2006年08月30日

萩です

虫の声が聞こえてきたりして、いよいよ秋が近づいています。
ブログのデザインを変えてみるかとごちゃごちゃやってみました。
9月1日から変えるつもりだったのですが、早く秋よ、来い!と思い切って、変えちゃいました。なんたって、生まれ月ですもの!秋が大好き!

昨年、9月中旬に岩手県住田町で出会った萩です。

hagis4.jpg

私にとってこの夏はちょっとだけ、いろいろありました。
家族みんなが健康に毎日が過ごせることがどれだけ幸せなことか。

みなさま、どうぞ、夏のお疲れが出ませんように。


posted by 風土倶楽部 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菜の花学会・楽会にて 

8月26日(土)は、滋賀県東近江市の愛東福祉センターじゅぴあ(旧愛東町)で開催された「第3回菜の花学会・楽会」でコメンテーターを務めさせていただきました。

まずは、11時からのオープニングのランチパーティでの滋賀県を代表する女性両巨頭のツーショット。
kyotou.jpg嘉田先生とは昨年春の湯布院でのバカンス会議(内輪だけが知る、未だかつてなかったスリリングなフォーラムでした。嘉田先生のせいではありません。念のため)以来です。

「東京でも私のこと、みんなの話題になってる?」
「なってますよぉ」
「滋賀県で地元学をやろうと思っているから、また、よろしくね」とのこと。

知事に成り立てで大変だろうなあと心配していたけれど、なんのなんの。お元気そのものというよりもパワー全開というご様子でした。
藤井絢子さんとは3年ぶりぐらい。相変わらず、華やかな雰囲気で、こちらもいっそうパワフル。


続きを読む
ラベル:循環
posted by 風土倶楽部 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

群馬県高崎の新しい魅力を知る

今週の私」で、群馬県地域創造課の早川亨さんが高崎市の“おいしい処”を今週1週間、お伝えしてくれます。

先日も、「えーっ!こんなところがあるの?おもしろーい!」と思わず叫んでしまったのが、このお店。

takasaki3.jpg takasaki2.jpg

まるで友人に家に招かれたような、普通の民家なので、のたのたくつろいでしまいました。ここも早川さんセレクションでした。
(しまった!くつろぎすぎて店名をチェックしてこなかった。)

東京からほんの1時間で行ける近さなのに、見た目が大都会だから、つい素通りしがちな高崎の新しい魅力を発見できるかも!

第1日目は早速、「日本茶喫茶・蔵のギャラリー棗(なつめ)」が登場!
ぜひ、お立ち寄りください。


posted by 風土倶楽部 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

ごっちゃんとシソジュースとバジルソースと…

懸案だった埼玉県羽生市の雨読晴耕村舎を8月の初めにようやく訪問することができました。ちょっと夏バテ気味で、レポートのアップが遅れました。

今年、1月に開催されたニッポン食育フェアで隣のブースで蜜蝋でロウソクづくりに励んでいた後藤さんを見初めて以来、その商品にすっかり魅せられている私です。

いまや冷蔵庫には、雨読晴耕村舎製シソジュース、バジルソース、発芽玄米もちが常備されております。
後藤さんは味のセンスがよい。なぜなのだ?!

その秘密を探るべく、いざ、村舎に!
答えはこのシソとバジルをご覧あれ!!!
なんと美しい色艶なんでしょう。
hanyu10.jpg

hanyu9.jpg

続きを読む
ラベル:農業
posted by 風土倶楽部 at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

「今週の私」のお引越し

LJ21のサイトでお馴染みの、各地でいろいろな活動を行っている方たちに1週間だけ日記をつけていただく「今週の私」ですが、2年間続けてきたDoblogがメンテナンスによるサービス停止が度重なり、参加いただく方にご迷惑をおかけしてしまうので、お引越ししました。

新しいブログは、このドタバタ日記と同じseesaa内です。
新「今週の私」ブログはこちらへ

今週は、この夏1週間おきに登場してもらった若いアーティスト集団「またたび」のメンバー野原大介さんによる最終レポートで、本拠地の熊本県御所浦での活動をリアルタイムに伝えてもらいます。

来週は群馬県庁の☆から、群馬のおすすめおいしい処のレポートを予定しています。

ご期待ください。

posted by 風土倶楽部 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

衝撃のCD「百姓挽歌」 ついに完成! 

山形県長井市の影法師による新曲「百姓挽歌」が入ったCDがついに完成しました。

bannka.jpgサンプル版が到着!
収録曲は全6曲。
中でも「百姓挽歌」は、来年から実施される国の施策「集落営農」をテーマにしたものです。



イントロダクション 輸入
怒りの百姓
悲しきタイ米
3等米エレジー
百姓挽歌
私は米を作るだろう

題名だけみても、かなり気合が入っています。
2ちゃんねるでも話題になっているとか。

来る25日には6時半から長井市生涯学習プラザにて
「集落営農」がよくわかる講演会と影法師新曲発表会が開催されます。
講演は、農政ジャーナリスト 土門剛氏による「戦後最大のコメ改革「集落営農」、その真相と対策」など
参加費1000円!安い!

影法師については、このブログのこちらもご参照ください。4月に白鷹で盛り上がった影法師との一夜をレポートしています。

東京でも11月下旬にイベントを目下、企画中です。

続きを読む
ラベル:農業
posted by 風土倶楽部 at 22:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

アグリフードEXPO 初の国産農産物のみの展示会

去る8月8,9日に幕張ビッグサイトでアグリフードEXPOが開催されました。
これは農林漁業金融公庫による、初の加工も含む国産農産物のみの全国規模の展示商談会です。
内容についての詳細は、同公庫の理事である村田泰夫さんによる7月23日の「今週の私」をご覧ください。
アグリフードEXPOのサイトはこちらです。

agriexpo.jpg第1回目はおよそ200社の生産者、生産団体、企業などが参加、入場者数は約4900人でした。
ちょうど台風が近づく悪天候の中でしたから、閑散としているのでは?と思いきや、なかなかの盛況ぶりでした。

農業者とバイヤーが直接出会う大規模な場というのは確かにありそうでなかったものです。
村田さんによると、数年後には国産農産物の一大ショーにしたいとのことです。

下記は村田さんからお聞きした参加者とバイヤー、双方の声です。

続きを読む
ラベル:農業
posted by 風土倶楽部 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ここに泉あり 終戦直後の群馬県高崎市に出会えます

最近はすっかり古い日本映画の虜になって、時間ができると日本映画専門チャンネルやNHKのBSでうろうろしています
戦後60年以上が経ち、あらためて昭和20年代、30年代の映画を観ると、わけのわからないエネルギーというか、熱気が伝わってきます。

今回の映画は、群馬県の友人に借りた「ここに泉あり」。
izumiari.jpgモノクロの暗い映像から、当時の人々の力強い生きる力が立ち上ってくきます。
舞台は昭和22年の群馬県高崎市。戦後すぐに産声を上げた高崎市民オーケストラ(現・群馬交響楽団)がプロとして成り立つまでの苦難の道を描いたもの。
監督:今井正、主演:小林桂樹、岡田英次、岸恵子など。
制作:1955年 独立プロ

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

危険な食卓 フードファディズム

週刊ダイヤモンド8月5日号の特集は「危険な食卓」
23ページに及ぶ大特集だった。

kikennashokutaku.jpgけっこう食の危うさを幅広く網羅している。
本来、食関係の雑誌がやらなければならない内容である。
スローフードやスローライフをテーマにした雑誌が、なかなか言及しない食の矛盾や誤解に満ちた現状が報告されている。
食の問題点をきちんと押さえてこそ、初めてスローだなんだと言えると私は思う。
週刊Dの広告主を見て、納得。IT系やファイナンシャル系ですもん。
そりゃ、言いたいことが言えるワ。

「あえて行間を読ませる健康飲料の広告手口」というコラムなんて、よくぞ言ってくれました!

続きを読む
ラベル:食育
posted by 風土倶楽部 at 14:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 食と農の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

心地よい連続性のあるまち 山形県金山町

今年3回目の山形県。
今回は、ようやく夏本番になった金山町と戸沢村へ。
日中は暑いけれど、朝晩は冷たい風が心地よい天然クーラー、これぞ東北!

まずは「住む」次号に掲載予定の菜種油「なたねっこ」の取材のため金山町へ。
案内役はJA金山の沼沢道也部長。
かねやま新エネルギー実践研究会代表でもあります。

早速、お昼を食べに「そば処早々」へ。
沼沢さんが迷わず「鶏蕎麦を!」とオーダー。

kanayamasoba2.jpg
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

日本農業新聞に「りんご」が掲載されました!

3日には東京はちみつクラブの1周年記念カクテルパーティ、4日〜6日は山形出張でさすがにぐったりして家に帰ってきたら、ファックスと留守電がたっぷりたまっていました。
何事?と思いきや、日本農業新聞に6日付けで「りんご」が掲載されていたのです!

ringokiji.jpg2ヶ月ほど前にそういえば取材を受けたんだっけ・・・忘れていた。
というわけで今日は朝から、青森から九州まで、日本各地から問い合わせ電話が殺到。
対応に追われています。



続きを読む
ラベル:りんご
posted by 風土倶楽部 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする