2009年07月14日

8月8日はハニー・ナイト・パーティ

8月8日はハニー・ナイト・パーティを開催するといったら、「ハチミツを体に塗って、舐めあうパーティ?」などと期待した方がおられましたが、残念ながら、健全に楽しく、おいしい真夏の一夜を過ごそうというものです。

みつばちのことが報道されることが多いこのごろ。
人類よりも300万年以上前から地球上に出現し、ほとんど生態を変えていないみつばちにもついに危機が迫っているとしたら、これは大いなる人類への警告かもしれません。

5年も東京はちみつクラブ(THC)で、みつばちプロジェクトと称し、あちこちに種を蒔きつつ、ついに当クラブ自ら7月から巣箱を期間限定で設置することになりました。単に飼うだけに留まらないのがTHCらしいところで、花粉トラップを仕掛け、設置場所の国分寺の自然環境を捉えなおすという活動に突入中。みつばち関連でこのところメディアに登場しまくりの、当クラブの顧問玉川大学ミツバチ科学研究センターの中村純教授の力も入っていて、ようやく本格的な活動になりつつあります。
詳細は、ココログの東京はちみつクラブのブログや風土倶楽部のブログをご覧ください。

これはHappy Bee Projectの一環で、パーティはこの活動の第1回目の報告会でもあります。そのほか、はちみつバーを開設したり(なつかしい…)、はちみつのお酒ミードを飲んだり(昔は精力剤だったらしい)、アフリカの大地の音楽コギリを演奏してもらったりと盛りだくさんです。

蜜蝋キャンドルを灯して暗闇でコギリ(木琴の原型?)を演奏してもらったら、人類とミツバチのふるさと、アフリカの大地の風を感じることができるかも。

日時:8月8日(土)18:00〜開場
18:30〜 報告会
19:30〜 食べたり、飲んだり、話したり
20:15〜 コギリ奏者後藤総一氏による演奏

参加費:当日3000円 予約2500円(ワンドリンク付き)
お料理、そのほかの飲み物は会場で個々にオーダーしてください。

みつばちのことを知っていても、知らなくても、興味がなくても、自然環境のこと、私たちの未来のことがちょっと気になる方、そして、ちょっと妖しい感じが好きな方、どなたでもご参加ください。
参加希望の方はメールでご連絡ください。

みつばちって、THCって面白そう…と思ったら、ご希望により、mixi内のTHCのもっと妖しい(?)世界へお連れします(笑)

カフェスロー内のギャラリーでは、8月5日から9日まで片品村の桐山さんたちのiikarakanと風土倶楽部のコラボレーションによるギャラリーショップ「風に聞け、土に着け」をオープンします。
こちらもよろしく!

posted by 風土倶楽部 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする