2007年03月02日

新商品登場! その1 真室川の「うつわの会」の作品

風土倶楽部の新商品が登場!

昨日より、山形県真室川の「うつわの会」による作品の展示販売を開始しました。
真室川では、結城登美雄師匠と時松辰夫師匠による指導のもと、町産材を暮らしに生かす器づくりが2年前から始まりました。

oshiki.jpg mamuromaki2s.jpg umenohashi2.jpg youji.jpg
今回の作品は、杉の木でつくった折敷(おしき)、稲藁を巻き上げて、ウレタン塗装して漆仕上げをしたもの、梅の箸や菓子楊枝などが中心です。

素敵なカードには、
山と川、田畑の恵みを生かした料理
ブナ原生林、カツラの巨木、深い山
里山に向き合い繋がれてきた暮らし、そして深い雪
漆をはじめ地元の素材を利用した手仕事の歴史
番楽、わらべ歌…受け継がれてきた伝承文化

真室川にはたくさんの宝があります
地域の宝物を活かした
「豊かで美しい暮らし」を取り戻したい
そんな想いを抱いて器づくりに取り組んでいます

とあります。いい文章ですねぇ。
tokimatushisho2.jpg「民芸は、限りなく人間の感情を入れたもので、人間の手でなければ作れないもの。人間の誇り・生きがい・暮らしという自分のテーマを形にしたものである」とおっしゃるのが時松師匠です。
(画像は指導中の師匠)

tokimatushisho.jpg mamuromaki.jpg

この地で培われてきた手仕事の文化を器づくりで甦らせたいと、若い人や女性を中心に取り組んでいます。

時松師匠のチェックの目は厳しく、今回も間際までOKが出ない!とハラハラさせられましたが、どうにかお墨付きを得た作品が到着しました。

shop0703.jpg昨日、拙いディスプレイでまだ、途中ですが、一応ショップに並べてきました。
ぜひ、みなさん、お近くにいらした折にはお立ち寄りいただき、
真室川の人々の暮らしに根ざした器づくりをご覧になってください。

shop07032.jpg


ラベル:
posted by 風土倶楽部 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする