2007年05月05日

うなぎパイの謎

unagipai.jpg静岡駅で久しぶりに遭遇!
懐かしくて思わず買っちゃいました。

昭和36年に発売されて以来、静岡、浜松といえば、「うなぎパイ」!というぐらい定着し、特産品開発の超優良モデルかも〜

今では、ブランデーを塗ったVSOPや、ハチミツ、ナッツ入りなどバリエーションも増えています。

「夜のお菓子」
強烈なインパクトです。
うなぎーにんにく(パウダーが入っているとか)−夜のお菓子
この連想を喚起するすばらしいネーミング!

ところが、当初、
「仕事が終わって、家族団らんのときに食べるお菓子」ということで名づけたと、
ホームページに書いてあります。


続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする