2007年08月06日

安心して子どもを育てられる地域はどこに?

今日は広島に原爆が落とされた日。
朝の8時15分に平和記念式典を放映したのはNHKだけでした。
こんな時代だからこそ、たった1分の黙祷なのだから、すべての電波メディアが放送して、日本全国みんなで祈りを捧げたいと強く思いました。

NHKスペシャルが核クライシスというコワイ番組を昨日、今日の二夜にわたり放映しました。
昨夜は、広島市が都市に核のテロがあったらという過程で被害を想定調査した結果を報告していました。
怖くてテレビはつけているものの、正視できませんでした。
核・ミサイル技術の発達と核拡散の危機の高まりが背景にあります。

そして、地震による原発の事故。
目前に迫る使用済核燃料再処理工場の本格稼動。

1972年に発表された「成長の限界」から35年目。
今、地球はその「予言」とそう大きなズレがない状況にあります。
財団法人水俣病センター相思社から、機関誌「ごんずい」100号特別記念号特集が送られてきました。
水俣病発見から51年目。

私たちはいったい何を学んできたのだろう。
戦争から、原爆から、そして水俣から。

私たちは何を選び、何を捨てるのか。
すべてを満たすことなどできるはずがないのだから。
今、その選択を迫られていると思います。

右肩上がりが何年も続くなど、もう、絶対にありえないです。

そんな原点から、しっかり語り合ってこそ、持続可能な未来を築くことができる、そんな気がしてなりません。
思いやりや助け合いの心、エネルギーや食料のこと、そして、自足を知る心の豊かさ、幸せ。

今日は、人前でお話しする機会をいただいて、こんな話を織り込んでするつもりだったのですが、
ぜーんぜんうまくできませんでした。極めて体調悪し、でした。
暑さにとっても弱い。Kさん、ごめんなさい。

高齢化も少子化も、自然環境の荒廃も、過疎化も、格差も、みーんな、いろいろなツケが一度にきている。
だから、一筋縄ではいきっこない。
小手先でうまくいくはずがない。
まずは情報を集めて、何を一番大切にして、どんな社会をめざすのかをみんなで考えて、話し合って、メッセージとして発信していく。そのメッセージを具現化していく。
そうすれば、必ず、共感を得られると思うんだけどなあ。
だって、みんな、今の社会が不安で仕方ないはずですから。
これから子育てをしなければならない世代であればあるほど。

安心して子どもを育てられる地域、
そこが生き残れる地域になると私は思います。

って、言いたかったんだけれどなあ…。
あ〜、自己嫌悪〜。
カレイなる日々を侮ってはいかん、です。
posted by 風土倶楽部 at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする