2008年03月20日

シンポジウム「本来農業への道」のご案内ほか

('・ω・`)さんとつながって、うれしいです。
梅採りに行こうかな。ぶひ、ぶひと歓迎してくれそうだし。

きっかけになった映画「いのちの食べかた」はシアター・イメージフォーラムで公開14週目の2月25日までに動員2万5000人/興収4000万円を突破、同館における動員/興収の歴代最高記録になっているそうです。ポレポレ東中野でも、アンコール上映が決まったし。
私が観たときに目だったのは若い人たちの観客が多かったこと。カップルで来ていた人も。

さて、先ごろ、ご紹介した「本来農業への道」完成記念として、4月16日(水曜日)に国連大学の国際会議場にてシンポジウムが開催されます。
詳細はこちらへ。

私は、「ビジネスとしての本来農業」のパネルディスカッションのパネリストとして参加します。
女性が委員の中にたった二人しかいなかったのでバランスを取るために出てくれということで・・・。
宇根さんも、木ノ内さんも、陽先生も論客ばっかりで今からかなり憂鬱。ほんとにゆううつ。
私の言語は直感言語だからなあ。

ビジネスとして成り立つ農業って、本題中の本題ではないですか。
これに明快な答えが出れば苦労しないわけで・・・。

それにしても一気に国産品が注目を浴びております。
これは房総のみやげ物店にあったPOP。

e-2008_0308boso0080.jpg

みやげ物店でわざわざ国内産というPOPもどうかと思うけど。

続きを読む


ラベル:食の未来 農業
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。