2007年11月27日

りんご、おかげさまで大人気です

今週から、三鷹モールと三鷹のショップでも販売を再開しました。
各地のお得意先からの注文殺到で、生産が追いつかず、当初の予定から1ヶ月以上、遅れてしまいました。
三鷹モールの風土倶楽部ページでは、販売開始時期のお知らせが10月下旬からといいつつ、11月下旬、中旬とどんどんずれていき、ほとんどオオカミオバサン状態でした。

連日、どどっと予約注文をいただいています。
4ヶ月もお待たせしたのにありがたいことです。
この1ヶ月はりんご狂想曲といった状態です。
年末まで、続きそうな気配です。
量が少ないので仕方がないですね。

今までにお買い上げいただいた方には、先週から開始したメールマガジン(ようやく、です)で販売再開をお知らせしました。でも、ご注文いただいている方の7割は、初めての方からです。

みなさん、どうやってりんごちゃんに出会うのか。
はたまたどうやって販売再開をご存知なのか。
広告宣伝なんてもちろんやっていませんから、口コミかな?

りんごちゃんが一人歩きして、あちこちでよい出会いをしているのでしょう。
以前に買っていただいた方々からは、
「家族みんなで待っていましたよ!」
というコメントが添付されていて、本当にうれしいかぎりです。
製造に励んでくれている市嶋さん共々、とてもやりがいを感じさせていただいています。

今、ご予約いただいても、出荷できるのは12月中旬以降というのんびりさ。
そんなスローなりんごちゃんのペースに合わせてくださるお客様たちに深く深く感謝しています。

当初の計画通り、岩手だけでなく、長野や群馬のりんごもやりたい、もっとシンプルな木質バイオマス熱源計画も、と「野望」がむくむくとわきあがっていて、いろいろ検討中です。
あくまでも大きな投資はせずに、人との輪、自然との環、そして心の和をキーワードにゆっくり、目立たず、着実に進めていきたいと考えています。
posted by 風土倶楽部 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする