2007年05月07日

梅はエライ!とにかくエライ!

GWは、のたのたしているうちに終わっちゃいました。
後半は原稿書きでひきこもり気味の毎日。

ようやく一つ書きあげたのは、「梅干」について。
一気に梅干通になっちゃいました。

ume.jpg参考書の一つはこれ!
その名もずばり「梅干」有岡利幸著

この法政大学出版局による「ものと人間の文化史」シリーズは、いろいろと役立つことが多いです。

梅というのは、実、花、葉、枝、根すべてが薬になるし、
燻製にした烏梅は薬でもあり、紅花の色止めにも使われる。

梅に関しては、トリビアどころか、これも覚えておこう、これも試してみよう、みたいなことが山ほど。

でも、原稿を書き上げてしまったので、2,3日うちにほとんど忘れてしまうと思うけど。

甘いものやマグロや肉類などがお好きな方は、ぜひ、1日1粒、召し上がってくださいね。詳しいことは、「住む。」夏号(6月発売?)でどうぞ。

さ、次の原稿にとりかかろぉっと!



posted by 風土倶楽部 at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする