2007年01月16日

栃と餅 食の民俗構造を探る

tochitomochi.jpg今回の晴耕雨読のお供は、野本寛一氏著「栃と餅 食の民俗構造を探る」(岩波書店)です。
1月第1週目の「今週の私」でもご紹介しました。

お正月に餅と里芋は欠かせない食材です。
この餅の食感は独特なもので、かなり日本独自のものです。
この本によると、日本人はネバネバ、ネチネチ、モチモチといった食感を持つ食物を好むとあります。
儀礼食として里芋をつぶしてつくった芋餅の延長上に餅があるとのことです。

最近、私は後藤さんの発芽玄米餅にはまっていますが、発芽玄米を食べるようになったのはいつのころからなのでしょうねぇ。玄米で食べるよりも、栄養を吸収しやすいそうです。
時々、ふと思うのは、昔は重労働だったから米や芋をたくさん食べる必要があったけれど、今は昔ほど体を動かさないから、何を摂取するのが効率がいいかのということです。
できるだけ種類の多い食材を少しずつバランスよく食べることに尽きるのでしょうね。

この本の目次の中にある「救荒食」という文字に食の風景の劇的な変化を感じさせられます。

さて、本題の本のご紹介は下記へ。今週の私とほぼ同じ内容です。


続きを読む
ラベル:食育 食文化
posted by 風土倶楽部 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする