2007年03月26日

地域の宝は誰のもの?

今回の地域調査の地(3月24日の記事参照。間にハゲタカが入っちゃいました)、名久木には、湧水が流れていて、わさびやクレソン、せりなどが自生していました。

s-2007_0318nakugi0057.jpg s-2007_0318nakugi0053.jpg

最近は、家の周りに食べ物があることがやたらと羨ましい。
でも、それを地方の人はわかってくれない。
なぜなら、あるのがあたり前だから。

s-2007_0318nakugi0066.jpg山があるのもあたり前。
川が流れているのもあたり前。
畑でいろいろな野菜を育てているのもあたり前。
静かで、空気がよくて、水がおいしくて・・・それもあたり前。

知り合いだらけの集落は、ちょっとうっとうしいと思うこともあるだろうけれど、やはり羨ましい。
だって、子どものころのこと、ご先祖のこと、いろいろな思い出や情報を共有できているのだから。

そんな10年や20年ではどうにもならない積み重ねがあたり前になっているところが一番すごいこと。
地域に根ざすこと、それが一番の宝なんだとよく思う。

でも、最近、あたり前じゃなくなったことがある。
それはイノシシとサル!

前はこんなにいなかったし、悪さもしなかった。
それは、そのあたり前が少しずつ切り崩されている証拠でもある。

続きを読む
ラベル:地元学 地域資源
posted by 風土倶楽部 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする