2008年01月14日

本来農業への道

昨年、「持続可能な農業に関する調査プロジェクト」なるものに実行委員として関わらせていただいておりました。この報告書が出来上がりました。

s-2008_0112honrai0003.jpg

スポンサーは、行政ではなく、愛知県のイシグロ農材株式会社でした。
慣行農業による農地の荒廃、高齢化や採算がとれず離農していく現状を憂い、あらたな農業の時代を切り拓きたいとの願いでの挑戦です。
農業大学校の設立も視野に入れているそうです。

実行委員は福井県立大学学長の祖田修氏を委員長に全員で22名でした。
学識経験者が半分、生産者、NPOなどの実践者が半分です。
実践者は塩見さんや宇根豊さん、木之内均さん(NPO法人阿蘇エコファーマーズセンター)、本野一郎さん(元JA兵庫六甲)など。
この「本来農業」という言葉は、宇根さんの提案です。

私は、どうやら食と農をつなぐあたりでお声がかかったようでした。
委員のうち女性は2名だけ。食に関わっている人は、女性の方が多いくらいなんだけれどなあ。

「食から農のあるべき姿を考え、また、農から食の今後のあり方を考えることは、健全な社会を形成する出発点であるといっても過言ではない」と10の提言の前文にあります。

が、しかし!この出発点を見失って久しいのが私たち。

続きを読む
ラベル:農業 食の未来
posted by 風土倶楽部 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする