2007年05月25日

田植えの季節に、ぴったりな写真集!

5月は各地で田植えが行われる季節ですね。以前、ゴールデンウィークといえば、岩手に行っていた頃、新緑がまだほやほやの山を背に、多くの人が出ては忙しく田植えをしていた風景を懐かしく思い出す今日この頃。

tanokami 001.jpgさて、そんな田植えの季節にぴったりな写真集を発見しました。「春夏秋冬−田ノ神の里」樋渡直竹さんの写真集です。鹿児島県内のさまざまな“タノカンサァ”が、そこで暮らす人々の生活の風景とともに綴られています。

田ノ神信仰とは「全国各地の稲作地帯に見られる。多くの場合、春耕に先立って山から神を迎えて農作業の順調を祈り、秋の収穫を終えたのち、感謝を捧げて再び送るという農耕儀礼的なものである」(文中引用)私は、初めて水俣の田んぼでこの神様と出会いました。

続きを読む
ラベル:
posted by 風土倶楽部 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする