2009年11月28日

国際有機農業映画祭にて…コーンなことになっていたなんて…

友人のNさんに1ヶ月ほど前に手渡された国際有機農業映画祭のチラシ。すっかり忘れていて気づいたのが一昨日のこと。演目を観ていたら、久しぶりにビビッ!

というわけで、朝、一番の上映に駆けつけました。
ちらほら見知った方々にお会いして、お目当ての「キング・コーン 〜世界を作る魔法の一粒〜」(2007年アメリカ)を鑑賞。

「俺たちは、親より寿命が短いみたいだ」とある日、疑問を抱いた2名の大学生。毛髪は食べた結果が一番長く留まるところということで調べてみたら、「君たちの炭素はコーンだね」と。

二人はアイオワのどこまでも続くコーン畑でキングコーンを作りながら、ふかーくコーンの利用のされ方を追求することに…という映画。

原稿を書くために砂糖に詳しくなって、異性化糖にもようやくリーチした私にとって、そのもっと奥深いところに到達できたわけで、タイムリーな映画との出会いでした。

そう、異性化糖の原料の一つがキング・コーンなのです。
高果糖コーンシロップ。大量生産の加工品の甘味には大抵使われているもの。
もちろんシロップだけでなく、コーンプロテインだとか、デキストリンだとか、コーンでつくられている化学物質は山のようにある。
主食でない加工用、工業用が全体の53%を占めている。

なぜ、こんなふうにコーンが大量に食品に(食品だけではないのだが。それは映画の公式ホームページをどうぞ)使われたのか。
それはひたすらに増産をめざしたから。
政府の助成金制度、機械化、品種改良、遺伝子組み換えとあらゆる可能性を総動員して、大量生産を実現させた。当然のことながら、量が多くなれば、価格は下がる。余らせることができないから、シロップにする。牛の飼料にする。

牛はコーンを食べて進化してきたわけではないから、生後120日以上与え続けると病気になる。でも、出荷されるのは140日から150日。ということは…?
与えられる飼料の99%が穀物。これが胃酸過多となり、酸毒症を引き起す。抗生物質の70%が畜産用なんだとか。

コーンで脂肪をたっぷり蓄えた牛の肉がハンバーガーとなり、どんどんアメリカ人の胃の中に納まっていく。シロップをたっぷり含んだ炭酸飲料とともに。おっと、コーン油であげたポテトチップスも。

品種改良で得たことは、ただ、ただ、大量に簡単に作ることができるということだけ。遺伝子組換えされているから、強力な除草剤撒きまくり。ものすごく簡単に作れてしまう。が、引き換えに栄養はどこかに行ってしまい、カロリーだけが残った。2人は食べてみて、あまりのまずさに吐き出す。

ひたすらに大規模トウモロコシ農家が生まれる中で、規模が小さいところはどんどん辞めていく。
安いシロップなどで、肥満と糖尿病が蔓延していく。
新型ウィルスみたいに目立たないから、深く静に潜行していく。
わかっちゃいるけれど、完成された経済効率と循環の中でもはや誰にも止められない。

私はハンバーガーも、炭酸飲料も、大量生産の加工品もほとんど食べたり飲んだりすることがないから、コーンでできている部分はアメリカ人に比べたら、ほんの少しだと思う。問題は肉ですね。たぶんコーンが飼料としてかなり使われているはず。

ああ、コーンよ、おまえもか、です。
“安いは愛だ”などとノー天気なことを言っている会社の商品なんてボイコットしませうよ。

12月19日にDVDが発売されます。
ぜひ、観てください。

大規模農業の行き着く先はこれ。農水省の方々も観るべきですね。



posted by 風土倶楽部 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

しあわせのおすそ分け、ちょーだい

昨日は久しぶりに結婚披露パーティに出席しました。
16歳年下のとってもかわいい妻を娶るという“大罪”を犯してしまった友人の、幸せいっぱいの顔がなんとも印象的でした。
自由に生きてきた彼が、これからどんな家庭人になるのか。友人一堂、興味津々なのであります目
S師匠がご都合が悪くて参加できず、残念〜!
タカコナカムラさんとも、ようやく会えたのに。

以前からのお仲間の食品メーカーさんは、世代代わりが着々進んでいて、いまやジュニアの時代に突入中。
食の師匠の塩川女史にも久しぶりに邂逅。
「カレイなる日々で〜」と近況報告をしていたら、「なにを言っているの!私が食の学校を立ち上げたのは55歳だったんだからねっ!」と。

そうか、そうなんだあ。
相変わらずジュニアたちのエネルギーを吸い取って、お元気でした〜。

ところでSkpeってすごい!
3年前に挑戦したときはなぜかうまくいかなかったのに、今回はすぐに通じて、いや、これがびっくり。鮮明だし、無料だし。
仕事先の沖縄の離島とのミーティングもできてしまう。
ますます都会に暮らす必要がなくなってきたような。
回線さえ、整備されていれば。

「戦争と人間」ついに6刊目に突入!
S師匠、ちゃんと読んでますわよ〜ん。
あのころ、今みたいに情報が手に入れば、戦争にならなかったのかなあ。最近の政治がらみの報道を見ていると、どんなに情報があふれるようになっても、伝える側と受けての程度が低かったら、同じなんじゃないのぉ…とつい思ってしまう日々なのでございます(宮本信子風に〜)

しっかし、天地人はひどい大河ドラマだった。毎回、突っ込みどころが満載すぎて、かえって目が離せなくなった。不思議なドラマづくりのアプローチなのじゃ。昨日のまったく盛り上がらない最終回がすべてを物語っている。息子は急に亡くなるし、家臣の息子なんか、いつのまにか大阪夏の陣で討ち死してるし。親子二代にわたって柱にもたれて眠るように最後を迎えるし。あんなセリフをいっぱい言わせられるツマブキくんがかわいそすぎ…最後まで何が“義”で、何が”愛”なのかさっぱりわからず。結局、兼続は家康にコビコビしただけだし、最後の三成への賛歌もちーっともわけわからん!なんであの場で話すことが義なんだあ!!!図式が陳腐すぎるだろうが!といい始めたら、きりがない。というのが、このドラマの楽しみ方だったようなのでございましたっ。

来年も、予告を見るかぎり期待できそうにないなあ。
大森南朋の武市半平太だけはちょっと期待。
って、私って、大河、好きなんだわあ。

あ、土曜日夜の「外事警察」、面白いです。
「獣の奏者エリン」も。
そう、私って、NHKっ子。


posted by 風土倶楽部 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

ニラが満開

今日は土砂降り。青森から友人が出てきていて、体調を崩したということで、我が家の部屋でまったりしてもらうことに。
調子が狂ってしまったので、ブログに書き込みなど。

ニラの花が満開です。昨日、撮影したもの。

2009_1116kokubunji0039.jpg

2009_1116kokubunji0037.jpg

食べようと思って植えたけれど、花のかわいさに、ま、いっか。愛でましょう。まるで白い花火みたい。
蜜源・花粉源植物です。ミツバチ来ないかなと見ているけれど、ハエみたいなのしか来ない。

花を咲かせると葉が堅くなるらしいです。

後ろのカリフラワーには相変わらず青虫メが食らいついているので、せっせと駆除。奥の小松菜は、繁り狂っている感じ。正体をみて、イメージが大きく変わった。

いきなりここは国分寺。

2009_1116kokubunji0004.jpg

ザリガニがいたり、クレソンが生えていたり。こんなところが駅から10分ほどであるなんてねぇ。この先は急な斜面で国分寺崖線となる。
都内でもスペシャルな場所になりつつあるんでしょうねぇ。

先日、横浜のみなとみらいのあたりをウロウロしたけれど、あーいうところは苦手だわあ。。。

マイナーなことが好き、なんて言っていたら、ずっとマイナーなんだろうな。。。

日本製なのにすごく安い子供服を作っている町があるとニュースで報道していました。どうして安くできるかというと、大きな工場を作らず、20人ほどの女性たちが家で縫製しているから。もともと繊維の町だったから、家庭の女性たちが内職したりして技術を持っていたのをうまく活用してのこと。すばらしい!久しぶりにいい事例だなあ・・・と感心しました。我がりんごと同じですな。

ファッション関係の人と先日話をしていたら、数百円のジーンズの背景にはやはりすごいことがあるらしいです。ファストファッションは労働問題や環境問題で捉えたら、とんでもないものだと思う。

儲けるって、そういうことでしかできないのかしら。
安いは愛だ!とかっていうCMが流れているけれど、愛も安売りですか。





posted by 風土倶楽部 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 三鷹の二坪畑のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

マイナーなことが好き!

急に寒くなってきて、床暖房の季節到来。
一昨日、立教大学の21世紀社会デザイン研究科で、みつばちをテーマに話をしてきました。

「ワインのようにハチミツを楽しもう」という食育セミナーはずいぶんとやったけれど、持続可能性をみつばちを題材に話をするのは初めて。
というのも、今、THCで「みつばち百花プロジェクト」を企画中。
これは別名「ミツバチへ恩返しプロジェクト」でもあります。

搾取するばかりで、何も返さず、それどころか農薬だとか、過酷な労働条件とか、効率ばかりを優先するとか、ミツバチに鞭打っている私たち。
今年の初めぐらいから「ミツバチが減っている!」とマスコミも注目する大騒ぎ。でも、相変わらず、「ハチミツ採れた!」と喜んでいるばっかりで、どうも違うでしょ。。。とミツバチ、ラブ揺れるハートなメンバーたちと中村先生たちであーでもない、こーでもないと恩返しを考え中。

これが一筋縄ではいかんのですよ。
なんといっても、人間はやりたい放題やってきたから。
少々のことではほぐれない。糸口が見つからない。
でも、とにかく食料である蜜と花粉をもっと増やしてあげよう!ということになったわけです。
それが“みつばち百花プロジェクト”
かわいい名前でしょ〜!
日々、花と昆虫の関係に驚かされておりますの。
花は我々のために美しく着飾っているわけではないと思いしらされる日々でもあります。

某企業のチャリティのお金もちょこっと付きそう。
その会議に出たところ、担当者から「このようなプロジェクトは今まであるんですか?」との質問。
養蜂家のグループが栃の木を植えたりとかはあるけれど、業界と関係がない我々のような一般人がプロジェクト化したことはないです。。。と答えたところ、「マイナーなんですね」と念押し。
マイナーな方がいいらしい!
で、マイナーなことをするのが好きな私のマイナー魂に火がついたのであります。

折りしも来年はCOP10。そう、なにやら生物多様性とかで右往左往が始まっています。
そして「ミツバチ、飼いたい」という企業が続出。
はあ。。。

ミツバチの受難の日々、
「ミツバチがいなくなったら4年で人類は滅びる」というアインシュタインの予言と、マヤの予言の年2012年は、偶然の符合?

(アインシュタインの予言の真偽についてはTHCのブログにアップしているので気になる方はこちらへどーぞ)

posted by 風土倶楽部 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ものごとは単純なほうがいい、よね

ワタシって単純。

砂糖を調べていたら、

「ワルモノじゃない」ということがわかって、

誤解していてゴメンね、ゴメンね、

と思っていたところに、

“幸せの青いレモンクッキー”をもらったものだから、
(落下レモンがつなぐ幸せのわ!詳細はこちらへ)

食べてみたら、これがおいしくて、ついパクパクやって、

久しぶりに砂糖とか、卵とか、バターとか入っているものを食べたら、

やたらとおいしい。

で、「コレステロールの数値がものすごく高い!」ってことは急にどーでもよくなってきて、

今度は肉が急に食べたくなった。

で、食べちゃった。

もっと砂糖のことをあーだこーだ調べていたら、

ハチミツはやはり完全食品だ!と思ったりなんかして、

で、やはり落ち着くところはミツバチなんだワ。

世の中の人は、たぶん私のこと、ミツバチフリークだと思うだろうなあ。

ほんとは虫は大嫌い。

二坪畑のブロッコリーの葉にくっついた青虫は、

「いやー」とか独り言を言いながら、ティッシュペーパーでひきはがしている。

葉についてる卵も憎たらしい。

でも、ミツバチはかわいい。

ふわふわの毛も、トラ柄も、針を隠しているオシリも。

ああ、砂糖、難しい。

砂糖はいいんだけれど、異性化糖がねぇ…。

こいつが物事を、砂糖の世界を複雑にしているような気がするのだけれど…。

ナカト先生、いかがでしょうか。



posted by 風土倶楽部 at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

サトウさんはワルモノか…

景気悪いです。
さすがのりんごちゃんも、まったく勢いがありません。
初めての停滞を味わっています。
周りの人に「景気どう?」と思わず、聞きまくってしまいます。
答えはみなさん「だめですねぇ」
まあ、ほかのところもそうなら、仕方がないわけで…。

原稿書きに取り組まねばならない時期になり、いつものようにほかのことばかりやりたくなる。例えば、大嫌いな領収書の整理とか。
楽しいミツバチ活動のホームページ企画とか。

いかん、いかん…と思いつつ、なかなか乗らない。いつものように。
これでほかのことが捗るという側面もあるけど。

今回のテーマは砂糖。
以前からやらねばなあ…と思いつつも、大物だしなあ…と躊躇していた素材。覚悟を決めて、調べてみたら、砂糖悪者説がはびこっていることといったら、ものすごい。ネットで検索したら、「砂糖は害」でどっと出てくる。という私も、甜菜糖や売るほどあるハチミツだったりで、キッチンには白い砂糖は置いていない。

「悪いみたいよ」のウワサになんとなく引きづられていたわけで。
「からだにいいみたいよ」でエコナを使っていた人のことを馬鹿にできないなあと猛反省中。
なんでも知るということは、大切なことです。

ミツバチのことも、今、勉強しなおしているところ。
某養蜂家から刷り込まれた耳学問が、かなりあてにならないというか、間違いが多いことがだんだん判明してきました。
彼が培った技術は貴重なものには違いないけれど、何も知らない都会人が反論できない分野だけになんでも100%受け止めてしまいがち。
そう、都会人は「生産者のお言葉」に弱い。ものすごーく弱い。最近は特に。

技術には長年の勘や養蜂家や農家にしかわからないこともたくさんあるだろうけれど、科学の側面も忘れてはならない。悪いのはそれを忘れて鵜呑みにしていた私です。最近はかなり免疫がついてきた…と、思う。

物事を判断するときには、いくつかの角度から、ちゃんと捉え直してみるという姿勢を維持しておかねば。
そんな暇ないよ!といわれるかもしれないけれど、ここをスルーしていると結局、後で跳ね返ってくるのよねぇ…。

情報が氾濫しているから、本当に必要なもの、正しい情報を選び取るのは実に難しい。



posted by 風土倶楽部 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする