2006年12月10日

市民調査の可能性と課題 あなたは実践者?専門家?

もうすぐクリスマスですねー。
今日、東京は冷たい雨が降って、とっても寒かったです。
冬がいよいよ腰を据える気になったようです。

gakkai3.jpg

池袋の立教大学正門に毎年灯るツリーです。

gakkai2.jpg今日は、環境社会学会の第34回セミナーのシンポジウム
「実践者/専門家 市民調査の可能性と課題」にLJ21がお招きいただき、報告とパネリストを務めてきました。
今回の担当は浦嶋。久々の登壇でした。産休より、徐々に目覚めつつあります。
登壇者などの詳細はこちらをご覧ください。

登壇者のお一人だった宍塚の自然と歴史の会理事長の及川ひろみさんのお話には圧倒されました。
副理事長の佐々木哲美さんはLJ21が駆け出しのころ、会員としていろいろサポートをいただくなど、ご縁のある団体です。
佐々木さんには昨年、「今週の私」に参加いただきました。
そのころから、活発に活動している団体だとは思っていましたが、いやはや、すばらしい!の一言に尽きます。

ついこの前の記事で私が、どうやったら文化が伝えられていくのだろうかとブツブツつぶやいていたことを実践して、着々と積み重ねているのです。それはもう地道に丁寧に、なおかつ楽しく!
及川さんは楽しくなければ続けないそうです。その辺りはすごく思い切りがいいようです。

続きを読む
ラベル:地域調査 地元学
posted by 風土倶楽部 at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする