2006年07月31日

三鷹まるごと夏祭り 終了

ようやく夏本番となった7月29,30日に三鷹産業プラザで三鷹まるごと夏祭りが開催されました。
このイベントは、三鷹駅南口の商店街の夏祭りと連動した賑やかなもの。いつもは静かな住宅街の商店街周辺が急に華やいで活気づきます。

風土倶楽部は今年で2度目の参加。今回は初の生鮮野菜の登場となりました。

mitaka10.jpg

続きを読む
タグ:三鷹
posted by 風土倶楽部 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

梅の香り漂うまち みなべ

梅と備長炭のまち 和歌山県みなべ町に行ってきました。
役場に行くと、早速、梅のライトがお出迎え。

minabe5.jpg

実は役場も図書館も「梅干し」色なのです。
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(1) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

アースデーマーケットが動かすマーケットとは?

「東京に朝市を!」と月1回渋谷の代々木公園けやき並木で開催されているのがアースデーマーケット
仕掛け人は、アースデーマーケット実行委員会。カフェスロー、トージバ、ナマケモノ倶楽部など、若手の活動グループによる企画運営だ。

けやき並木は、原宿から渋谷に抜ける道で、渋谷公会堂やNHKなどがあり、かなり人通りの多いところ。
事務局をやっている高橋慶子さんたちが、岩手出身の仲間たちと自らもブースを出店。岩手のトウモロコシやブルーベリー、トマトを販売。
ちょっとお店の前で見ていたら・・・

EarthdayM10.jpg

続きを読む
タグ:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

手づくり 持ち寄り 地元自慢 地域に大きな食卓を!

食の文化祭 in 高崎が22日の土曜日に開催されました。
出てきました!さすが粉食文化の群馬です。
shokutaku.jpg

じり焼きが3種類登場。厚さも、味も、違うんだな、これが。
じり焼きにもいろいろあるらしく、ネギや味噌を塗って食べる地方もあるようですが、高崎市南八幡ではゴマ醤油です。
関西人の私から見ると、お好み焼きの変型。

続きを読む
タグ:食の文化祭
posted by 風土倶楽部 at 01:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

亀の手とリアス

スペイン大使館のイベント「ガリシアデー」記念セミナー&レセプションにお招きいただきました。
ガリシアとは、スペインの西北部にある自治州で、ヨーロッパ大陸の最西端にあります。
というのは行ってからわかったこと。どっかで聞いた名前なんだよなーと思いつつ、ワインやチーズ、ガリシア料理の話などを聞いた後に、いよいよ今回のイベントのために食材のすべてを空輸してきたというレセプションへ・・・。
そこで出会ったのが、これ!

kamenote.jpg
亀の手です。



続きを読む
タグ:食文化
posted by 風土倶楽部 at 10:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

三鷹まるごと夏祭りに風土倶楽部が出店

7月29,30日に三鷹駅南口商店街を中心にした夏まつりが開催されます。
風土倶楽部のアンテナショップを出店している三鷹産業プラザ(株式会社まちづくり三鷹が運営)でも、まるごと夏祭りを開催、7Fのホールに開設される販売コーナーに風土倶楽部も出店します。

続きを読む
タグ:三鷹
posted by 風土倶楽部 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

再びのどじょう

今度はネットで紫陽花の育て方を検索していたら、なぜか「ドジョウの育て方」なるサイトに行き当たった。
紫陽花でドジョウ、これもまたネットなり。

いつのまにか水槽から飛び出していた「どじょりん」くんは、8時間後にひからびた姿で発見され、水槽に戻された後、復活したそうな。

続きを読む
タグ:ドジョウ
posted by 風土倶楽部 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

消え行く砂浜 微小貝の運命やいかに

先日、ネットで調べものをしていたら、行き当たったのが微小貝をテーマにしたサイトだった。
味噌を調べていて、貝に行き着く不思議。
これもまたネットなり。

もちろん、このサイトには味噌のことなんて出ていない。
でも、「微小貝」という言葉に惹かれてサイト内をうろうろ。
お薦めは「微小貝劇場」

続きを読む
タグ:なんか変
posted by 風土倶楽部 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

22日に高崎市で群馬県初の食の文化祭

7月22日13:00〜15:00 
地域創造フォーラム「もっと地元を楽しもう!」が高崎商科大学(高崎市根小屋741)にて開催されます。

第1部は、今回の地元である高崎市南八幡地区を舞台にした「あなたはもう南八幡のお宝を見つけましたか?」
6月に同大学の学生さんたちと地元の方々とご一緒に地域調査を実施した結果発表と、地元で活動中のみなさんからの活動状況と地元に対する熱い思いを語ってもらいます。私も地域のお宝発見探検隊員の1人としてコメンテーターで参加させていただきます。

第2部はいよいよ食の文化祭!
続きを読む
タグ:食の文化祭
posted by 風土倶楽部 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

里山の狼煙を上げに赤目に行こう!

おどろおどろしい開催概要が届きました!
noroshi5.jpg

「第14回全国雑木林会議 秘伝 里山利用のすべてを明らかに 三重大会 in 赤目の森」が9月17〜18日にエコリゾート赤目の森を中心に開催されます。

これは赤目の里山を育てる会創立10周年記念事業でもあります。
めいっぱい力、入っています!

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

紫波町をもっと好きになったらどうしましょ

循環型まちづくりを進めている岩手県紫波町から、協働支援読本「ゆいっと 紫波町をもっと好きになる本」が届きました。町制施行50周年記念誌とあります。

shiwashiwa.jpg

相変わらずやるなあ。
昨年6月に町制50周年記念事業のフォーラムに参加させていただきましたが、そのときにすでにこのような企画を温めていたのかな。

ページを開けば、懐かしい顔だらけで、里心がついてしまう。。。
shiwashiwa2.jpg shiwashiwa3.jpg shiwashiwa4.jpg shiwashiwa5.jpg 

続きを読む
タグ:紫波町
posted by 風土倶楽部 at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

住む。夏号に「りんご」掲載

季刊誌「住む。」(泰文館刊)で連載中の「風土倶楽部のおすそ分け」ですが、出たばかりの夏号は「りんご」です。

ringo4.jpg

相変わらずの人気商品「りんご」の誕生秘話(?)から、今後の展開の夢まで書いちゃいましたので、書店でお見かけのときにはぜひ、お手にとってください。
そのまま「住む」を持ってレジに進んでいただく、もしくは三鷹インターネットショッピングモールにある風土倶楽部のネットショップ」で「りんご」をご注文ください。

「りんご」は、そのまま召し上がっていただくものですが、入荷したばかりの国産紅茶「さくら紅茶」(桜野園でつくっているのでこの名前)に「りんご」を2片ほど浮かべれば、ナチュラルなアップルティーをお楽しみいただけます。

ringo3.jpg

さくら紅茶は、渋みがほとんどない、ウーロン茶とイングリッシュティーの中間のようなやさしい味わいの紅茶です。

風土倶楽部へのお立ち寄り、お待ちしております。
近日中にホームページをリニューアルする予定です。

なお、今号の「住む」の特別企画は「週末小屋のすすめ」です。
簡素だけれど快適な自然と仲良くなれる「小屋」はいかが?


タグ:りんご
posted by 風土倶楽部 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

江戸情緒が味わえるどじょう鍋 駒形どじょう

どじょう鍋大ファンの友人に連れられて、浅草にある駒形どじょうに。
東京の下町生まれの友人は、これを食べないと夏が来た気がしないという。
関西人の鱧みたいなものかな。

店の前に列ができていてびっくり。30分待ち。
週末のせいもあるようだけれど、どじょうって、こんなに人気のある食べ物だったの?

dojou.jpg
鍋の上にきれいに並べられたどじょう。
下ごしらえをして1時間ぐらい煮込んであるので、ぶよぶよに膨らんでいる。
指よりも太い。どじょうってこんなに大きいもの?
どこかの水族館で出会ったきり、ちゃんと見たことないもんなあ。

意外に顔はちっちゃいのだ。口のあたりにはちゃんと髭がある。
じっくり見てしまうとやばそう。(見たい人は画像をクリック!)
だいたい顔のついてるものは弱いという典型的な都会育ちなんだから。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 00:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

青森おススメうまいもの店 ふく郎

青森は、昼間は快晴で気温も30度ぐらいまで上がるけれど、さすがに夜は冷たい風が吹き、気持ちよい夜が訪れます。
グリーンエネルギー青森(GEA)の三上さん、あっぷるぴゅあの柳沢泉さん(毛豆クィーン)に連れられて宿のJALシティ青森近くの居酒屋「ふく郎」へ。
青森らしい食のオンパレードです。こういうお店になんの苦労もなく行きつけるのは地元の友人のおかげです。

おお!なんと贅沢なお通し。
全員無口になって蟹と向き合いました。

aomori.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

さくらんぼでちょっとドキドキ 青森紀行第3章

今年2度目の青森県鯵ヶ沢町訪問。またしても快晴続きで、岩木山がぴっかぴっかに輝いて見える毎日。
ぽかっと空いた時間に思い切って津軽半島にある海のような十三湖に足を伸ばしてみると、ここからも岩木山が望めます。
津軽平野の雄大さをちょっとだけおすそ分け。
jusanko.jpg

今回は鯵ヶ沢町の元気な人々を取材する旅で、会う人ごとに心に火が灯るような出会いの連続でした。
特に「私たちは私たち流のグリーンツーリズムをやるの」と言い切る女性たちの笑顔が印象的でした。ごく自然なかたちで本物の交流を鮮やかにやってしまうみなさんに脱帽。

以前からお世話になっている農家の木村才樹さんたちが運営している白神アグリサービスの事務所に立ち寄ってみたら、奥様の亜紀子さんたちがさくらんぼの選果中。
「食べ放題、やる?」なんてうれしいお申し出。
「やる!」


続きを読む
タグ:地域調査
posted by 風土倶楽部 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 青森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする