2010年04月29日

ツィッターにようやく参加

よいお天気です〜。
風は強いけれど。

今日は明日、締め切りのmecc賞二次審査のための資料づくり中。ぜんぜん先に進んでいません。やばいです。
なぜかといえば、先日、やまくまさんに誘われて参加したツィッター活用勉強会で覚えたツィッターが面白くなっちまっているからです。登録していたものの、使い方がわからずおりました。

DSCF0664.jpg

司会も上手なやまくまさん。
(こういうことはマメよねぇ…と感心する。朝市のときに次々と現れる美女たちには、マメじゃないみたいだけれど。知れば知るほど、面白い方です)

ネット社会というのは、個々がメディアを手にすることなんだあ!と今更ながら気づいた次第。
ブログだって、ネットショップだって、まだまだ使いこないしていないのに、ツィッターだ、Ustreamだと次々に進化していて、カレイなる日々の身にはなかなか大変です。若いお友達のみなさんにいろいろ教えていただくのが手っとり早いです。
会場にはNGO、NPOの若手の代表やスタッフが大勢来ていて、休憩時間などにがんがんつながりあっていました。この会が終わった後には、今度はネット内でがんがんつながりあうわけで、新しい世界が着実に広がっていると思いましたよ。

3か月前に購入した東芝のdynabookが修理から返ってきました。メイン基板を取り換えたとあります。大当たりしたみたいです。パソコンがないと夜も日も明けません。デジタルな世界の中でつながる人と人、面白いような、不可思議なような世界が広がっています。
でも、そのパソコンも携帯でかなり見られるようになり、ノートパソコンの位置づけがかなり違ってきている。スカイプで話すと、アメリカなのにまるですぐそこにいるみたいだし。カレイなる日々は戸惑うばかり。

ベランダでは大注目のヒメがすくすくとお育ちで先が楽しみです。
デジタルとリアルをバランスよく暮らしに取り入れること。これがネット社会の原則、でしょうか。

DSCF0662.jpg

ヒメイワダレソウのヒメちゃん。
ヒメちゃんパワーはすごいらしく、楽しみなような、コワイような。
でも、毎日、見るのがとっても楽しみ!
岩手県紫波町と連携し、有用性の検証を始めました。
詳細はこちらへ。

posted by 風土倶楽部 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

待つのがすてき

春らしい陽気になってきましたね。
先日、NHKの番組を見ていたら、野崎洋光さんがミツバチの巣箱を庭に置いたといって写真を見せておられたので、「おや、そんな話は初耳!」と思い、早速、電話してみたら、「入るかどうか、待っているところ」とのこと。

DSCF0625.jpgでは、一度ぜひ見たいといったら、ちょうどガーデンパーティをするからとご招待をいただいたので行ってきました。前回訪問してから、8年ぶりくらい。

肝心の巣箱は…うーん、どうかな。
庭には西洋ミツバチが来ていたけれど…。

DSCF0631.jpg

でも、ミツバチを連れてくれるのではなく、待っている野崎さんは、相変わらずさすがだと思ったのでありました。いろいろよくおわかり(ミツバチのことはわかっておられなかったけれど)の方です。ただ、この巣箱はねぇ…待つのなら、もっとプリミティブなものでもよかったかも(笑)

国分寺のみつばち百花プロジェクトは今年2年目。先週、冷たい雨の降る中、巣箱を設置してきました。

45018975_2920659476.jpg

45018975_3084931397.jpg

今までの花粉をまずはチェック。
相変わらず見ているだけ〜の私。
今日あたり、飛び回っているだろうなあ。
もう1箱、同時にある都心の場所に置かれることに。
これは学術的な目的で。そちらは環境がハードそうだから、明暗を分けるかも。
三鷹の二坪畑は満開のルッコラの周りでものすごく忙しそうに飛び回っていました。日本ミツバチ。どこから来るのかしら?

DSCF0592.jpg


posted by 風土倶楽部 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

地域猫ミーちゃん

うちのそばにあるマンションの1階で時々出会うトラ猫。
愛想がよくて、道路端で遊んでくれる。
おうちはここ。

DSCF0589.jpg

DSCF0585.jpg

この子はどこの子?と以前から気になっていたら、なんと「地域猫」だった!
地域ネコのみーちゃん、というサイトまでありました。
フリースとか、ホカロン(貼るタイプじゃないのがお好みだそうです。接着剤が取れなくなるそうで…)などの差し入れがあり、快適な冬を越していたみたい。

あー、すっきりした。
早く近くまで見にいけばよいのにね。
お店に用がないと近づきにくくて。。。

こんな記事をアップしていたら、人間のみっちゃんにまた笑われそうだにゃー。

posted by 風土倶楽部 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業とミツバチの接点

寒い4月です。こういう年は5月のGWが夏日になるとか。
冷静沈着な友人が「41年前にも4月に雪。ということは気候変動は今に始まったことではないよねー」と。ふーん、なるほど。
キャベツやレタスが高騰中と報道。採れないなら食べなきゃいい。冷凍だって、レトルトだって、干し大根だってあるんだから。いちいち大騒ぎしすぎでしょ。天候はいつの時代も不順なものなのよ。

ミツバチだって、いつのまにか環境指標の生物みたいにいわれるようになって、「おいおい、ほんと?」と疑問を呈していたところにタイムリーに講演を頼まれたから、「ちょっとはまじめに考えてくださいねー」というのをやってみました。
鹿島建設地球環境本部環境室のニホンミツバチプロジェクトの担当の方から参加申し込みがあったので、こなれた会社だなあとちょっとびびりながらも、意見交換を楽しみにしていたら、結局、参加はなし。お忙しかったのでしょうか。懇談会という位置づけの集まりだったから、意見交換にはちょうどよかったのですけれど。
というわけで、みつばち百花のブログで意見交換を呼びかけているところです。

参加された大手企業の方から生物多様性で鋭い質問が来るのかと思ったら、特になし、でした。
質問に備えて、かなりあーでもない、こーでもないと考えたので、おかでさまで私としてはいろいろ学ぶことが多かったです。

ミツバチの視点でみた環境指標というのを一応ご提示しましたが、大手ゼネコンの環境関連部署の方たちは、なんとお感じになったことでしょう。企業とミツバチ。ちゃんと生態からじっくり考えて取り組めば、なにか新しい方向性は出ると思うけれど。

少なくとも大企業なんだから、ハチミツを採る習性をもったミツバチがハチミツを生み出したからといって、それだけで「ここは環境がいい」などと能天気なことで口を濁すようなことはしてほしくないです。まして、自分たちは環境にいいことをしているなどと勘違いしないでほしい。
ミツバチを犠牲にしていることをちゃんと認識してほしいですね。
生態系を封じ込めた東京の街づくりの果てにヒートアイランドや過密の問題があるわけで、それがすべてミツバチで解消するわけないでしょ。
「土」ですよ、土!これがないと、生態系は豊かにならない。それを捨てた東京でミツバチだけに負担を加えて、好転させられるような幻想を売りにする愚にそろそろ気づいたほうがいいですよ。
まあ、世の中、幻想だけで進んでいるといえばいえますから、仕方がない部分もあるけれど。政治なんて、もろ幻想の連鎖ですもんね。その連鎖の果てに自ら首をしめられていくのは庶民、というわけで。。。

人間が抱くイメージが貧困になったから、イメージで支配されがちになる、そんな気がします。その大きな要因のひとつが自然との乖離だと思います。人間以外の生物が置かれている状況に思いをはせることができない。現代病のひとつかも。

ブログに鹿島とか、ニホンミツバチプロジェクトとかの検索ワードがまったくなし。世間的な関心は薄いのかな。
相変わらずさんま、黄金、気仙沼、のワードは多いけれど(笑)


posted by 風土倶楽部 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

黄金さんま缶、大人気!みたい

昨日から、黄金さんま缶の注文がちょこちょこ入ってきていて「?」
八木澤商店に聞いてみたら、「荒川強啓デイ・キャッチ!」というラジオ番組で紹介されたとのこと。
どんなふうに紹介したのかしら。

検索ワードが黄金さんま缶のワードだらけ。アクセス数も普段より100ぐらい多い。みんな、美味しいものに対しては貪欲ですねぇ。もう検索しまくっている、そんな感じです。
普段は「りんご」だけのお客さまが多いけれど、今は「さんま」だけ。みなさん、さんましか見えないみたい(笑)

明日の展開、どーなるんだろうなあ。
久しぶりに講演の準備を念入りにしました。初めてのテーマだし。というか、こんなテーマで話をするとは思わなかった。とほほ。
自分で蒔いた種から出た芽の前で懺悔してきます。。。はあ。。。6年間の集大成だわあ。




posted by 風土倶楽部 at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

みつばちを通してみた東京の生物多様性のあり方、を話すハメに

最近、花にミツバチが来ていると幸せな気分になるというマニアック道をひたすら進んでいる私。
ついに「みつばちを通してみた東京の生物多様性のあり方」なんて講演をするハメに。日本地域開発センターから頼まれて、仕事仲間のようなものなのではい、はい、と気軽に引き受けてしまった。
でも、考えてみれば、今年は「生物多様性」がテーマで企業のみなさんは右往左往。おまけに銀座やらなにやらでミツバチを活用した都市部の活性化に注目が集まっている。

はっきりいって、「みつばちを通して東京の生物多様性なんて、そう簡単に言わないでよね」というのがみつばち百花のスタンスなんで、期待に沿える内容になるのかどうか。
折りしも、中村先生が「鹿島」を名指しでがんがんブログに問題点をアップしちゃった直後。その鹿島のお方たちも参加ということで、講演会は炎上しちゃうかもよ〜と担当に言ったら、「どんどん炎上してください。懇談会なので大歓迎です。火消し役は司会が勤めます」との力強いお言葉(?)

参加者リストをみたら、ずらーっと大手ゼネコンさんのお役職の方々。ありゃ、ま。どうなることやら。
ゼネコンとミツバチかあ。やはり環境指標とやらにご興味が?
私的には、懺悔と罪滅ぼしとを一気にやっちゃう、そんな感じかなー。
それにしても、都会人と生き物の距離は遠くなってしまったからこそ、こんなテーマがありうるのですなあ。
過疎地に行けば、今年もそろそろ山菜採りの地元民と冬眠から目覚めた熊の遭遇が始まりそう。

国分寺のフィールドに昨日行ったら、植えたのらぼうに日本みつばちが来てくれていました。
ハチミツをいただかなくても、なんかしあわせー。やっぱりマニアック?

DSCF0566.jpg

posted by 風土倶楽部 at 11:18| Comment(1) | TrackBack(0) | NPO法人 みつばち百花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

カラダが喜ぶ酒の友、とのことです

ecocoro.jpgecocolo No.49「特集 幸せを運ぶお酒」の「カラダ喜ぶ 酒の友」で「りんご」を紹介していただきました。お酒とドライアップルかあ…。ワインとかウィスキーとかとは相性がよさそうです。
来月号のLEE(集英社)でも、有名なスタイリストの方の推薦で紹介していただけるそうです。
ありがたいことです。

12月中旬にたまには広報活動してみようと、雑誌を80ぐらいピックアップしてバレンタインやホワイトデーにドライアップルを、というリリースを出してみたけれど、反応はゼロ。
どういう方たちにおいしいといってもらえるか、日常のお供にしたいと思ってもらえるかが重要で、そんな方たちにどうしたらアプローチできるのか、です。
おかげさまで「りんご」は、いい輪の中に入れてもらえているようです。

DSCF5052.jpg年末に掲載してもらったエリカ・アンギャルさんの「世界一の美女になるダイエットバイブル」は、東京朝市で置いていると若い女性が「あ!これに出ているんだ!」と言って寄ってきてくれます。昨日は、エリカさまとお仕事をしているらしいモデル風の方が購入。ファッションに関心の高い若い女性の間では、どうやら例の本はかなり認知度が高そうです。
エリカさま効果はとくに顕著に売上げに現れているわけではないけれど。わかんないだけで、こういうのってジャブみたいに効いてくるのかも。
(この本で見たから、サンプルを送ってくれという渋谷の会社から連絡があり、表参道で買えるといったのにサンプル送れを繰り返すので、出したけれど、それっきり。相変わらずサンプルの法則は健在)

やまくまさんがツィッターに大きな関心を寄せていて、昨日の朝市ではかなり熱心に活用していました。効果のほどは…結局、仲間内でお互いを確認したというところにとどまったけれど、なにか得たいのしれない可能性を感じさせられます。紙媒体から、ネットへ、急速な展開です。ついていくのが大変。。。
イベントへの出店も、そろそろ曲がり角かなあ。
というか、お疲れです。
戦略立て直さないと…やまくまさんにすごくいい提案をもらったし。
やまくまさん、なかなかのお方ですぅ。




posted by 風土倶楽部 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ビルの屋上で飼われるミツバチの受難

今週末で桜も終わりですねー。
鹿島建設が名古屋でCOP10をにらんで、12階のビルの上にミツバチの巣箱を置きはじめたと報道されています。

この愚行の意味がわからん鹿島も、メディアもどうしようもないです。
そもそもそんな高いところにミツバチは自分では絶対に巣をつくらない。
ビル風が強くて、洗濯物も干せないところ。
それがどうして生物多様性につながるのか。
メディアの記事を見たければこちらへ。
社員が馬鹿みたいに巣板をもって写っています。
愚かさを晒しているということがわかっていない哀れなシーンです。

生物のこともわからないで、なにが生物多様性なんだか。
そういうところをつっこまない大手メディアの愚かさにも腹立たしい。
うんざりです。

屋上で飼おうと、どこで飼おうと置く人の自由だけれど、それを環境にやさしいとか(どこが!)、自然との共生だとか、生物多様性を証明するとか言うな!です。
このあほらしさがわからない人類は、やはりアインシュタインの予言通り滅亡するんではないでしょうかね。

ミツバチが減っていると騒がれ、地上では巣箱盗難などというかつてない「事件」が起こっている今、屋上で、あー、減っちゃった、死んじゃった、また、新しい巣箱を持ってきたらいいね、を繰り返してどーする!

ミツバチがなぜ屋上は嫌いかをくわしーく知りたい方は、みつばち百花のブログのこちらへどうぞ。
「みつばちの気持ち by Junbee」をみればわかります。


posted by 風土倶楽部 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO法人 みつばち百花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ポカリの威力

旅先の盛岡で急に具合が悪くなり、悪寒と発熱が襲ってきたので予定を切り上げて新幹線に飛び乗った。が、悪寒はますますひどくなり、仙台あたりでピーク。果たして無事三鷹まで辿りつけるのか、と不安に。

そんなとき車内販売のワゴンの中にポカリスウェットを発見!25年前にエジプト旅行をしたとき、水あたりでひどい状態になり、抗生物質を飲んでも効かず、ルクソールのシェラトンで途方にくれていたとき、添乗員が[医者はいません。だまされたと思って、これを飲んでください」と渡されたのがポカリスウェットの顆粒だった。ミネラルウォーターに溶かして飲んだら、1時間後に深い眠りの中に引き込まれ、次に目覚めたときにはすっかり回復していた。
この経験をもとに今回もポカリ様のご利益に〜と半信半疑で飲んだところ、またしても効きました!!!東京駅に着くころにはなんと悪寒がとまりかけていた。というわけで三鷹までなんとか辿りつけました。帰宅して熱をはかったら、やはり38度近くあったけれど、その後、徐々に下がり、ふたたびポカリ様を飲んで、寝てみたら、翌朝は熱も下がり、節々が痛むものの、OK。
ポカリさまさまでした。

こういう経験をすると、農薬も必要なときがあるわよね−と思うのです。みなさんも、ポカリ様をなにかのときに試してみてください。

posted by 風土倶楽部 at 22:19| Comment(1) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

子どもに教えるのは難しい

今日は、みつばち百花として「ミツバチの危機と私たちの暮らし」というセミナーをやってきました。6人も子どもが参加していて、いやー、冷や汗ものでした。大人に話すより難しい。
とっても礼儀正しい子どもたちばかりで、最後にはちゃんと「ありがとうございました」とご挨拶にきてくれました。
日本もまだまだ大丈夫そうです。
政冶をみていると、日本はこのまま終わるのか…とうんざりするけど。

某ホテルの庭に蜜源植物として有望な某がはびこっていて、捨てているのでもらってくれれば、という話が舞い込み、現地に行ってみたら、本当にものすごい勢いで繁殖していました。
これは移植するにも注意しないと。

都内の一等地に広大な敷地をもつ某ホテルは庭も広大。桜の花やしゃくなげが咲いているけれど、ミツバチはまったく発見できず。寒いからかな、と思いきや、手入れを担当している人に聞いたら、ほとんど見ることがないとか。
緑がたくさんあるように見えても、「住みたくなる」環境ではないのかも。緑の砂漠?そういう都会に最近は巣箱を設置したいという話があっちでもこっちでも。そもそも生息したくないところに巣箱を持ってきて、ハチミツが採れたからといって、環境にやさしいとか、人の住むところとして環境がいいとか、どうしていえるのかしら。
ミツバチは、ほとんど花粉も蜜も出さないイチゴだけの畑が広がるハウスの中でさえも、4ヶ月はなんとか生きている。どこかからでもハチミツを採ってこようとする生き物なのだ。

と、また、ミツバチの話になってしまった…。
ひとつのことをずっとやっていると、そこから見えてくるものが多くて。また、それが面白くて。。。


posted by 風土倶楽部 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

バーチャル、ときどきリアル

桜、桜、今、舞い上がる♪
今年は、郷里の桜の開花にうまくあわせられず残念。
ツィッターを登録してみたけれど、さっぱりわからない。
ためしに風土倶楽部で検索してみたら、つぶやいている人がいてびっくり!おまけに「すごくおいしい」とつぶやいていてくれている。ありがたいやら、うれしいやら。フォローしようかと思ったけれど、なんだかわざとらしく、めんどうだと思うわれるかもしれないのでやめました。

それにしても、みんな携帯を一日中、のぞいているのかしら?
人のつぶやきをずーっと追っかけているの?
私は、mixiと3つのブログ(これと、風土倶楽部と、みつばち百花)だけで手一杯です。

g-mailを使ってみたら、携帯さえあれば、パソコンを持って歩かなくてもほぼOKだということがわかった。
ロジクール(スカイプも)をしてみたら、無料で友達とまるで会っているみたいに話もできる。
新聞を読まなくても、ネットをみれば、いろいろな情報は得られる。
テレビから、ちょこっと情報を得たら、あとは自分でネットで調べれば、たいていのことはわかる。

私ってネット依存症かも。
これでツィッターにはまったら、ほとんどマトリックスの世界か。
画面の中でなんでもわかったようなつもりにならないようにしないと。

ぜんぜん話は違いますが、神戸の旧居留地にあるフレンチレストラン オルフェで飛び切り美味しいランチを食しました。
神戸に行かれるときには、ぜひ、お立ち寄りください。
久しぶりに美味しくて軽い興奮を覚えさせられました。
たまにはリアルな世界でガツン!がないとね。

DSCF0372.jpg

フレンチに満足して帰ってきたら、実家近くの桜の花から花へと忙しそうに飛び回る日本ミツバチを発見!
広田神社に住んでいるのかな。
そいういえば、昨年まではミツバチに気がつかなかったなあ。

posted by 風土倶楽部 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする