2006年03月31日

おばあさんの植物図鑑

先週の日曜日に森の聞き書き甲子園フォーラムに参加してきました。
今回も高校生と達人たちの熱い交感が会場に来た人たちの胸をほんわかさせたのでした。

中でも、宮崎県椎葉村の椎葉クニ子さんの迫力に圧倒されました。だいだい村の名前と苗字が同じというところからしてすごい。ほかの達人たちが、話を引き出すのに高校生たちは苦労しただろうなあと推測させられるような無口な方が多いのに比べて、クニ子さんのトークは完結明瞭のうえ、留まるところを知らず、なのであります。そう、達人は無口と決まっているわけではないのです。LJ21の活動のひとつ「東京はちみつクラブ」顧問の養蜂家藤原誠太さん然り。

koushien.jpg
身を乗り出して、植物を入れて持ち運ぶスゲの袋の説明をするクニ子さん。
エプロン姿で「これは焼畑をするときのファッションです」とも。
右隣はご主人の秀行さん。とっても無口な方です。

さて、今回ご紹介する晴耕雨読のお供はこのクニ子さんの植物の知識をまとめた「おばあさんの植物図鑑」葦書房刊です。
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 09:51| Comment(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする