2009年01月16日

たまにはフランス料理を食べながら…

今日は荻窪のレストランハシモトでフランス料理のランチをいただきました。
とても評判のよいお店で以前から行ってみたかったところ。
ご一緒したのはマクロビオティックの料理研究家(とご本人は言われたくないそうなのでイニシャルにしておきます。その気持ち、なんとなくわかる。いつかきちんとご紹介しますね〜)のTさん。家ではベジタリアンだけれど、外食は特に制限していないとのこと。
最近は私もかるーいベジタリアンみたいなもの。
でも、ときどきやたらと鴨やら羊やらが食べたくなる。そんなとき人間は肉食なのだ、と再認識。

ランチだし、荻窪だし、いくら評判がいいといっても予約が取れたし、空いているでしょ、なんて思っていたら大間違い。小さなお店だけれど(外観を撮ってくるのを忘れた)満席だった。
ランチで一人3000円から4000円といったところ。40代以上の身なりのよい女性たちを中心に男性もちらほらいて、とてもよい客層に思えました。
みんな、優雅にちゃんと楽しんでいるのねぇ〜と妙に安心したりして(笑)

2008_0115kona0001.jpg 2008_0115kona0004.jpg

真鯛のマリネの前菜、かぼちゃやバナナを使ったデザート
このほかに羊のソテーやかぼちゃのポタージュも。
評判通り、とってもおいしかったです。
きちんとお料理されていて、味がしっかりしている。でも、しつこくない。からだに無理な負担がかからない、食後が気持ちのよいお料理でした。
店内もシンプルで清潔で明るくて、居心地がよくて、満席なのに大声で話さなくてもよかったし、サービスもそつがなくて、このお値段でこの雰囲気、お料理なら、☆☆☆☆☆ですね。人気があるのがうなずけます。

2008_0115kona0032.jpgでも、食べているだけで終わらないのがワタシです。
実はTさんにお願いしていたのは、これ!


2008_0115kona0005.jpgこれを元にいろいろお菓子をつくってもらっていたのです。
さて、なーんだ。まだ、ヒ・ミ・ツ。
ワタシが狙ったとおり、マクロビの世界でも使えそうとのこと。
ワタシはホットケーキをつくってみたら、◎でした。
早速、Tさんの感想を生産側に伝えたところ、手間とコストをどう解決するかで唸っていた。
でも、これ、すごく可能性があると思う。
みんなでがんばりまっしょ!
posted by 風土倶楽部 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする