2007年06月10日

どんなホラー映画よりも怖くて、悲しい「六ヶ所村ラプソディー」

観ている間中、こんなにいろいろなことを突きつけられた映画は初めてでした。
胸が苦しいような感覚がずっと続く映画も初めてでした。

鎌仲ひとみ監督の「原子力が今を生きる私たちにとって、いったい何なのかを見極める映画をめざした」という言葉通りのドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」を観ました。
反対の署名はしていたのものの、この映画を観ることでしっかり立場を鮮明にすることができました。

六ヶ所ラプソディーのブログ

登場する人の中で一番印象に残ったのは、六ヶ所村の隣の十和田村で有機無農薬栽培で米作りをして、消費者に直販している苫米地ヤス子さんでした。
あえて、使用済み核燃料再処理工場のことを正直に話してお客さんにアンケートを取ります。が、何人かの購入者から、今後はいらないという反応が返ってきました。
彼女は、いつもおいしいって言ってもらえることがうれしくて、「秋になったとき、私ほどしあわせなものはいない。この田んぼの米は全部私の。隣の薬をかけた田んぼがいっぱいなっていても、ぜんぜんうらやましくない。これが、全部、私のって。ばかみたいね。でも、きれいでねー」と言いながら、涙を浮かべます。

再処理工場が稼動すれば、大気中に放射性物質を含んだ気体が放出される。
「これが安心して食べられる最後の野菜になるかもしれないよ」といいながら、野菜を販売する直売所なんて、悲しすぎる。

続きを読む
ラベル:原子力発電
posted by 風土倶楽部 at 18:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする