2009年03月27日

「ちょっと味見会」満員御礼

今日の風の冷たさは真冬ですね。
桜の蕾も震え上がっているかも。ゆっくり咲いてほしいです。

「ちょっと味見会」は定員に達しましたので締め切りました。
3年ぶりの食話会がなんだかより美人度が増した×イチの紀香さんになったような気分です。以前は「食育」だとか「生産の現場を知ってもらいたい」だとか、漠然とした目的で実施していたのが、風土倶楽部のことを知ってほしい、知ってもらうことで事業が拡がり、生産の現場に確実につなげることができるという明確なものに変わったことが大きいのでしょうね。

当初から支えてくださったコムケアの佐藤修さんに「あなたたちは材料がありすぎ。だから一つに絞って活動できないのが弱味」とよく言われていました。確かにあれも伝えたい、これもやりたいとずいぶん欲張っていろいろなことをやりましたっけ。

明後日に開催する蜜会もその一つ。銀座でみつばちを飼う人たちが出現するという思わぬ方向に飛び火して、本家としては何を目的にすればいいのかわからなくなってしまったところも。面白いといって最初は盛り上げようと言っていた人たちもいつのまにかいなくなったし。
でも、最後に残ったのは会員さんたちだった。のんびり、ほんわか、なごやかにずっとみつばちとはちみつを好きでいられたらいいなあ。
カフェスローで何が生まれるかはまったく未知数。何も始まらないかもしれない。
でも、ま、これはこれでいっかあ。
なにもかも目的のためというのも、つまんないですからね〜。


posted by 風土倶楽部 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

「住む」春号は米粉麺

4月4日に開催する「ちょっと味見会」の参加者がどんどん増えつつあります。食話会のときとはまた違った新しい顔ぶれの方々とたくさん出会えそうです。最近出たレシピ本の著者でお会いしてみたいと思っていた方から、思わぬ参加のご連絡があったりして、うれしい驚きも!
今週末の東京はちみつクラブの蜜会も、メンバーの方々を中心にかなり盛り上がっています。春ですね〜。

「住む」の春号が出ました。

2009_0326basil0009.jpg

今号の特集は「日常茶飯がだいじ」です。
今回は米粉麺を取り上げました。なぜ米粉なのか、そして麺をわざわざ取り上げたのか、などは、ぜひ、お手にとってご覧ください。

2009_0326basil0007.jpg

米粉麺は、最近、ちょこちょこ商品化されているけれど、取り上げたのは昨年、2回訪問した山形県真室川町の「りぞねっと」によるもの。取り上げた理由があるのだけれど、偶然、今回の日常使いの器には、真室川町の漆器も取り上げられています。
こちらもいろいろなご縁がつながっています。

今日は、恒例の東京朝市・アースデイマーケット実行委員会の会議でした。昨年、奈良から出てきていた生産者の方が県の支援を受けて、現地で東京朝市のようなマーケット開催に向けて奔走中という報告が。名称は「つながるマーケット」になりそうとのこと。
「つながる」ためにはアクションを起さないと、です。
大変ですけれどね。
でも、大変だけれど、やはり私はプレイヤーでいたいなあ、とWBCの選手たちの晴れやかな顔を見て思うのでした。たとえときにはエラーをしたり、打たれたりしても、ね。

最近はプレイヤーというより、監督かあ。いまだ小学生の野球チームといったところですけれど。。。ずっと高校野球という考え方もあるかも。


posted by 風土倶楽部 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

住めば都、いえいえムラです

最近、地元を歩けば知り合いに会う確立がとても高い。

ネットショップの配送部分を担当してくれているのが、以前、お店を出していたマイショップの運営を担っていた女性起業家による会社。彼女たちのネットワークは三鷹の商工会を中心にやたらと顔が広い。

先週は商店街の裏道を歩いていたら、ギャラリーの中に見慣れた顔が…あれっ!と思ったら、京都の塩野屋さんが出展中だった。愛用のシルクマスクの発売元です。前日にメールが来ていたのをまだ見る暇がなかったので、情報よりも実物にばったり出くわしたという次第。

早速、こんにちは〜とお茶。

聞けば、このギャラリーで年2回は展示会を開催しているとか。
翌日、朝市が終わって、夜、三鷹の裏通りを歩いていたら、夕食を終えた塩野屋さんたちとまたばったり。

昨日は、また、お邪魔してお茶をいただきながら、いろいろ話をしていたら、北口に住む風土倶楽部の顧客の方がなんと塩野屋ファンでご一緒することに。世間って狭いなあ。
おまけに染織の話をしていたら、りんごの木で染めてみようか、なんて話になった。早速、青森に電話。面白い品種でトライしてみることに。

先日はお天気がよかったので週末の打ち合わせを兼ねてカフェスローにニューシリアルを届けに行ったら、自然育児友の会の理事長たちにばったり。

「あらーん、お久しぶり〜げんきぃ?」
「あら、ま、おそろいで」

彼女たちは「りんご」の一番最初にファンになってくれたグループで、マイショップ時代のテナント仲間でもあり、りんごを販売してくれている得意先でもある。事務所がカフェスロー内だから、いて当たり前だけれど、なかなか多忙でいることが珍しい。近況を話していたら、Cerealの商談がまとまった。

地元っていいなあ。三鷹だけでなく、国分寺まで含む広い意味での地元ですけれど。朝市も、いろいろな人が来てくれるし、東京を狭く感じるこのごろです。ムラなんだけれど、都でもあって、やはり東京っていろいろな出会いを生む底力がありますね。

posted by 風土倶楽部 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

量より質へ

昨日の東京朝市は、お天気がよかったせいかものすごい人出で、いつもと同じくらい持参したりんご、Cereal、まごどさがなんと午後2時前に完売!
12時半ぐらいに家に商品を取りに行くか…とかなり焦っているところに次から次へと千客万来状態になり、まあ、いっか、今日は訪問してくれた人とのんびり一日過ごす日にしようと切り替えました。

ごっちゃんは庭のこぶしを伐ってきたり、花を摘んできて、寝転んで和むためのゴザも用意してスローモード。そうそう、このモードが重要なんよ。今年のキーワードは「のほほん」にしようと思っていたんだっけ。

2009_0321asaichi0009.jpg

鹿児島から、山形から、愛知から、そして首都圏から、みなさん、ありがとうございました。詳細は風土倶楽部のブログにアップしています。

Cerealが大好評だったのがすごくうれしいです。
お取引先からも2回目の発注をいただきました。
アースデイ東京で販売したいと仲間の団体からの注文も来て、ほっとしています。だって、ほんとにおいしいですもん!

それにしても今回の朝市は不況とは無縁でしたねぇ。
一緒に出ていた谷川農園のお米は無農薬米で1kg1000円。かなりの勢いで売れていました。お金を使うところが変わってきているんじゃないかなあ。少なくともこのマーケットは量よりも質が求められていることは確か。お客さんたちの反応を見ていると、知らなかったいいものに出会いたい!という意欲をすごく感じます。
今年、最初の出店となった昨日は、新しい流れの中に身を置いていられる幸せを感じさせてくれた一日でした。

2009_0321asaichi0036.jpg
タグ:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

「ちょっと味見会」を開催

S師匠からお電話があり、21日の東京朝市にお立ち寄りになるかもしれないとのこと。久しぶりに師匠とお会いできるやもしれません。
今年は山形に風が吹いているとか。「おくりびと」で庄内が、「天地人」で米沢が注目されているそうです。なるほど…。

アルケッチャーノに勝るとも劣らない酒田にあるフランス料理店をご推薦いただきました。行かねばなるまい、です。昨年に引き続き“山形版しっかり味見会”をするしかないですな。

以前、LJ21の時代に「食話会」というのをやっていました。この3年ばかりはお休みしていましたが、今年はもっと軽いノリで復活させることにしました。
S師匠とも、ネット時代だから、よりネットを離れたところを大事にしないとと意見が一致。ネットショップを立ち上げた今だからこそ、です。

というわけで「ちょっと味見会」というのを不定期で開催していきます。こちらはほんのちょっと味見をしてみようというもので、もう一つ「しっかり味見会」では、ちゃんとおいしい料理に向き合うというのをやってみるつもりです。前者は自分が料理するときに役立つこと、後者はおいしいものをきちんと衿を正していただく、そんな感じです。

食話会は「人に良い話」なんて、ちょっといい子ちゃん風でしたが、「ちょっと味見会」も「しっかり味見会」ももっと欲張りな、「大阪のおばちゃん」気分が入った企画にしていきたいなあ。
といいつつも、基本ははずさない。1回目は飯尾醸造の五代目見習いの飯尾彰浩さんに再度登場いただき、しっかりお酢について知る機会にします。詳細は風土倶楽部のブログのこちらへどうぞ。

参加予定の三鷹在住知り合いとすでに風土倶楽部頒布会のような二次会みたいなものが水面下で進行中。こういうのがおばちゃん風なんよね。

2回目も、けっこう変化球を投げるつもりです〜。


posted by 風土倶楽部 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

泣いて笑って、笑って泣いて

ここんとこ張り詰めていたから、ちょっとひと段落したもんですっかり伸びきってしまいつつあります。
目下、新しいリーフレットづくりと新商品のパッケージにも取組み中。

もう新商品!?ですよね。
これは、新戦略のギフト系へのアイテムに必要なんです。
しかし、不況は一段と深まるというのが大方の見方ですしねぇ。

ちょっと迷路に入り込んでいるかも…こんなときは気分転換!とエクスキューズを並べているけれど、要するに映画切れ状態に我慢ができなくなって、DVDを借りてきてしまった。仕事仲間に知れたら、マズイです。

でも、ものすごーく転換できた!!!
すごい、こんな映画が日本にもあったなんて!
「パコと魔法の絵本」

自動車事故で両親を亡くし、一人助かった少女は1日しか記憶が持たなくなってしまい、その子のためにかなり変わり者ばかりの病院の患者や医師、看護婦たちがいい思い出を残してあげようと奮闘するというストーリー。笑って、泣いて、泣いて、笑ってと大忙し。CGと実写が絶妙な絡み方で、完全に一つの世界を創り上げている。
役者がみんな達者でびっくり。特に妻夫木くん。「愛の兼続」はまーったくぱっとしないけれど、こんな演技もできる人なんですねぇ。
私の大のお気に入りの「ペネロピ」と似た路線。
人が一番求めているもの、幸せだと感じるものがあふれている映画です。

posted by 風土倶楽部 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

もっと早くにオープンしとけばよかった

今週は年度末峠の山場でした。
いやースリリングだった。って、まだ終わってない!というつっこみが仕事の相棒から聞こえてきそう(笑)

峠越えの真っ只中で風土倶楽部のネットショップをオープンするという、すごい状況になり、一時はどーなることかと。
が、オープンしてみれば、もっと早くにしていればよかったと思うことばかり。

まず、注文が増えた!
三鷹モールにぶらさがっていたときは、とにかくデザインがダサい、お買い物がしにくいと評判の悪いことこのうえなしだった。
わかっちゃいるけど、発送作業も入金処理もすべてやってくれる、その割には手数料がものすごく安い、というそれだけで納得していたというわけ。だから、三鷹モールは成り立っていかなくて、システムの大幅変更になり、結果としてうちは離脱したわけなんだけど。行政のやる事業としては、あまりに行政的なやり方と結果でした。

しかし、これはうちのブランド構築という意味ではやはりもっと早くに改善するべきことだったのですな。猛省中です。
友人には「これでようやく人にこのページのここを見て」と紹介できると言われました。お得意様にも、ショップで商品のラインナップをご確認くださいと言えるようになったし。

会員登録機能があるので、会員になってもらえる。メーリングリストに入るかどうかも意思確認ができる。

どの経路でショップに行き着いてもらっているかがわかる!
意外にも、風土倶楽部のホームページからが7割(当たり前か)
ブログからが2割。残りの1割は、よくわからない経路。
ホームページの重要性を今更ながら痛感。

ただ、ショップ機能がものすごく完成されているので、お客さまたちとのコミュニケーションがどうしても間接的になる。三鷹モールのときはメーリングリストで新商品などのお知らせして、直接メールで注文をもらって、手続きをこちらでやるという過程で、けっこうやりとりして、ネットの向こうにいる人たちの温もりを感じることができた。手間はかかるんだけれど。

今後は、紙のニューズレターをつくることで、このぬくもりをつくっていこうと考え中。やっていく中での自分の感じ方を大切にしていかないと、です。注文をもらうと、機能が勝手に「ありがとうございました」メールを送ってくれるのだけれど、思わず、自分からも出したくなる。
まあ、1日に50件以上も来たら、そんなことを感じている暇はないのでしょうけれど(笑)

ネットの中でも、のんびり感と温もりを大切にしていきたいなあ。
洗練と温かさと土の匂い、果たして融合できるか。


タグ:風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

「たべものがたり」に掲載 

ああ、花粉がコワイ。
昨年から、花粉が肌につくとカサカサになるという現象が。。。

明日、発売される「たべものがたり」というムックに風土倶楽部を取り上げていただきました。

2009_0308family0009.jpg


Think the Earth
の編集によるもので、ダイヤモンド社刊(1900円 税別)です。全国の小・中・高等学校46,000校に寄贈され、明日から書店にも並びます。

食の未来という章に「食問題を解決する30の方法」が紹介されていて、そのNO.22「風土を楽しみ、風土を活かす」ということで風土倶楽部!!!これって、むちゃくちゃうれしいことです。
アクションの入り口にちゃんとURLが掲載されています。

2009_0308family0011.jpg

上田壮一さんから、掲載させてと言われ、なんかよくわかんないけど、Think the Earthのやることだから、いっか、なんて思ってりんごちゃんの写真をお貸しした私。掲載していただいて、とっても光栄です。文章がすばらしいのです。「お金では買えない豊かさ、幸せな気分を共有できる仕組み」なんて言ってもらえて…ううっ。感激!
りんごちゃんが取り上げられることは時々あるけれど、風土倶楽部自体を掲載してもらうのは2年前のBE-PAL以来のことです。
30の方法の中には、東京朝市・アースデイマーケットもちゃんと掲載されています。

見ているだけでも楽しい工夫がたくさん凝らしてあるし、資料としても使えるし、もちろん子どもたちだけでなく、大人も食べ物と私たちのからだと自然との基本的な関係性を学べます。

こんなに凝ったページも。お金、かかっています。

2009_0308family0008.jpg

2009_0308family0007.jpg

冒頭の世界各国の家族を、1週間分の食料とともに撮影した写真シリーズが面白い!ぜひ、書店で手にとってみてくださいね。

あ、みなさん、幸せ気分を共有したいとお思いのときは↓をよろしく!

shop36.jpg





タグ:風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

おいしくて、わくわくの雨の日でした

今日は一日どしゃ降りだったけれど、とっても充実の一日でした。

りんごちゃんのお取引先がまた一つ決定!
今度は福岡!!!
ついに日本3大都市制覇!(笑)
福岡はイムズ内、大阪はハービスPLAZA、東京は表参道。
うれしいです。

で、その表参道のブラウンライスさんで上京中の工房地あぶらの小野寺さんとランチ。おいしい…。特に味噌汁。S師匠の味噌はやはりすごい。だしの取り方もすごくいいし。
いなりの揚げは、もちろんもぎ豆腐店のもの。これもおいしい…。

2009_0306irokawa0033.jpg

2009_0306irokawa0031.jpg

富士酢とまごどさをブレンドしたドレッシングをブラウンライスさんでつくってくれて、新鮮野菜にかけてみたら、これもほんと、おいしい…。

おいしいものって、人を幸せにします。
そんないい気分で都道府県会館で開催された那智勝浦町色川地区での「むらの教科書2008」報告会へ。

2009_0306irokawa0040.jpg

大学生たち11人が村に入り、聞き取り調査をした結果をまとめたもの。国土交通省の平成20年度「新たな公」によるコミュニティ創生支援モデル事業によるものです。

まさに地元学。
「地元学の一歩その先へ」をめざしてローカル・ジャンクション21を立ち上げた私としては、移住者が集落の3分の1を占めるいわば「過疎地の先進地」が原点に戻ったような取組みを今、どんなふうに発展させようとしているのか、とても興味を感じたことと、相変わらず半島に関わっているので仕事と半分ずつといったことで参加してみました。

学生たちのつくった「教科書」自体はとりあえずまとめたといった程度。結局、村を元気づけたいと言っている学生たちが一番元気づけられたのではないかしら。きっかけをもらったのは学生たち。そして得た元気をどう村に戻していくのか。

10人近くの学生の発言や会場に来ていた学生たちの意見などを聞いていると、本質を捉えている人と、表層をなでている人の差がはっきり出ているように思えました。いいとか悪いとかではなく、「資質」。その資質を持った人が地域に入ったとき、いや、はまったときの化学反応のすさまじさ、それが今、いまさに起きようとしているカモ!とワクワクさせてくれたのは、この人。

2009_0306irokawa0045.jpg

やはり女の子です。みっちゃんの妹分みたいな女の子。
久しぶりに鬼頭秀一教授に会場でばったり。なんと教え子なんだそう。
まあ、彼女は私がみっちゃんに再会したときとは違って、すでに注目度高い女性のようです。

ビビビっと来た御浜町のファーマーズ、那智勝浦の原和男さん、そして最後に原さんに共振しまくっている春原さんにビビビッ!!!
Iターンが多いということで有名な色川だけれど、もっとほかに何か起きるかもしれない。原さんたちが次に画策していること、すばらしいです。「地元学の一歩その先へ」でつながれるかも。東紀州に関わりたいなあ。でも、遠い…。


posted by 風土倶楽部 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

風土倶楽部のネットショップをオープン

りんごちゃんの掲載誌の関西ファミリーウォーカーがすでに発売されていることに気がつき(とにかく、今、峠越え中なもんんで)、あわてて独自ショップをオープンすることにしました。

本体のホームページのリンクを三鷹モールから独自ショップに切り替えたり、顧客のみなさま、サポーターズのみなさまにメールで知らせしたりとまたしてもドタバタに。
でも、たくさんの方にお立ち寄りいただけました。
みなさん、会員登録ならびにご購入、ありがとうございます!!!
今、それぞれにメールでお礼を言う時間がないので、この場を借りて御礼申し上げます。

サイトも、会員登録や購入のやり方も、とても分かりやすいと好評です。
よかった…。

来週月曜日から、発送を開始します。

風土倶楽部ショップはこちらからどうぞ。

shop3.jpg


あまりにも肩こりが激しくて、マッサージに駆け込んでしまった。
でも、まだまだコリコリ。

マンションの管理組合理事長職を先週末の総会で無事終了。
大変だったけれど、住んでいるいわゆるお隣さんたちのことがかなりわかってよかったです。マンションといっても縦に長い長屋ですもんね。
お互いに知り合うことはどんな場合も必要なことです。
でも、肝心のクライアントの某氏とはわかりあえそうにないなあ。
大変な峠越えになりそうな予感。あー、こわ。

遭難しちゃうかも。




posted by 風土倶楽部 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

お部屋でお花見

桜が満開です。

2009_0303sakura0003.jpg

撮影しまくり。じっくり観察すればするほど、なんと可憐な。。。虫のため?だとしたら、みつばちと花はどんな会話をしているのだろうといつも思ってしまいます。

2009_0303sakura0013.jpg

香は覚えのある桜のはちみつそのもの。
肩のコリが頂点。でも、まだまだ年度末峠の頂上が見えないです。

りんごちゃんを扱ってくれるお店がまた一つ岐阜の高山にできました。
3月27日には表参道のお店の梅田店がハービスPLAZAにオープンし、そちらでもお取扱いただけることに。

りんごちゃんの春も満開になってほしいです。
あ、シリアルも。それから菜種油も。えっと、それから…風土倶楽部のネットショップも!
posted by 風土倶楽部 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする