2007年09月01日

かやぶき民家をめぐるドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映像作家の青原さとしさんから新作のご案内が届きました。二年がかりで撮影を敢行し、4月に完成したドキュメンタリー映画『藝州かやぶき紀行』です。広島の「かやぶき民家」をめぐる映画だそうです。

かやぶき民家は、すでに絶滅危惧種のひとつともいえます。オランダでは、今も1年に何棟も新しいものが建てられていると、以前、日本で唯一のかやぶき専門会社の方に聞いたことがあります。
日本では、防火の規制で新規は無理とのことでした。

s-DSCF1392.jpg

今年2月に石川県珠洲市で出会った見事なかやぶき民家です。

広島市での上映なのでお近くの方はぜひ!

ドキュメンタリー映画『藝州かやぶき紀行』
シネツイン1にてロードショー!

9月22日(土)〜9月28日(金)

自然の草木だけを使い、人類が太古から暮らしてきた住まい、茅葺き民家。茅(カヤ)とは、ススキ、チガヤ、イネ、ムギなどイネ科植物、草屋根材料の総称を言う。
広島県東広島市の西中国茅葺き保存研究会・上田進さんが、広島県の山間地から瀬戸内海まで幅広い領域の茅葺き民家を案内してくれる。

続きを読む
posted by 風土倶楽部 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする