2009年08月30日

フィクションの中の真実

政権交代実現ですねぇ。。。
どんな世の中になるんでしょう。

先週は相変わらずスランプのドツボ。
こういうときにはジタバタせず、本と映画にかぎる。
大好きだった本が、いつのまにか仕事がらみの本ばかりになり、エンターテイメントとしての本を読むことがほとんどなくなって久しかったのでまるで乾いたスポンジが水を吸うみたいにフィクションの世界に溺れています。フィクションの世界にこそ真実のかけらが…。

2006年に映画賞を総ナメした「ゆれる」(西川美和監督)をようやく鑑賞。
「ディア・ドクター」を先月、ロードショーで観て以来、とても気になっていた。
人間がきちっと描かれていて、思わず2回続けて観てしまった。

2009_0830nyan0008.jpgついでに勢いで小説も読んでみた。脚本を書いた西川監督自身が書いたものだから、とても興味深い。
読みながら、映画のシーンが浮かび上がってきて、補完できるかと思いきや、西川さんは肝心なところは映画と同じく曖昧なまま。
感性の鋭さと表現力のすごさ、そして、ディア・ドクターもそうだったけれど、キャスティングのすばらしさ。
まだ30代半ば。すごい人がいるもんです。「きのうの神さま」も読みたい。

2009_0830nyan0009.jpg友人が好きでしょう・・・といって貸してくれたのが「RURIKO」(林真理子著)
真理子さんにしては、ちょっと粗いつくりの内容だけれど、ゴシップ小説として読めば、かなり面白い。
私の大好きな時代の日本映画の裏話、主に恋愛模様が書かれているので、今後、映画を観るときにもっと面白く観れそう。

その勢いでルリ子さんの出ている「戦争と人間 第1部」(山本薩夫監督 1970年)を観た。
こんなに骨格のしっかりした日本映画、それも戦争をテーマにした映画があるとは驚きです。
東宝で作られている戦争ものとは一線を画したもので、当時の日活の心意気が伝わる。
昭和3年から7年までの陸軍が暴走を始める中、五代という架空の新興財閥が戦争を食い物にして利益をむさぼっていく様を描いている。

cap041.jpg先日、テレビで放映されていた「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督 2006年)の軍服姿はみんなどこか華奢で、リアリティがなかった。特に主演の二宮和也に昭和の匂いがまったくせず、下手ではないのに時代の空気感というのはどうしようもないなあと。
↑「戦争と人間」は昭和45年の作品。まだ、軍服にリアリティがあるんですよねぇ。
つい昭和20年から50年ぐらいまでの日本映画に魅入ってしまうのは、遠い時代の空気を手繰り寄せたいからなのかなあ。
あの時代の役者には、どこか“凄み”がある。。。滝沢修、芦田伸介が出ているだけで納得させられてしまう。
ルリ子さん、美しいです。

日本映画界が斜陽になっていく中で最後の大作として作られた映画で、
4,5部まで作られる予定だったけれど、3部のノモハン事件で終了せざるを得なかったそうだ。
高度経済成長期に突入していたにもかかわらず。

こんな映画をまた、きっちりつくってくれないかなあ。
学校で教えてくれなかったこの空白の時代を埋める意味でも。

などと考えるのは、カレイなる日々現象、でしょうか。

cap039.jpgルリ子さんが大好きだったという石原裕次郎の本格デビュー作「狂った果実」(1956年)も拝見いたしました。RURIKOでは、ルリ子さんの人生を語る上で重要なファクターとなっている映画だったので。
映像は今観ても新鮮!

ただ、裕次郎さまは歯並び悪いですねー。下膨れだし。スタイルはいいけど。私はルリ子さんとは好みが違うみたいです。
「戦争と人間」に出ていた田村高弘の方が好みかな・・・なんてね(笑)

 
 

posted by 風土倶楽部 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ぷるるん ぷちぷよ

先日もお伝えしたミニトマトです。

ぷるるん、ぷちぷよ。
これはミニトマトの名前。

どんなトマトかというと。。。

これです。

tomato2.jpg

皮がうすーくて、口の中に入れるとぷるるんっ!ぷち!ぷよ!とやわらかく弾けてくれる。
これこれ、こういうのが欲しかったの。

2009_0803katashina0016.jpg

とてもデリケートなトマトなので栽培が難しく量産はできません。
皮が薄いので輸送向きではないため、直売所でしか今のところ出会うことができません。
なのでつくっている人はまだまだ少ないです。

ドライアップルとドライトマトのつながりで、ひょんなことから知り合った岩手県遠野市在住の小山さん。むちゃくちゃユニークなお方。

輸入食品の会社を定年前に辞めて、遠野市の山奥で農業を始めて、今ではトマト栽培の農家グループのリーダーをやっている。
3年ぐらい前に小山さんのつくったドライトマトに出会って、「この人に会いたい!」と遠野市にすっとんでいって、それ以来、意気投合してお友達に。

「私はね、トマトをちゃんとつくりたいんですよ」

その小山さんから6種類のミニトマトが送られてきた中に、以前からとても気になっていたぷるるんトマトがあったというわけ。
そのほかにもラブリーな“ときめきトマト”(おじさんたちがどんな顔をして名づけるのか・・・笑)や、甘みの濃いチェリーゴールドなど、ミニトマトの世界はカラフルで楽しい。
これはみなさんにご案内しましょう、と、ただ今、販売中です。
今が旬です。

ぷちぷよトマトは福島県内での、ぷるるんトマトは小山さんたちの、それぞれの名称です。

詳細は風土倶楽部のこちらへ。
トマト好きのお方はお急ぎくださいませ。


posted by 風土倶楽部 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ファーマーズ・マーケットは誰のもの?

10年目のスランプの夏は、それらしくじめっとしている。

9月から、主要都市でマルシェ・ジャポンなるファーマーズ・マーケットが始まる。原則、毎週土日に開催されるんだそう。
農水省の事業です。
各事業主体に1億円ずつが落ちます。

1億円。。。

月一回、代々木公園で開催している東京朝市・アースデイマーケットは今年5年目。みんなの手づくりで1回の経費なんてたかが知れている。
毎週末やることになったら、事務局の人件費が年間1000万ぐらいはいるかな。

農水省が公募しているときに、アースデイマーケットの事務局にも応募してほしいと依頼があり、「アテウマじゃないのぉ」なんていいつつ、みんなであーだ、こーだと考えた。で、結果はアテウマでした(笑)

なぜ採択されなかったのか問い合わせてみたら、「そーゆーことは教えられない」とのこと。選考委員はどなた?と聞いたら、「そーゆーことは教えられない」とのこと。

1億円は誰のお金なんでしたっけ?

で、採択された事業主体はTBS、森ビル、ぐるなび、などなど。

ふーん・・・。

この事業の目的は、農家所得を上げることにあるとのこと。
上がればいいですけれどねぇ。。。

来年の3月までの事業です。
それ以降はどうするんでしょうねぇ。。。

民主党もこーゆーお金の使い方をするんでしょうかねぇ。。。

農家所得って、どのくらいアップすることを狙っているのかしら。
農業って、そもそも儲かるものなんでしょうか。
高齢化で、人口減で、パイはどんどん小さくなる。
そもそもファーマーズ・マーケットはお金プラスαを狙ったものでしょぉ?
大手企業が関わる旨みって、どこにあるのかしら。

党首討論で「安全保障の問題」を議論する中で、アメリカの言いなりにはならない、とか言っていたけれど、なら、工業製品の輸出はどーすんの?食料と引き換えだったようなものでしょ。

新型インフルエンザも流行中だし、
「明日のエコでは間に合わない」みたいだし、

不安の塊の夏、ですね。
秋になったら、もっと不安・・・?

次回の東京朝市・アースデイマーケットは9月23日。
港区エコプラザでは9月6日に開催です。

posted by 風土倶楽部 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

15万アクセスに到達

去年は、もうやめよう。。。と思っていた東京はちみつクラブ(THC)
昨年は活動していないからネタもなく、ブログも更新できなかった。
2006年、2007年はかなり活発に動いていたので、アクセス数も多く、ひゃー!1日にこんなに?という日もあったりして。Doblogのランキングの50位以内に登場ということも。

Doblogの閉鎖でココログにお引越ししたので、ブックマークなどがはずれた人もいるはずで、一時はアクセス数がかなり低かったけれど、最近は徐々に持ち直しつつあります。THCから風土倶楽部のブログに来てくれる人もかなりいます。

なにはともあれ、継続は力なり、です。
ついに15万アクセスに到達しました。
ささやかですけれどね。
4年4ヶ月。。。メンバーさんたちのおかげです。

最近は、また、活動が活発になってきて、新しい発見もあって、気づきもあって・・・実は懺悔しなければならないことも出てきました。

いつTHCのブログで表明するべきか。
中村先生は、先日の蜜会スペシャルではっきり方向性を表明しちゃったしなあ。。。「あれ、ま!」とわかった人は少なかったかもしれないけれど。私としては、どこかで懺悔しないとTHCの女王蜂としてはまずいのよねぇ。。。ということですこーしずつTHCのブログの内容で布石は打っているんですけど(笑)昨日のなんかはかなりはっきり書いているつもりなんだけど。。。わかんないかも(苦)

どんな情報に接し、どの程度その情報を信じるか、削除するか。
自分の頭で考えないと、です。






posted by 風土倶楽部 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ほめられ手土産「りんご」ちゃんとマヨネーズの続き

小学館のoggiのサイトにある「知的美人をつくるこの逸品」に「りんご」ちゃんが取り上げられました。

雑誌も、ネットと両輪で行く時代なんですねぇ。

終戦64年目の夏、いろいろな特集番組がありました。
悲惨な戦争の記憶を語り伝えていくのがどんどん難しくなるなあ…と思いつつテレビを観ていたら、傍らにいた83歳の父が「これからの戦争は、あのときと悲惨さがまったく違うだろう」とポツリつぶやくのでした。

いや、まったく。
武器が違ってきていますしね。
食糧や石油が止まったら、どうなるのでしょう。
ウィルスをまかれたら、原子力施設にテロがあったら…、

いずれにしろ、争いからは何もいいことは生まれない。

マヨネーズの原稿を書き上げたところで、マヨネーズ平和作戦、考えちゃいました。

水と油は決して混じりあわないのだけれど、卵が乳化剤の役割を果たしてマヨネーズができる。そのとき卵は油の粒を取り囲み、その周囲を酢が取り囲む。植物油は腐らない。酢酸の殺菌力は強力!ということで腐りやすい卵は、この二つに結果として抱かれることで永遠の生命力を得る(永遠かどうかはわからないけど)。別次元に行けちゃうわけです。卵にとっては、この世から、あの世に瞬間移動するようなもので、マヨネーズも腐らない。

マヨネーズってロマンチック!
だから、食べるとうっとりするのかも、なーんてね。

仲が悪そうな国を日本が乳化剤になって、永遠の和平を!
世界マヨネーズ化作戦!
真夏の夜の夢物語だなあ。

核兵器が乳化剤、じゃねぇ。。。

posted by 風土倶楽部 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

マヨネーズは腐らない

みなさん、よいお盆休みをお過ごしですか。
地震が怖いです。早く東京を去らねばと、また、焦っています。
でも、首都圏の人口は増えているんですよねぇ。。。

そろそろ「住む」の連載もネタが尽きてきたしなあ…と油断していたら、N副編集長から「次のネタは…」とのメールが。
あわてて頭をめぐらし、近場でどこか…お!あった!
埼玉県神泉の松田さんのとこ!

というわけで先月末にどたばたあわてまくって松田マヨネーズさんを訪問してきました。10年ほど前にお会いしていて、一度は訪れたいと思いつつ。。。I師匠の協力のもと、ようやく実現。

その取材をもとに目下、マヨネーズを大勉強中。
マヨネーズは好きだけれど、ポテトサラダを作るぐらいであまり活用していなくて、気がついたら1年とか同じものが冷蔵庫にいる。
食べてみたら、ぜーんぜんOK。というので、食べながら、なーんで腐らないのかなあ。。。卵を使っているのになあ。。。と以前から疑問に思っていました。

今回、謎が解けた!
わかってみたら、謎でもなんでもないけれど。
マヨネーズ、恐るべし!
ある意味、完璧な食品ですな。
山登り、孤島に行くときにはぜひ1チューブ、荷物に忍ばせておきたいものです。

ということで次回の「住む」は10年浮気せずに食べ続けている松田マヨネーズをご紹介します。

posted by 風土倶楽部 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

みんな、さんま好き

カフェスローでのギャラリーショップと蜜会スペシャルが終了。
今年の夏は、後はひまわりが順調に育ってくれれば、です。

ギャラリーショップは、ウィークデーは静かだったけれど、土曜日の蜜会タイムと日曜日は大盛況でした。
ギャラリーでうちの一番人気はなんとこれ!

2009_0806cafeslow0051.jpg

りんごやシリアル、バジルソースはすでによく知っている人が多いし、カフェスローですでに置いてもらっているから、この新登場のさんま缶にやはり注目が集まる。
演歌が似合うこの風情に目を止め、「さんま…」とつぶやき、見入る人が多く、「さんまはお好きですか?」と聞けば、「好きです!」

世の中、さんま好きがこんなに多いとは。
驚きました。

カフェのスタッフの方が食べて「◎!」といってくれたので、スタッフ内にちょっとしたブームまで巻き起こした「黄金さんま缶」
炭アクセサリーが表の主役だとしたら、影の主役でしたね(笑)

蜜会スペシャルはものすごく盛り上がって、3時間でも終わらず。
みつばち&はちみつネタで毎度のことながら、充実した“大人のお遊びタイム”(っていうと、なんだか怪しいけど)を過ごしました。イベント速報はこちらにアップしています。

2009_0808cafeslow0039.jpg

ね、怪しげでしょ?

posted by 風土倶楽部 at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ギャラリーショップをオープン中&蜜会スペシャル

国分寺のカフェスローでのギャラリーショップをオープン中です。
のんびりやっています。

片品から、ミルク缶やら、木の板やら、炭やら、運び込んで、こんなふうにディスプレイしました。
iikarakanワールド、満開中。
向って左側がiikarakanワールド、右側が風土倶楽部ワールドです。

2009_0805cafeslow0006.jpg

りんごもCerealも、すでにカフェスローで販売してもらっているので、今回は工房たかねの漆のカトラリーや、ごっちゃんのつくりたてバジルソース、最近イチオシのさんま缶、パリッとしいたけ、などに力を入れました。

2009_0805cafeslow0009.jpg

2009_0805cafeslow0061.jpg

ド演歌が聞こえてきそうなパッケージのさんま缶をこの空間に並べたときは、「浮いている…やめようかな」とちょっと引いちゃったけれど、みっちゃんに「おいしいから、自信をもっていいんじゃないですか」と言われ、「そうだ!ものすごくおいしいのだ!」とそのままにしておいたら、なんと、世の中、さんま好きがこんなに多いなんて。

みっちゃんは自信作のにんにくを持参!

2009_0805cafeslow0067.jpg

味は濃厚なんだけれど、見た目がちっちゃいので、ちょっと苦戦中。
誰も来ないときに二人で自然農を今後、どのように理解してもらい、味わってもらえばいいのかを相談。なかなか難しいです。

みつばちも、農業も、情報合戦みたいなところがある。たとえば、環境問題に絡めた言葉で言い訳しながら、都会人の遊び道具としてみつばちをいいように「活用」している。本質はどこかに置き去りにされて、「都会の中に生産の現場が!」と思わず騒いでしまう。身勝手な人間という生きものにありがちなこと。私は違うなんていいません。でも、その反省のもと、蜜会スペシャルなんていうことをやっているわけで。

まあ、それはさておき、農業も、有機だ、無農薬だといっても、ピンきりで、本当のところ、何をめざしているのか、どうしたいのか、わからないものも多い。みっちゃんたちが注目されるのは、その中でしっかり実践しているから。それでも、未だに炭アクセサリーの桐山さんだったり、元コギャル(何年前のこと?って考えたことあるんかね)に注目されたり。
自然農の畑のふかーい意味がわかっている人なんてほとんどいない。
片品の畑で這い回って草を刈って、虫に顔を刺されてみて、初めて土に着くこと、風にできること、なんていうのがすこーし分かってくる。「記号化された言葉」じゃないんだよなって。まだ、考え中ですが。(次回からは面布を着けようっと!)

今回のテーマ「風に聞け、土に着け」は、そういう意味で、地元学のテキストをつくったときのタイトルだけれど、地元学的なるものとはずれてきているのかもしれない。
風と土は、これからもテーマですね。なんてったって風土倶楽部ですから。

8日の蜜会スペシャル、現在のところ参加者は約50名!
みつばちとはちみつをテーマで、ですよ。
多いとみるか、少ないとみるか。
まあ、数ではないですけれど、ね。



posted by 風土倶楽部 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

トマト、トマト、トマト!!!

遠野の「遠野ファクトリア・グループ」から、こんないいものが到着!

2009_0803katashina0001.jpg


中でも注目は、ハート型の“ときめきトマト”と

2009_0803katashina0004.jpg


皮がものすごく薄い“ぷるるんトマト”

2009_0803katashina0016.jpg


先日、ある農業関係の会合で話題になって、「食べてみたい!」と思っていたトマト。ミニトマトの皮は、食べるときにものすごく邪魔!と思っていたので、ついに出た!!!という感じです。甘いです。一度食べたら、クセになりそう。
ただ、病気に弱かったり、日焼けがだめだったりと、大量生産には向かないし、だいたいこんなに皮が薄いと輸送には向いていない。
直売所向きの品種ですね。福島の直売所では、遠方からわざわざ買いに来る人が多いとか。

2009_0803katashina0010.jpg 2009_0803katashina0018.jpg 2009_0803katashina0023.jpg

チェリーゴールド、スノーベリー、ブラックチェリーも楽しめます。

明日から、ギャラリーショップをカフェスローで開催。でも、準備が…。今日、片品から、にんにくやら、ミルク缶やら、ひょうたんやら、もろもろ乗せてみっちゃんたちがやってきます。さてさて、どんなディスプレイになりますことやら。
いつもにも増してドタバタやっています。

posted by 風土倶楽部 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

5日間だけのギャラリーショップ開催

つい8日の蜜会スペシャルに力が入ってしまっていますが、5日から9日までカフェスロー内のギャラリーでiikarakanとの共催で「風に聞け 土に着け」をテーマにギャラリーショップをオープンします。
どんなふうになりますことやら。
その打ち合せと準備に片品に出かけていました。

ひわまり畑を見れば、あのふにゃふにゃだったひわまりがほぼ8割がたリカバー!

2009_0801katashina0097.jpg

やった!と思ったのもつかの間。いまや雑草との競争になっていて、こりゃ刈らにゃあ…というわけで、時間もなく、短期集中で雑草刈りのお手入れに。

汗まみれになり、シャワーを浴びて一息ついて鏡をみたら、「あれーっ!虫に刺されまくりーっ!顔が、顔が…」と思わず叫んでしまった。トホホ。

ひまわり、てこずっています。

刺され状態を見たいかたも、ぜひ、ギャラリー並びに蜜会スペシャルに足をお運びくださいませ。

2009_0801katashina0052.jpg

花豆が満開でした。

posted by 風土倶楽部 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする