2008年12月17日

今年最後の東京朝市 初の2コマ出店

今年最後の東京朝市・アースデイマーケットが12月20日(土)に開催されます。そう、今週末です。

風土倶楽部はなんと初の2コマ出店です。
前回のメンバーに加えて、今回は雨読晴耕村舎と大利根町で無農薬栽培の農業を行っている谷川拓也さんが参加してくれます。

雨読晴耕村舎からはバジルソース(人気の商品で直売のみになっています)、玄米餅など、谷川さんは自信作の米を出品の予定です。雨読晴耕村舎の看板娘“かよちゃん”初登場です。

魚屋さんは、前回大好評だった自然酒「ほ穂」や梅酒に加えて、有機JAS認定の味噌蔵の甘酒を出品。
茨城県のはちみつやあまーい栗も、ふたたび登場です。

とてもにぎやかになりそうです。
風土倶楽部からは、おなじみのオリジナル商品「りんご」(完売間近のつがる)、パリッとしいたけ、まごどさ、そして今回は仲間うちでリクエストが多いので富士酢プレミアムも数本のみ持参します。このお酢を知ると「なんにでもかけたくなる」という人が続出しています。御節料理にもぜひお使いください。

みなさま、暖かくしてお出かけください。


ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする