2006年05月02日

帰去来情緒 都市の情緒で村を語るな

イタリアからの朝田今日子さんによる「今週の私」では、田舎暮らしの豊かさが食べ物とともにあることをあらためて気づかせてもらいました。
出たばかりの現代農業増刊号「定年帰農」に掲載されている結城登美雄氏による「帰農の風景2006年春」は相変わらず冴えています。
「師匠!よくぞ言ってくださいました」という内容です。
師匠はツボを心得ていらっしゃる!さすがあ。

柳田國男が都市生活者が農村の危機を訴えながら、美しい田舎像を描く心理を表した「帰去来情緒」を取り上げ、鋭く「定年帰農」の主役ともいえる団塊世代の農村に対する「気分」に切り込んでいます。

060347605.jpg

続きを読む
ラベル:農業
posted by 風土倶楽部 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする