2008年11月25日

島の未来をかけた特産品たち

日曜日に池袋サンシャインで開催されたアイランダー2008に行ってきました。池袋なんて、めったに行かない方面です。久しぶりのサンシャインには、とにかくモノがあふれていて、広大な館内を歩いているとくらくらしてくる。これらのモノはどこに消えていくんだろう、とふと考えてしまいます。

200811231133000.jpg

アイランダーは一番奥で開催。日曜日の午前中にもかかわらず、かなり人が入っていました。ウロウロするうちに目立ったのは魚醤。「住む」の次回に取り上げたため、書いたばかりだからつい目がいってしまうこともあるけど。
Iターンの人が手がけたというものもありました。
値段がねぇ。。。
お土産品としての位置づけ?

海産物がやはり大半でした。
これだけ集まると、この中で目立つのはなかなか大変なことだなあと思いながら、お目当てのNPOいえしまのブースに行ったところ、やっぱりパワー全開中。一番賑やかなんだもん。お客さんはほとんどいないのに。それもそのはず、商品が売り切れてしまっていて、ほとんどなし。

「せっかくきはったんやから、残ってんのお願い!」

というわけで、おいしいことはすでに証明済みの「佃煮風 真・だこ煮」と海苔の佃煮を購入。
座って雑談していたら、「穴子の棒すし」を開発中で、一個、取り置いていたのがあるとのことで分けていただきました。

200811231155000.jpg

1000円。

200811231155001.jpg

この20代の西上ありささんが、ただ今、一緒に商品開発中。
包み紙がそのまま、「ありさとおばちゃんたち はじめて物語」と新聞っぽい読み物になっている。
大学時代にまさに「ダーツが家島に当たった」(ほんとにやるか)という偶然から関わりはじめ、今では深みに…。なんと北海道出身。
この辺りのことは、この新聞に書かれていて面白いです。

2008_1123asaichi0011.jpg

やるなあ。。。
売り先も実はイメージしていて、それに合わせて開発しているとか。

さすが関西!
先日の明石の「あかし魚笑」といい、こういうノリのよさはどうも西の方がありますね。

イメージしているという売り先である駅弁・空弁のためには、あと一息洗練される必要はあると思うけれど、かなりいい線いっていました。
先日、紹介して訪問してきた友人からの報告によると、いえしまの女性たちも、いろいろ不安はあるけれど、「やっていかななぁ。しゃーないわ」とやれることをやっていこうと前向きに取り組んでいることに勇気をもらったということでした。

抜き出る特産品開発として注目していきたいです。
もう一つ、絶妙なネーミングの「手間いらず、嫁いらず」シリーズも、今後が楽しみです。真空パックを湯煎して、すぐに煮魚、焼き魚が食べられるというもの。

ちょっと元気のない人がいたら、家島と明石がおすすめです。パワーをもらえること間違いなし!

2008_1123asaichi0022.jpg

アイ ラブ アナゴ!
posted by 風土倶楽部 at 10:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする