2007年01月14日

韓国では、歌を歌って地産地消

localfood.jpg1月11日(木)に社団法人国際農業者交流協会主催、農水省提唱による地産地消国際シンポジウム「豊かな食文化の再発見 〜地産地消の新たな展開を求めて〜」が開催されました。
私は午前中の基調講演だけ参加してきました。

「地域に根付いたフードシステムを築く」では、アメリカカリフォルニア州CSA農場経営者であり、農家とともに支える地域社会同盟会長のレッドモンドさん、

「国際スローフード運動の現状と今後」は、スローフード協会本部国際部長のクローチェ氏

「身土不二運動の現況と課題」は韓国農協大学客員教授のイソン氏
がそれぞれ講演をしました。

グローバル化による食の画一化や食文化の喪失、農業の大規模化による土地の疲弊や水の枯渇を阻止するために
地産地消を促進しよう!
そのために、地元のものを食べよう
ラベル・ロゴをつくって、地域のものとわかるようにしよう
ファーマーズマーケットの開催を促進しよう
学校・病院などでの地元食材の使用を促進しよう
CSAで地域の小農家を支援しよう

とさすがアメリカの動きは具体的です。

続きを読む
ラベル:地産地消 食文化
posted by 風土倶楽部 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする