2009年04月15日

サンプル提供の法則

このところ、また、思わぬところで新たなビジネスの関わりが発生。が、風土倶楽部の路線とはちょっと異なるので、黒子に徹することに。
どんなにスローだ、スモールだと言っていても、大きな流れには否応なく巻き込まれるもの。深入りせず、魂を売ることなく(ちょっと売ったかも?)、利益を得て、本流の方の土台固めに少しでもしたい。

やってから、しまった、そうだった、あーやればよかった、こーやればよかった、そんなことばっかり。
高い授業料を払い続けている。
いつになったら取り戻せるのかしら。。。はあ。

ところでサンプル提供の法則というのがあるように思う。
というのは、サンプルを希望してくる会社とかお店がたまにあるけれど、提供しても決まった試しがない。今、お取引しているお得意さんたちは、すべて食べてみてとてもおいしかったから、とすでになんらかの方法で(お客さんが持ってきてくれたとか、自分で買ったとか)入手していて、連絡をくださった方たちばかり。

私も、まずは自分で買って使ったり食べたりしてみて、うん!これは人に薦められる!と思ったら、取り扱うことにする。要するに自分が、また、お金を出しても欲しいと思うかどうかがポイントなのだ。
だから、自分で買ってみる、というのが基本だと思う。

ということで今後はサンプル提供はしないことにしました。
もちろん自分で売り込みに行くときは別だけれど。
それと、メーカーさんへの原料のサンプル提供は、当然やります。

こういうことも、いろいろやってみてわかってきたことなんですよねぇ。東京朝市の気持ちいいところは、出店者同士がお互いの商品をちゃんとお金を払って買い合うところ。お互いに関心が高い商品が集まっているわけだから、つい買っちゃう。たまに物々交換もあるけれど。

サンプルの法則、うちだけかしら?

そうそう、弘前のとてもおしゃれなお店が新規で決定!
もちろん「りんご」のすでに大ファンとのこと。
とてもうれしい出会いです。
りんごちゃん、本場でがんばってね!

posted by 風土倶楽部 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする