2006年12月28日

希望はここにあります 日本の伏流水

LJ21事務局の日記は、当ホームページの人気コーナー「今週の私」で現在、更新中です。
恒例になりました事務局による年末年始の日記です。
12月最終週は浦嶋が、1月第1週は朝田が担当します。

3年間続いているこのコーナーにはご参加いただいた約150名の方による各地での暮らしの様子が詰まっています。
お正月のお時間のあるときに、ぜひ、過去のログも合わせてご覧いただければと思います。
参加者リストはこちらです

勝組も負組も関係ない、日本に暮らす私たちが本当に望んでいること、めざしていることが垣間見れる、伏流水のような日本がここにある、そんなブログだと自負しています。
ご多忙のところ、ご参加いただいたすべてのみなさまに深く感謝しております。

この3年間は、1月中旬に開催されていたニッポン食育フェアのおかげで、なんとなく落ち着かない年末年始を過ごしていました。
今年6月から、内閣府主催の全国食育推進大会という名称に変わり(この名前なんとかならないんでしょうかねぇ)、各主要都市が持ち回りで開催されることになりました。
1回目の大阪大会に参加させてもらいましたが、予想通り、おばちゃんパワーにたじたじさせられました。詳細はこちら

来年からは、東京朝市の実行委員会、すなわちオーガナイザー団体の一つとして、独自のマーケットを開催していく予定です。
詳細は随時、このブログでお知らせしていきます。

今年、ご縁があって松江市と京丹後市を訪問。どちらも江戸時代に北前船の航路として賑わった港がありました。
海から攻められることを極端に恐れた江戸幕府による「大型和船は一枚の帆であること」という 不文律ゆえに、命がけで船を操り、日本の海の裏表を縦横に駆け抜け、必要なものを必要なところに運んだロマンあふれる時代でした。当時は裏日本が表舞台として日本海の航路は北前船に代表されるようににぎやかだったのでしょう。

流通というのは、古今東西、ないところ、欲しがっているところにモノを運んで川上から川下までが成り立ってきたもの。
物流とはまさに字のごとく「物」の流れを生むことで世の中が潤っていくことだったのです。
近年ではエネルギーを手にし、道路や空路が発達し、大量に早く運ぶことも可能になりました。

が、今ではしっかり何もかもが行き渡ってしまいました。おまけにモノはどんな遠くからでも運んでくることができる。
日本国内の大抵のところなら1日で到着してしまう。
いつでも、どこでも、いくらでも。
なんでもお望みのまま。昔の人からすれば、まるで魔法です。
でも、手にするという喜びは半減したような気がします。

食べ物でいえば、やはりその土地にいって、その土地のものを食べるのが一番おいしいし、楽しい。
おいしいお酒があればもっと楽しい。
一緒に楽しめる仲間がいればなお一層楽しい。
北海道から沖縄まで知り合いを訪ねて、芭蕉みたいにゆっくり旅していきたいなあ。
名句とか残していかないと歓待してもらえないか。

なーんでも手に入る世の中(お金があれば、なおのこと)、いったい一番欲しいものはなんなんだろうと考えてしまいます。
衣食住足りて、人はどこへ向かうのか。
いや、本当に衣食住は足りているのか。
確かなようで不透明な時代です。

2006年をなんとか乗り越えることができたのは、ご支援くださったみなまさまのおかげです。
来年も、暮らしを豊かにする「あたり前の」モノやコト、元気をお互いに交換できる人と人の出会いの場をつくっていきたいと思います。
引き続き、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

では、よいお年をお迎えください。

posted by 風土倶楽部 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする