2007年01月29日

謎多し…聞いたら答えがあると思うな 地元学のミッシングリング

yoshimotosan2.jpg久しぶりに西の師匠吉本哲郎氏にお会いしました。
JICAの「市民社会の開発」をテーマにした研修の1コマで地元学をインターナショナルに語っていただきました。
が、相変わらず謎かけ多し!

日本語でも謎なのに、英語で、しかも聞いている人たちは英語が第2外国語!
想定内ですが、かなりスリリングな講義になりました。

「私はシンポジウムが大嫌いです。
目的だけを話して、方法がないから」

シーン・・・
内容が伝わっているかどうかは別にして、緊張感だけは伝わる。
とはいえ、吉本節にはたくさんの知恵が詰まっております。

あるものとは・・・
ここにしかないもの
どこにでもあるもの
困っているもの
余っているもの
捨てているもの

これらを組み合わせる。
例えば、ほかにあるもの=環境x困っているもの=水俣病→環境首都へ
明快です。

そのためにまずは調べる。
調べて活用するときには、
発想は自由に、プランは慎重に、行動は大胆に!

ここで研修生からの質問
「調べた後、誰がどのような手順で進めていけばいいのですか?」

伝わってない・・・かも。
というよりも、それは各地域で考えて、やりなさい、というのが吉本氏の持論。

地元学はいつもこの部分がミッシングリングになります。
考えるために情報を収集する。
活動に参加した人が当事者になって、次のステップを自由に発想し・・・あとはPLAN&DOです。
だから、手法や事例はゴマンとあることになる。
地域はミクロコスモス、それぞれが抱える課題も事情も異なるから、プロセスも決まったものはないということです。

が、しかし!
私はやはり地域の中にコーディネイターやプロデューサーの役割をする人が必要だとも思います。
ちょうど吉本さんが水俣市で果たした役割のように。
吉本さんは、行政マンとして収集した情報を駆使して、数々の斬新な施策やプログラムをプランし、実施していかれました。
その吉本さんをバックアップした風の人たちを今井俊博先生をはじめ私はたくさん知っています。

そんなよい風になってサポートできるといいなあと、浦嶋裕子とLJ21を立ち上げました。

結城師匠は年間150回ほどの講演を依頼されるそうです。実際はもっと依頼があるそうですが、とてもさばききれないとのこと。たぶん吉本さんも同じような状況にあるはず。
私はそろそろ講演の時期は終わったのかなと考えています。

みんな、地域のオリジナリティには目覚めているはず。
今は、それをどう生かしていくかのステージに入っています。
やってみれば越えなければいけない壁は見えてくる。
その壁を越えるために知恵を出し合う、そこにこそ、師匠たち、私たちの役割があるのかな、と。

minamatasankan.jpg

水俣山間部
寒かったあ。
posted by 風土倶楽部 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

風景が物語るもの in 水俣山間部

さて、この画像は何を物語っているでしょうか。

ishitobi.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

世界で一番大きい柑橘類ばんぺいゆに遭遇! 美味!

京丹後から水俣に行って、1週間ぶりに東京に帰ってきました。
人口密度の低いところから、超高いところに帰ってくるたびに、
ワタシはもう都会には住めない…とつぶやいてしまいます。
渋谷、新宿に行くのを避けまくり、
三鷹駅でさえ、人が多いと思っちゃうくらいですから。
はてさて、どういたしましょう。

今回、水俣の愛林館のある久木野地区のSさん宅で、初ものに遭遇しました。
とにかくおっきい!!!
まるでK姉妹の胸のようです。すみません、品のない表現で。

banpeiyu2.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

「種まき大作戦」に思う、日々の暮らしからレボリューション!

tanemaki 002s.jpg昨日は、NPOトージバさん主催の種まき大作戦・顔合わせ勉強会に参加。『2007年、「農」のムーブメントを日本におこす。前代未聞の大プロジェクト!』だそうです。

趣旨文を引用させていただくと『藤本敏夫がこの世を去ってから5年という節目である「2007年」。彼はなくなる間際、真の日本の未来像「持続可能な循環型田園都市」構想を、国に、私たちに残した。
「食」の不安、「農」の危機、それを支える「環境」の破壊がますます叫ばれる現在において、まさに2007年こそ、(中略)来年よりリタイヤの時期を迎える「団塊の世代」の力と、次世代をつなぐ「団塊Jr.」の力を、「農的幸福=土と平和」というキーワードで結びつけることで、このムーブメントを牽引する「新しい未来への大きな力」としたい。この趣旨のもと、2007年をまさに「はじまりの年」と位置づける。』

tanemaki 005s.jpg実行委員長のアーティストのYaeさんは、藤本敏夫さんと加藤登紀子さんの娘さんです。2月に誕生した息子の麻和くんと一緒に、最初の挨拶のまえに、歌をご披露してくれました。彼女は、今の時代のキーワードは「土」だと力強く語りました。以前からたびたび訪れた鴨川で、4年前の夏のある日、炎天下のなかで夢中に草むしりをしてから突然目覚め、以来「土」に無性に惹かれていったそうです。そこでいまのだんなさんと出会い、麻和くんを授かった−土はいろんなものを育むんですねー。いい話だ。

この豪華な顔ぶれは、世話人の方々。

続きを読む
タグ:農業
posted by 風土倶楽部 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

太陰暦よりも、太陽暦よりも、自然暦とともに

koyomi.jpgこんな本を手に入れました。
ネットって便利ですね。
以前なら、古本屋を片端から訪ね歩かなければならなかったでしょうけれど、今は、古本屋のネットで検索したら、ちゃーんと手に入れられるのですから。
(本の隣にあるのは、「今週の私」で話題になっていた「ゆこう」という柑橘類です。なんのこっちゃ?の方はこちらへ)

なんと昭和18年に刊行されたものです。日新書院発行で価格は2円7銭とあります。
強い風が吹いたら、細かくなって塵になってしまいそうなほど、軽いです。
時が紙を食べてしまったみたいです。
著者は川口孫治郎氏ですが、遺稿をまとめたもので、ご本人は昭和12年に亡くなっておられます。
鳥類観察では名の知られた方のようですが、各地に赴き集められた自然暦の伝承が722も掲載されています。

私が自然暦にすごく興味を持ったのは、青森県鯵ヶ沢町の資源調査中に耳にした
「春、月の光に当たった、ブナの花は実をつけない」というものから。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

自治体と不二家、果たしてどちらが先に信頼回復ができる?

昨年、「今週の私」にご登場いただいた澤田和子さんのNPO法人自治創造コンソーシアム(CAC)主催のシンポジウムのご案内です。
県知事による不祥事が相次いでいますが、知事だけで不祥事を起せるはずもなく、選ぶ人、担ぐ人、取り巻く人の問題でもあります。

選挙も「下心」を持つ人ほど、ちゃんと投票に行くだろうから、投票率が低ければ低いほど、利権が渦巻く結果になるだろうし。
さて、さて、自治体改革は幻想なんでしょうか・・・どんな鼎談になりますことやら。

2007自治シンポジウム
「自治体改革は幻想か?―改革再興への道筋」
2007年2月10日(土)13:30〜16:00

於:清澄庭園 大正記念館
(〒135-0024江東区清澄3−3−9
地下鉄半蔵門線・大江戸線「清澄白河」(E14,Z11)駅下車徒歩3分
http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00004540 )

新春鼎談
スピーカー(50音順)
五十嵐 敬 喜 氏 (法政大学教授)
片 山 善 博 氏 (鳥取県知事)
松 本 克 夫 氏 (ジャーナリスト・前日本経済新聞社論説委員)

参 加 費 1,000円(資料代)
参加申込み 自治創造コンソーシアムホームページまたはファックスでお申し込み下さい。(e-mail:info@jich.org FAX : 03-3553-6313)
申込み期限 2007年2月9日(金) ※定員150人、満員となり次第受付を終了いたします。
お問い合せ 自治創造コンソーシアム  TEL: 03-3553-6313
      〒104-0043東京都中央区湊2−16−25−202

地方分権が進展するとともに、市場主義導入とコスト至上主義が加速する中で、昨年、福島県、和歌山県、宮崎県等の談合問題や岐阜県の裏金問題など「県」を舞台とする不祥事が相次いだ。このような問題は、地方行政への住民の不信感を益々増大させ、分権の逆風となっている。

自治体改革は失速してしまうのか。汚職・不祥事の根幹は何処にあるのか。統一地方選挙を間近に控えた、今、分権と市民自治の推進に向けて、信頼回復のための改革再興への道筋を考えたい。

後 援 自治体学会(予定)ほか
posted by 風土倶楽部 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

風土倶楽部のホームページを大リニューアルしました!

前回の記事と同じく、ネタは1月第1週の「今週の私」と重複しますが、ご勘弁を。

年末年始にドタバタやって(いつも、いつもこれです)、念願だった風土倶楽部のホームページを大リニューアルしました。
ロゴは成澤豪さん、サイトのデザインはトージバの神澤さん、お馴染みのシンボルマークは放牧舎の横田遊樹さん、とLJ21にも、風土倶楽部にも深い関わりのある方たちのおかげで、とても私たちらしいホームページが出来上がったと喜んでいます。
いかがでしょうか?
もうお立ち寄りいただけましたでしょうか。

風土倶楽部ブログも立ち上げました。こちらでは、お買い物サイト(三鷹インターネットショッピングモール)では、書ききれない情報をお伝えしていくつもりです。
いろいろもにゃもにゃとアイデアが頭の中で渦巻いているので、徐々に面白いブログにしていきたいと考えています。

今週の私
みつばちプロジェクト
風土倶楽部ブログ
「ドタバタ日記」
これで4つもブログが立ち上がってしまいました。
年末年始は、「ドタバタ」と「今週」と「みつばち」3つの掛け持ちでかなり追われてしまいました。いやー、情報発信って大変です・・・汗。


商品カテゴリーも雑貨を交えて、少しずつ増やしていきます。
私たちが商品を選ぶ基準は、自分たちが日常に使いたいものであること。そして、自然と地域と人、みんながハッピーになれるものと考えています。シンプルでしょ?
ところが、これがなかなかありそうでないのです。
特に厳しく選んでいるわけでもなく、ただ、ただ、日常使いのいいモノたちを求めて何千里、です。

自分たちが食べて、使って、よかったものだけをご紹介しています。
だから、一つずつ、アイテムが増えるたびに、私たちの食卓や部屋もなんとも豊かになっていくというわけです。
そんなハッピーをみなさんと共有したい、それが風土倶楽部です。

今後とも、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
タグ:風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

栃と餅 食の民俗構造を探る

tochitomochi.jpg今回の晴耕雨読のお供は、野本寛一氏著「栃と餅 食の民俗構造を探る」(岩波書店)です。
1月第1週目の「今週の私」でもご紹介しました。

お正月に餅と里芋は欠かせない食材です。
この餅の食感は独特なもので、かなり日本独自のものです。
この本によると、日本人はネバネバ、ネチネチ、モチモチといった食感を持つ食物を好むとあります。
儀礼食として里芋をつぶしてつくった芋餅の延長上に餅があるとのことです。

最近、私は後藤さんの発芽玄米餅にはまっていますが、発芽玄米を食べるようになったのはいつのころからなのでしょうねぇ。玄米で食べるよりも、栄養を吸収しやすいそうです。
時々、ふと思うのは、昔は重労働だったから米や芋をたくさん食べる必要があったけれど、今は昔ほど体を動かさないから、何を摂取するのが効率がいいかのということです。
できるだけ種類の多い食材を少しずつバランスよく食べることに尽きるのでしょうね。

この本の目次の中にある「救荒食」という文字に食の風景の劇的な変化を感じさせられます。

さて、本題の本のご紹介は下記へ。今週の私とほぼ同じ内容です。


続きを読む
タグ:食育 食文化
posted by 風土倶楽部 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

韓国では、歌を歌って地産地消

localfood.jpg1月11日(木)に社団法人国際農業者交流協会主催、農水省提唱による地産地消国際シンポジウム「豊かな食文化の再発見 〜地産地消の新たな展開を求めて〜」が開催されました。
私は午前中の基調講演だけ参加してきました。

「地域に根付いたフードシステムを築く」では、アメリカカリフォルニア州CSA農場経営者であり、農家とともに支える地域社会同盟会長のレッドモンドさん、

「国際スローフード運動の現状と今後」は、スローフード協会本部国際部長のクローチェ氏

「身土不二運動の現況と課題」は韓国農協大学客員教授のイソン氏
がそれぞれ講演をしました。

グローバル化による食の画一化や食文化の喪失、農業の大規模化による土地の疲弊や水の枯渇を阻止するために
地産地消を促進しよう!
そのために、地元のものを食べよう
ラベル・ロゴをつくって、地域のものとわかるようにしよう
ファーマーズマーケットの開催を促進しよう
学校・病院などでの地元食材の使用を促進しよう
CSAで地域の小農家を支援しよう

とさすがアメリカの動きは具体的です。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

半島で生きる  半島地域づくりフォーラム in 能登 のご案内

昨年から「半島を行く」シリーズでお伝えしてきましたように、定住条件調査なるものを実施中です。

日本には、「半島」と指定されている地域が23地域あります。暮らすには条件不利な地域として、半島振興法が昭和60年に制定され、平成17年には法期限が10年間延長されました。

経済的な発展では条件不利な側面もあるのは確かですが、かつての北前船の航路に代表されるような海路隆盛時代に培われた歴史的、文化的な豊かさは今も名残をとどめているところが多いです。

1周遅れたために他の地域では失われてしまった文化的な資源に注目が高まりつつある中で、半島地域で暮らす人たちに何が起きているのか。貴重な資源とともにどこに向かおうとしているのか。
その胎動を探るフォーラムです。

基調講演は、結城登美雄師匠!です。
みなさま、半島に大集合しましょ。

半島地域づくりフォーラム in 能登
テーマ
「つながる・動く・地域を変える―半島らしさの生かし方を考える」
続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

晴天好日の祝!1周年記念 農業x加工x人x地域=無限大の可能性

そろそろみなさま、正月気分も抜けてエンジンがかかってきたころでしょうか。
私は、1月、2月は毎年、気分がブルーになりやすいです。
干支が変わったり、新年明けましてということで「今年からは!」なんて何事も切り替わる時期。
どうもむかしからケジメというやつが苦手で、だらだらといつのまにか、あらっ、年が変わっている→年をとっちゃった、みたいな感じが理想です。

あ、また、年齢ネタになりそう。
今日、ごっちゃんに昨日の記事ネタについて「そんなこと、いうなよ」と励まされたので、ここでやめておきます。

今日は、埼玉県にある弓削多醤油さんと、発芽玄米餅とバジルソースの雨読晴耕村舎の2大マイブームを訪問してきました。

yugeta2.jpg私は、このところ弓削多醤油のなましょうゆにハマッてしまっています。
加熱せず、ろ過せず、という稀な醤油です。稀なというより、ここでしかやっていないものです。

熱々のご飯にかけて食べれば、卵のいらない卵かけごはん!
今日の料理は失敗だったなあと思えば、2,3滴たらしてみる。その瞬間に料理は見事に生まれ変わります。
いい調味料さえあれば、手抜き料理はいくらでもできるというのが持論の私としては、毎日、舐めてはニンマリしています。
油舐めている化け猫みたいですね。

ただ、すごく面白いのは、だからといって煮物に向いているかといえばそうではないところです。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

想像力を駆使して団塊世代を囲い込もう

1月第1週目を担当した「今週の私」が終わり、ほっとしました。
意外にもアクセスしてくださる方がいつもより多いぐらいでした。
コメントも入れていただいて、みなさま、ありがとうございました。

特にイベントのない時期で(時期そのものがイベント?)、ネタ探しに苦労しました。
どうも最近はオバサンネタに走ってしまいます。
自分にとって最大の課題になりつつあるので。

昨夜、NHKスペシャルで「1000人の団塊に聞く」という番組を放送していました。
800万人かあ・・・
あらためて数字を言われると、世間が騒ぐわけだぁ。
個々の生き方はそれぞれあって一塊に考えられたくなくても、マーケットとしてはやはり一塊ですもんね。

でも、一番興味深かったのは、異世代の文化人&タレントを代表して出演していた倉田真由美さん(30代半ば)が、団塊代表の崔洋一氏に対して、
「お聞きしたいのですが、体力的な変化ってそんなにあるんですか?」と無邪気に聞いた一言でした。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

お家で今すぐできる、心地いい暮らし、の仲間入り!

12月28日に発売されたばかりの関西版Chou Chou(シュシュ)「おいしいLOHAS提案します」に「りんご」が掲載されています。

hoshiringo.jpg chuchu-thumbnail2.jpg 

そ、そうか、「りんご」はおいしいLOHASなんだ…。

ロハスをどう定義しているのかといえば、モデルのSHIHOさんという人いわく(きっと有名な人なのね)、「理想をイメージして、心地いいと思ったことをするのが大切」なんですって。
でもって、「・・・有機栽培の食材にこだわったお店、リラックスできて心が元気になれるお店・・・。そんなお店を活用して心も体ももっとキレイになりたいな。そうしたら男性にほめられる→うれしくてもっと頑張る→またほめられる・・・って、絶対楽しい社会になりますよね!(笑)」
だそうです。

んー、オバサンには、男性にほめられて頑張るために有機食材を食べにレストランに出かけるだけのエネルギーがもうありませ〜ん!
おいしいものを食べたいという欲求は人一倍強いけれど。だからオバサンなのね。

お家で今すぐできる、心地いい暮らし
それがあるだけで幸せな気分になれる、おいしいものやかわいいグッズを集めてみました。一生懸命手づくりされたステキなもの、まだまだこんなにありますよ」
ということで「りんご」が仲間に入れてもらえました。

どんな目的であれ、丁寧につくられたものたちが幸せの使者として歓迎されることはいいことです。

お正月にテレビ三昧していたら、同年代の女優たちがえらくオバサンになっていて、とってもショックだった…。ロハスなものを食べて、ワタシもがんばっちゃおうかな、って、この数年間、もう充分「ロハス」なものばっかり食べているし、過疎地でいい空気も吸っているし・・・ということは・・・これ以上よくならないってこと?ありゃりゃ。ボケ防止の足しにはなるか。
(こういうことを書くとKオジサンが絶対喜ぶに違いない)

posted by 風土倶楽部 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。
おかげさまでローカルジャンクション21は今年4年目を迎えます。
2003年5月23日にフォーラム「紫波の森が学校になった」を準備会発足記念イベントとして開催し、2004年1月の第1回ニッポン食育フェア(農水省提唱 農文協主催 於:東京有楽町国際フォーラム)を皮切りに本格稼動を開始しました。
五里霧中、いろいろな方にご支援、ご協力を得ながら、なんとか丸3年継続することができました。

4年目の最初のご報告は、九州で活躍中の「森の新聞社」主宰の森千鶴子さんのLJ21の理事就任です。
森さんは聞き書きに加えて、「実際にやらんば伝わらん!」と料理をはじめ生活技術を学ぶ「暮らしの学校」をやはり12月に立ち上げました。これに呼応して、「暮らしの学校首都圏分校」をLJも展開するべく、準備中です。

森さんには風土倶楽部九州ブランチとして、九州地区の「いいもの」も紹介してもらっています。早速、大分県中津江村つえエーピーのゆず製品を12月から三鷹店で展開し、好評を得ています。
特にゆずこしょうとまるごとゆず(入浴用)が大好評です。

今年は、3年間の活動の蓄積をもとに、首都圏の仲間との連携を強めながら、具体を積み重ねていきたいと考えています。

今年も、みなさまのご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

みなさまにとって、2007年が飛躍の年となりますことを心からご祈念いたします。

posted by 風土倶楽部 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする