2008年12月07日

気になる米 その3 うずめめし

先日、再訪した島根県益田市美都町二川地区で「うずめめし」をご馳走になりました。

2008_1201mito0008.jpg

鶏肉、豆腐、にんじん、大根などの具の入っただしのきいたあんかけ汁の上にご飯を乗せたもの。
頂上には海苔とわさびが乗っていました。
あんかけご飯の和風逆バージョンみたいな感じです。

島根県山間部や津和野あたりの郷土料理です。
特産品のわさびをおいしく食べるためのものとか、
かつては贅沢を隠すために具をごはんの中に隠など説はいろいろ。
お会いした年配の方によると客人が来たときに出したということです。
今では、ほとんと食べないとか。

ネットで検索してみたら、忠七(ちゅうしち)めし(埼玉)、さよりめし(岐阜)、かやくめし(大阪)、うずめめし(島根)とともに「日本五大銘飯」といわれているとあります。五大って、誰が決めるんでしょうねぇ。

私がふと思ったのは、冷えたご飯をおいしく食べるための工夫なのでは?ということ。
温かい汁をかけて食べるとほっと和みますよね。
どうしてそう思ったかというと、かつては現代のように保温しておくことができなかったからです。

…ということで次回に続く。
ラベル:食文化
posted by 風土倶楽部 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなる、どうする日本の食シンポジウム in 東京「ひろがれ弁当の日」のご案内

一昨日は雷ゴロゴロ、気温はもわっ、で気持ち悪いお天気でしたが、昨日から急に寒いですね〜。自己管理をきちんとしないと風邪にやられそう。
今年はインフルエンザの注射をしました。最近、人ごみを避けまくっているので、菌への抵抗力が弱っているような気がして。。。

早いものでもう1月のイベントのご案内です。
「食卓の向こう側」シリーズで日本に食育旋風を巻き起こした西日本新聞の編集委員佐藤弘さんが、東京で食育の熱いイベントを企画しました。未来を担う子どもたちにこそ、味わって欲しい、知って欲しい、本当においしいお弁当とは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうなる、どうする日本の食シンポジウム in 東京
「ひろがれ弁当の日」

子供が作る「弁当の日」。
自分で作る「弁当の日」。
一品持ちより「弁当の日」
そんな取り組みが広がっています。

自分で作ることで、食材を作ってくれる農家
いつも料理を作ってくれる人に感謝できるようになります。

誰かのために作れば、
できるだけ安全な食材を選びたくなります。
国産の、できれば地元の食材を選びたくなります。

「食の安全・安心」「食料自給率」の問題も
弁当の日が超えていくかもしれません。
日本の食と農をかえていくかもしれません。

たかが「弁当の日」。
されど「弁当の日」。
とても楽しい「弁当の日」。
みんなで考えてみませんか?
続きを読む
ラベル:食育 食の未来
posted by 風土倶楽部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする