2006年12月02日

シマの力とは? 沖縄から考える日本 その1

ときどきたまらなく沖縄そばが食べたくなる。
考え出すといてもたってもいられないくらい。
3,4年前に、国頭村辺戸(へど)の最終処分場建設問題に関わっていたときには、年に3度ほど沖縄に出向く機会があった。
あのころ、辺戸のおばあに連れていってもらった今帰仁あたりにあったそばやが忘れられない。
国頭村入り口付近にある道の駅のレストランで、地元の人が料理してくれるそばも!

utaki.jpg
辺戸の御嶽(うたき)と呼ぶ聖地のすぐそばの共有地に処分場が、住民の合意なしに建設されるということになった。それに対して、地区の高齢者たちが結束して反対することになった。

その高齢者たちに、いくら村当局が無断で共有地に建設を決めたからといって、「ゴミを持ってくるな」だけでは地域エゴと言われても仕方がない。自分たちもゴミを減らす、出さない暮らしに変えていく努力をしたら・・・と提案、平均年齢70歳のおじい、おばあたちがつくった「国頭環境むかしの青年団」という会のホームページを立ち上げ、逐次、そんな活動の様子や村とのやりとりをアップするといったことでお手伝いをしていた。
(島豆腐づくりを習ったのも、このやんばるだった。残念ながら、このホームページは今はなし)

西表島にも友人がいて、毎年、9月下旬に開催される節祭に仲間とともに訪れたことがある。
「みるくさま」と呼ばれる神さまが天から降りてきて、1日かけてのんびりと芸能やご馳走を披露して、一緒に楽しんでいただくというお祭だ。同行者の面々が寝ても覚めても泡盛を放さないという連中で、祭の間中も泡盛を飲み続け、夜もカチャーシーをしながら飲み続け、空港でも飲み続けていた。
酩酊しつつ、西表の海と風と空に抱かれた3日間は、今までの旅の中でも忘れられないものの一つだ。

mirikusama.jpg
みるくさま
またお会いしたいです。

ところがその訪問の1年後ぐらいにさる企業のリゾート施設が、こちらもやはり聖地とされる砂浜に建設されることになり、現地の友人は反対運動の先頭に立つことになった。私は原告の1人として名を連ねたものの、以来、島には渡っていない。
たまたま目にした島のゴミが散乱したゴミ置き場と、施設建設反対がどうもしっくりこなかったせいもある。


続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする