2007年08月29日

アグリフードEXPOにて岩魚味噌に邂逅

先週末は、京都ー和歌山ー西ノ宮の実家と関西めぐりをしてきました。
あたり前だけれど、会う人がみーんなコテコテの関西弁で、えー感じに和みました。
関西方面でしか放映されていない、やしきたかじんが司会の「そこまでいうて委員会」は本音トーク炸裂で面白い!

和歌山市では公民館大会で「そこにあるものからはじめる地元学」をテーマに講演してきました。
高齢化や防災、食育など地域における公民館の役割は大きくなりつつあります。
処々の課題に前向きに“闘う”公民館であってほしいなあ。
都市においては、結いをつなげる場になりうるか…な。
文章だけを書いていたときは、講演は話すだけでいいから楽そう…と思っていたけれど、大きな間違いでした。いやはや、伝えるというのは難しいことです。

さて、斉藤さんのコメントも入り、重い腰をあげてアグリフードEXPOに行ってきました。
だって遠いんだもん。
三鷹からだと東京を横断してゆりかもめに乗って、埋立地まではるばる行かなければならない。
おまけに国際展示場駅についてから会場までがまた遠い。
展示会って、行くたびに「一堂に会する」のは大変だなーと思う。

s-2007_0828expo0025.jpg

出店者は昨年よりぐーんと増えておりました。
400社で約3割が首都圏に出展は初めてだそうです。
やはり畜産関係者が多いような印象だったけれど、
あっちこっちで試食のためのお肉をジュージュー焼いていて、いい匂いがたち込めていたせいかも。

こんな葉っぱを試食しました。

s-2007_0828expo0014.jpg

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 07:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする