化祭」の最初から最後まで自ら司会です。
力、入ってます。
お隣は、時松辰夫師匠、島村菜津さん。
雪の山形県真室川町の会場には300名以上の参加者で熱気むんむんだったのでした。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 19:01| Comment(0) | 山形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

岩手県の山里で炭焼きツアーが開催

ローカルジャンクション21が地域づくりをお手伝いしている、岩手県住田町内の大股地区が、このたび炭焼きツアーを開催することになりました。

数年前に廃校となった木造の小学校に泊まり、その校庭に地元の方たちがつくった本格的な土窯でみっちりと炭焼きを学びます。

omata.JPG

この地域に自生するミズナラの炭は高級品として東京まで出荷され、現金収入の多くを炭焼きでまかなっていたとのこと。生活がかかっていたから、量と質を追求するために必死だったそうです。材料が燃えすぎて灰にならないように、また火が行き渡らないまま生木が残らないように、そして量がたくさんできるよう、できるだけ窯にはたくさんの木材を詰め込んで・・・と、それはそれは、たくさんのことを計算しながら、炭を焼き続けてきたのです。地元の60代のお父さんにお話を聞くと、炭焼きの細かい技術の奥深さに引き込まれてしまいます。

そんな地元の達人の方たちと一緒に炭焼きを体験してください。食事は、地元でレストラン「峠の茶屋っこ」を運営するお母さん達が、地元ならでは、この季節ならではの食事を準備しています。

東京からはちょっと遠いですが、ぜひご参加ください!詳細はこちら
タグ:体験ツアー
posted by 風土倶楽部 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

玉手箱が新潟県朝日村高根から到着

昨年、11月に日本山村会議でお世話になった新潟県朝日村高根の鈴木信之さんから、「愛情ばばあの便り」が届きました。

takanes.jpg

ダンボール箱を空けたら、ほんわかあったかい愛情ばばあの気持ちがほわんと漂ってきました。しあわせ玉手箱です。
さあて、何が入っているのかな?
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 10:27| Comment(1) | TrackBack(1) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

直売所でルンルンお買い物

水沢江刺駅から帰る前に、駅のそばにある江刺ふるさと市場にお買い物に寄りました。車だと、ほんのすぐそばにあり、東京へ帰る前に寄るには最適なお買い物スポットです。東京では高い葉物類も、ここでは新鮮でしかも安い。

esashi 001s.jpg

あと、この市場の良いところはお菓子類が充実していること。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 16:35| Comment(0) | 岩手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

岩手の山中もすごい雪です!

暦上では立春を過ぎましたが、まだまだ春遠い日本列島。

ただいま岩手県は住田町に来ておりますが、地元の人に「雪持ってきたでしょう!」と笑われるくらい、私が来た昨晩に、久しぶりの雪が積もったのでした。

この「壁」は、私がこの町で一番好きなところの一つ。川からそそり立つ斜面が一面広葉樹で、春の新緑と秋の紅葉は見事です。春は、ふわふわとした、色とりどりの緑が、秋は華麗な紅から黄色の色合いが、目に飛び込んでくる場所です。

sumita_wtr 002s.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 23:50| Comment(0) | 岩手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

故郷の味

2月4日(土)に開催された兵庫県・兵庫県米穀事業協同組合主催の「お米と健康のつどい〜ごはん・大豆フォーラム〜」で「大人のための食育 風土とFOODが出会うとき」を講演させてもらってきました。

会場は明治35(1902)年に県庁舎として建設され、現在は迎賓館と県政資料館として利用されている兵庫県公館の大会議室でした。JRの元町駅から徒歩5分の便利さ。この雰囲気。さすが神戸です。中もきれいにメンテナンスされていて、とても快適でした。
kobe2.jpg続きを読む
タグ:食文化
posted by 風土倶楽部 at 18:04| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

食育フェアに触発されて?丹後で海藻ミニPJ始動

食育フェアが終わって早半月。終わってからも、お金のやりとりが結構たいへんでしたが、ようやく落ち着きました。各地から参加していただいた風土倶楽部の仲間たちから、「楽しかった」「来年も行きたい!」はたまた「すごい人で疲れた・・・」など、いろいろな声をいただいています。

そんななか、当日、大人のための食育ワークショップ「浜暮らしの食文化 海先地元学」を実演してくださった京都は丹後のNPO法人地球デザインスクール&ぱうわうからうれしい連絡が。

2006fair 078s.jpg
(ぱうわうのリーダー、太田清子さんがお話中)続きを読む
タグ:食育 食文化
posted by 風土倶楽部 at 18:45| Comment(1) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする