2009年07月05日

段取り悪し!

ふたたびの小鹿のバンビ状態です〜。
土曜日の夕方、雷ぴかぴか、豪雨の中をなぜかいろは坂を越え、片品へ。
まるでスコール。こんな滝のような雨に日本で遭遇したのは初めてかも。

先日のバンビから、約2週間。
「芽が出まくってる〜!」の連絡があり、急遽、農作業のために駆けつけることに。

一夜明けて、畑を見て、ひえーっ!!!
ホント、芽、出まくりっ!

2009_0705himawari0035.jpg

あ、↑この畑は手入れをした後の風景です。といっても自然農なので雑草もいまだかなりあります。

「発芽率がよくて…」なんてもんじゃない。
穴に2個ずつ種を植えたり、定植したほうがいいのかも、なんて苗を別に育てたりしたものだから、出まくった芽に振り回されてしまう。
太陽の照りつける中、朝から汗だくで定植作業。はあ。

最初から、一つの穴に一つの種を植えていきさえすれば、こんな労力、必要なかったのにぃ。。。後の祭り。
農作業も段取りがとても重要と今さらながらに痛感。

おまけに今年のヤツはスペイン産。
初めてのご対面だらけ。
何事もやってみなければわかりませんねぇ。

2009_0705himawari0024.jpg

植え替えてみたら、こんなふうに「ワタシ、モウ、ダメデス」状態に。
ダメかも…とガックリしながら、夕方、帰り際に見に行ったら、いくつかはシャキッとしはじめていた。

イケル、かもっ!とこちらも少しシャキッ!
みーんな育ったら、壮観、ね。
花が終わった後がまた、課題。
初体験が続く〜のでした。

今回は、顧問のナカトさん、ソラリスさん、多大なるご協力をありがとうございました。

今年も大活躍の「鹿脅し」(左端)です。

2009_0705himawari0037.jpg




posted by 風土倶楽部 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする