2006年06月26日

食欲推進・・・もとい、食育推進全国大会が終了しました

「風土倶楽部」ならびに「大人のための食育ワークショップ」の初の大阪進出となった食育推進全国大会(6月24日(土)にアジア太平洋トレードセンターATCホールにて開催)が無事終了しました。
今回は内閣府と大阪府の共催で、毎年1月に国際フォーラムで開催されていた農文協主催によるニッポン食育フェアが内閣府スペースのおよそ3分の1で出展。風土倶楽部と大人のためのワークショップも、同フェアの一部として参加しました。

shokuiku.jpg

風土倶楽部のブースの様子。
午後1時ごろが人出の山場でした。

大阪のおばちゃんたちは、こんな固い名称のイベントに来てくれるのだろうかという心配は完全に杞憂に終わりました。
10:00のオープン前には、会場入り口周辺にすでに黒山の人だかり。熱気むんむん。おばちゃんたちのやる気が伝わってきます。
な、なにをめざしているのだ・・・と不安に駆られるワタシ。



続きを読む
ラベル:食育
posted by 風土倶楽部 at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

泉州の地魚で食育イベント勝手に前夜祭

食育推進全国大会に出店するために前日の23日から大阪入り。
ブースとワークショップ会場の準備も整い、いざ大阪の夜へ繰り出しました。
食育を提唱する身なんだから、一食ずつを大切にしなければ・・・とかなんとかいいつつ、スタッフとともに船場のお目当ての店に直行。
「泉州の地魚」を食べさせてくれるという「瑳こう」へ。

お店はビルの狭い廊下の突き当たりにあって、こんなところにお店が・・・とちょっとこわごわ扉を押して入ってみたら・・・
中はカウンター席と大きなテーブルが並ぶダイニングになっている。落ち着いたインテリアと照明でとてもくつろげる雰囲気で静か。
これは期待できると一堂わくわく。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

『地域を元気にする「郷土学」体験セミナーin戸沢村』のご案内

地域づくりに悩みはつきもの。
どっちの方向を向いて歩めばいいのか。
ゆっくりでいいのか。
たくさんの人とともに歩むにはどうしたらいいのか。
何か始めたいけれど、どこから手をつけていいかわからない・・・などお悩みの方、朗報です。

日本財団による「地域を元気にする郷土学体験セミナー」が8月4日〜6日の日程で山形県戸沢村を舞台に開催されます。
フィールドワークあり、事例発表あり、交流会あり、の楽しいセミナーになる予定。
私もお手伝いすることになっています。

詳細はこちらへ
最上川が目にも涼しい、真夏の戸沢村でお会いしましょう!


ラベル:地元学
posted by 風土倶楽部 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

サーフィンと漁業の意外な関係 と 「里という思想」

定住調査なるものに少し関わっています。
定住の条件とはなんでしょうか。
そこで安心して子育てができる、それが定住の一番の条件なのでしょうか?
その安心て何?
根無し草の私はどこに定住すればいいのか?
なぜ、東京に40年近く住んでいるのに定住という感覚が持てないのか。

昨日、内山節さんの勉強会「死についての思索 自然、共同体、記憶(歴史)に即して」に参加してきました。
勉強嫌いだけれど、内山さんのお話はなぜか聞き入ってしまいます。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

海と食卓をつなぐ 鐘崎漁協の挑戦日記

スーパーマーケットで目にするのは魚の切り身がほとんど。
どんな形をした魚なのか、ふと考えるとわからないものが多い。
大きさは?
色は?
どんなふうに成長するの?
誰が獲っているの?
どんな経路で食卓に辿りつくの?

田んぼや畑だけでなく、海もまた、私たちの暮らしから遠くなっています。

離れてしまった海と食卓をつなごうと積極的に活動を始めた福岡県宗像市の鐘崎漁協。その中心となって活動されていた安永淳さんの挑戦日記が「今週の私」(6月12日〜18日)で掲載されています。

安永さんは昨年10月に同漁協の組合長に就任された折にもご参加いただきました(2005年10月17日〜)が、このたび17日の総会で組合長を辞任されました。
漁協の挑戦であるとともに安永さん自身の挑戦日記でもあります。

なお、「今週の私」は3年目も後半をまもなく迎え、延べ120名以上の方にご参加いただいています。気がついたら、本体のLJ21のホームページのアクセス数を大きく上回っています。各地でさまざまな取り組みや試みに挑戦するみなさんの熱い思いに支えられた、ちょっと他にはないブログだと自負しております。今後とも、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
ラベル:漁業
posted by 風土倶楽部 at 09:50| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

阿佐ヶ谷でイタリアの太陽に触れる

2006年4月24日の週の「今週の私」に登場してくださった朝田今日子さんのオリーブオイルとはちみつのお店「ブォーノ イタリア」(東京・阿佐ヶ谷)をようやく訪問!
オリーブオイルを飲んだり、はちみつを舐めたり、オリーブのペーストを試食したり、そしてお店のマダムである今日子さんのお母様の直美さんの楽しいお話とで、とってもイタリアンなひとときを過ごしてきました。

olive2.jpg olive4.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

高崎の初夏の里山を味わう

上から10時の方向へ
ヤマジノホトトギス
クズ
ミツバ(茎のみ)  
ヨモギ
ヒメジオン

tenpura.jpg

先日、群馬県高崎市の山の中で摘んだいわゆる雑草たち。
天ぷらにして食べちゃいました。

続きを読む
ラベル:地域調査 地元学
posted by 風土倶楽部 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

大人のための食育ワークショップ予告編 八丁味噌を名乗れるのは誰?

6月24日に大阪で開催する大人のための食育ワークショップ「豆味噌純情物語」に出演いただく愛知県岡崎市のまるや八丁味噌の浅井信太郎社長にお会いしてきました。
おお!やはりそばで見るとド迫力です。
この樽の中で2度の夏と冬を越して熟成された豆味噌こそが八丁味噌なのです。(石積みが平らなのは1年熟成の豆味噌)

miso.jpg

続きを読む
ラベル:食育

2006年06月07日

第5回森の“聞き書き甲子園”参加高校生募集のお知らせ

「森の“聞き書き甲子園”」は全国から選ばれた100人の高校生が、樵や漆掻き、船大工、草木染めなど森に関わる様々な分野において優れた知恵や技術を持つ「森の名手・名人」を訪ね、その方の技や生き様を「聞き書き」という手法で記録する活動です。
森の中の素晴らしい出会いと、たくさんの発見が待っています。
たくさんの応募をお待ちしています。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

若者は離島をめざす ビオアイランドネットワーク第1回シンポジウム開催のお知らせ

「環境が離島の経済を変える」をテーマに20代前半のアーティストグループ「またたび」がどーんと仕掛けてきましたよ!
6月25日(日)14:00〜16:45 
会場は東京湾に浮かぶ廃船の上!
詳細はこちら

goshoura.jpg
熊本県天草市(旧天草御所浦町)にある離島をフィールドにする旅するアーティストの団体「またたび」のメンバー。
左:手前から 小室勇樹さん 野原大介さん 
右:手前から 地主麻衣子さん 楊英美さん
手に持っているのは楊さんが先週、御所浦から持って帰ってきた島に自生しているみかん
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

目白バ・ロック音楽祭始まる

6月2日にオープニングコンサートに行ってきました。
会場は目白にある東京カテドラル聖マリア大聖堂。
名前だけでもありがたそうですが、建物も思わずイエスさま、マリアさまと膝まづきたくなる雰囲気です。
kyoukai.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

THE MEATRIX Uも衝撃的!モーフィアスの運命やいかに!!!

昨年、12月20日の記事でご紹介した米国のNPO sastainable table のサイトで公開されているミートリックスの「The MEATRIX UREVOLTING」がネットで公開されています。今回も米国の工業的畜産の世界を鋭く、スリリングに描いています。
The-Meatrixs.jpg

まだ、Tのように日本語訳がアップされていませんが、映像だけで充分理解できます。オリジナルの映画のマトリックスを見ている方なら、さらにバッチリです。音楽もマトリックスのものが流用されていて、どのように了解を得たのかはわかりませんが、このあたりの柔軟さはさすが米国です。

なお、Tはなんと字幕付きもアップされています。やるなあ。
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(2) | 食と農の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

蜜会2006 はちみつって何? 2回シリーズを開催

本物を知ること、それは選択するための基準を得ることでもあります。
生産者の方の話を聞いて、現場のリアルさやものづくりの面白さ、むずかしさをお伝えしている食話会ですが、今年はそこに科学の視点も入れてみることにしました。

養蜂がちょっとしたブームになっています。東京はちみつクラブを主宰するLJ21では、視点を変えてはちみつのおいしさ、奥深さを科学し、本物とは何かを考えてみたいと思います。

蜜会2006は、
6月17日(土)会場:武蔵野調理師専門学校セミナールーム
7月 8日(土)会場:太陽化学 おいしさ科学館ホール
いずれも15:00〜です。
講師は玉川大学ミツバチ科学研究施設助教授 中村純さんです。

詳細はこちらのみつばちプロジェクトのブログへ。
ラベル:はちみつ 食育
posted by 風土倶楽部 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする