2006年05月13日

ダ・ヴィンチ・コードの黄金比 みつばちの雌雄の場合

原作が世界中でベストセラーとなっている映画「ダ・ヴィンチ・コード」のロードショーがもうすぐ始まりますね。
中でも話題になっているのが「黄金比」といわれるフィボナッチ数列の法則性です。

「みつばちの雌雄の割合がまさに黄金比1:1.618となっている」と聞けば、東京はちみつクラブを主宰しているLJ21としてはだまって見過ごすわけにはまいりません。

「ホントかな?」と探究心を全開!!!
だって、みつばちの雄は実際には巣の中に10%ぐらいしかいないのですから。
結果はみつばちプロジェクトのブログにアップしています。
さあて、この黄金比は正しいのかどうか・・・気になる方はこちらへ。

なお、Doblogのヴァージョンアップとメンテナンスのため、「今週の私」「みつばちプロジェクト」ともに5月15日午前10時〜5月18日午前10までサービスが停止されます。したがって「今週の私」は15日からの週はお休みをいただきます。22日からは、岩手県岩泉町の「岩泉畜産加工研究会 モーとんファミリーの穴田佐和子さん、山口県田布施町農業高校教諭の大津久美さんと続きます。お楽しみに!
ラベル:みつばち
posted by 風土倶楽部 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする