2009年06月23日

本枯節と枯節の違いってなーんだ?

土曜日の蜜会では、究極のみかんのはちみつに遭遇。100%みかんのはちみつを得るためには…。知りたい方は蜜会にご参加を(笑)

日曜日は土砂降りの雨の中の東京朝市。5月も、日テレ広場も、そして、6月も、ずーっと雨に祟られています。ところが代々木公園では、土砂降りなのに午前中はかなりの人出。事務局としてはやめるにやめられない。

「ねぇ、今日は本当にこのまま続けるの?」と聞いたら、
「午後から雨はあがるから…」

でもさぁ、出店者側としては売れないし、つらいのよねぇ。
出店者と実行委員、両方やっているとどっちの側に立つべきなのかなあ、と。結局、一時雨は上がったものの、また、降ったり止んだり。閉店のころにようやく落ち着いてきた。売上はさっぱり。
雨に濡れるから商品は並べられないし、露店のつらいところです。

さて、本題の「本枯節と枯節の違い」

ありませーん!

ということを「住む」の「風土倶楽部のおすそ分け」に書くためにタイコウの稲葉社長に聞きまくって、ようやくただの言い回しの違いだけという結論に至りました。いやはや。
「本」がつくと、なんだかすごーくスペシャルなイメージですもんね。

ということで今回は「枯節」を取り上げました。
だし、取ってますか?

2009_0623sumu0001.jpg特集は「あえて小さな家。」
小特集は「家を緑化する。」





2009_0623sumu0002.jpg

そして、おお!と思ったのは「レストランごっこ」の2回目。
こういうのいいなあ。

この間の「ふでばこ」も季刊誌。雑誌づくりもこのぐらいの速度がいいのかも。毎週、毎月、無理してネタを集めなくてもね。だいたいそんなにじっくり読んでいる暇がない。
2週間に一度のビッグイシューの薄さもいい。だからって内容が薄いわけじゃないし。
テレビも毎日、違うものをやらなくてもいいし、休んでいる時間があってもいいのになあ。
「本」情報だけいただければいいですよ。

posted by 風土倶楽部 at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする