2010年06月29日

1Q84・・・

今日は久しぶりに涼しい風が吹いて気持ちいい。
蒸し暑い夏はどうも苦手。
おまけに気分のすっきりしないことがある。
なんか私って、思い切りピエロをやってんじゃないのか…などと思う。
NPOはうさんくさい、などといまどき言っている人々に対して、なにをもってして「胡散臭い」と言っているのかと面と向かって問いただしたい衝動に駆られる。
と、ここで見えない敵に対してあたってもなんの意味もないですね。

村上春樹の「1Q84」を読んでいたら、だんだんこんな気分になってきた。ということは、これはヒトの悪意とか、焦燥とか、日常の裏側にあるものを引き出そうという物語なんだろうか。実態をつかみにくい見えない敵こそ、リトルピープルなのか?人の心に忍びこんでくる得たいの知れない、でも、誰もが持っている形にならないもの。
それに気づいて自分に向き合うときに月は二つに見えるのか?

暗い小説。
やたらと仕掛けは凝っているんだけれど、そんなにひねくりまわさずもっとはっきり言ってよ!みたいな感じ。って、これが春樹流なんだっけ?もちろん最後まで読者をひっぱっていく力量はすごいけど。

どうしてこれがベストセラーなんだろう。
みんな、こういう小説を読みたいの?
貸してくれたKさんが、「3はもういい」と言っていた意味がわかります。

3では、いろいろなことが説明されているみたいだけれど。でも、それってずるい。まるで映画「ロード・オブ・ザ・リング」のやり方じゃない。映画の方は3でそれなりのカタルシスを味わえたけど、ネットで人の感想を読むとどうやら3はそうじゃないみたい。

80年代の終わりにロンドンにいたころ、友人がわざわざ出版されたばかりの「ノルウェーの森」を送ってきてくれた。「そろそろ日本語の活字が恋しいころだろう」と。気のきいた友人がいたものだ。そういえば、彼は東ドイツの壁が壊された直後に仕事でかの地に出かけたときも、その壁のかけらをお土産に持って帰ってくれたっけ。石はどっかにいっちゃったけど。私はお土産にエルメスのスカーフがほしかったんだっけ(笑)

1Q84に出てくる「ジュンコ・シマダのスーツ」だとか「シャルルジョルダンの靴」とかの小物のディテールがとっても懐かしかった。

「ノルウェーの森は」ものすごく喜んで読んだのに、まったくなにも覚えていない。まったくゼロ。どういうことなんだろう。

羊をめぐる冒険も読んだのよねぇ。

でも、覚えていない。

ということは、1Q84も、20年後には(生きていたとしたら)「読んだっけ?」なんて思うのかしら。

思うな、きっと。

だって、今までよりもっと忘れっぽくなるから(笑)
「空気さなぎ」の単語ぐらいは覚えているかな。

DSCF2083.jpg

サッカー残念でした。試合は若干劣勢だったから、PKにそれが凝縮されたと思う。その凝縮籤をひかされた駒野くんが一番の貧乏籤。それを当ててしまう彼の背負っている運は、どこか1Q84につながるなあ。

春樹さんの小説は、完全にフィクションなのに現実とどこかでつながるところがすごいところなのかもねぇ。
「アンダーグラウンド」を読みたくなりました。

ツイッター、240になりました。もうツイート、なにがなんだか…
といいつつ、白戸次郎と孫さんはつい見てしまう。
孫さん、ほんとに龍馬のこと好きなのね。

やたらめったらつぶやいている人って、パソコンや携帯に打ち込んでいる時間を費やしているわけでしょ。それぐらい暇な人が多いということ?

最近、つぶやくのめんどーでほとんどやってない。
ブログも。


posted by 風土倶楽部 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ツイッターのその後

毎日が飛ぶように過ぎていくのは幸せなことなんだろうか。
うん、たぶん、幸せなんだろう。

米国から一時帰国していた弟は、日本はもう終わりだねー、などと気易く言う。鉄鋼などという私とは真逆のワールドワイドなビジネスの渦中にいれば、いろいろと見えてくるものもあるんだろう。
確かに明るいネタはないもんね。はやぶさくらいのもんでしょ。
急に予算をつけるなんて言っているけど、またしてもポリシーがないことが露見したみたいなもの。最初から、こういうことこそ予算をとって…とか言っていれば、少しは信用できたのになあ。
困ったなあ。票を入れる先がない…。

ツイッターのフォロワーさんがミツバチの方(@38100hana)は210を超えました。
風土の方(@fudoclub)は100ちょっと。両方かぶっている人もいる。
ちょうどいい感じ。
時折、1000以上のフォロワーを連れた人からフォローが入るけれど、案外、数ばかり追っかけている人が多い。で、リフォローしなかったら、解除して去っていく。まあ、それはそれでいいし。
だいたい200でも、ほかの人のツイートをチェックするのが大変。
でも、しかるべき人とフォローしあうと、実にいろいろな情報が入ってくる。そのためにはこちらもしかるべき情報を発信する必要はあるけど。

各地の花やミツバチ情報も、面白い。
ふつーに花や虫と毎日、交流しながら暮らしているふつーの人々からのツイートにほっとする。

花のアイコンばかり集めている人がいて、2000集めたところでフォロー規制がかかってしまったと嘆いていたのには笑えた。暇人だなあ。

個人アカウントの方は、いろいろなオピニオンリーダーをフォローするだけ。みんな、いろんなことを言っています。たった140字だけれど、実力みたいなのが垣間見えて面白いですよ。政治家のツイートは…概ねつまんないです。

みなさんもいかが?




posted by 風土倶楽部 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

もう宇宙にしかロマンはない、のかも

はやぶさの最後には、日本中の人がうるうるしたのでは?
野口聡一さんのツイッター
「これを見て泣かずにいられようか 

つゆと落ち つゆと消えにし わが身かな なにわのことも 夢のまた夢 

http://bit.ly/babxqH

The final moment of Hayabusa, incredible shot from NASA aircraft.」

ダウンロードして、思わず一緒に涙しながら見ました。

野口さんが送ってきてくれた宇宙からの地球の画像にもなんどもため息をついたものでした。
地上では、戦争や飢餓、エイズなどの病気、消えていく緑、砂漠化、温暖化(これはほんとか?と常々疑問)、高齢化とさまざまな悲しみと苦しみが渦巻いているのに、宇宙から見る地球はとにかく美しかった。

人類がいなくなった後も、ネオンこそ消えるけれど、地球はしばらくこんなふうに美しい惑星でありつづけるんだろうなあ。

はやぶさの成果がちゃんと次につなげればいいのだけれど。
科学技術に対して、「2番じゃだめですか!」なんてどなっていた人が大臣になっちゃってるんだもんなあ。1番になる気概、これこそ日本が今一番必要なものでしょうが。
あの人、なにか実績あるの?民●党には不安がいっぱい。見守るほど日本は余裕ないのに。かといってほかの選択肢があまりにも…
「どういてこんな国になってしもうたがじゃあ…」と思わず叫びたくなる。

はるか彼方の宇宙で通信だけで機械にさまざまな指令を出して、動かすなんてすごいなあ。最後まであきらめなかったJAXAの人たちがとにかくすごい!

久しぶりに熱くさせられました。
あ、龍馬伝で毎週熱くなってるか(笑)

梅林で梅収穫してきました。風土倶楽部のブログへどうぞ。

posted by 風土倶楽部 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

地球には人間はいらない、らしい

相変わらずです。
友人に、「女王蜂と働き蜂と同時にやっていたら、大変よねー」と鋭い指摘をされました。

た、たしかに。。。

誰も、ローヤルゼリーを飲ませてくれないのに。。。

あ、ちなみにローヤルゼリーは、まだ、どう効くのか解明されておらず、ほとんど影響ないらしいです。女王蜂の体重が200mgほど。毎日食べて1000個の卵を産んでいるからといって、人間に効くほど飲むためには最低でもティースプーン1杯ぐらいは必要。
極微量が化粧品に入っていたとしても・・・です。
ま、なんでもイメージだから、「効くのだ」と思って飲む、肌につければ、それなりになにか効果は出てくるのかも〜。

信ずるものは救われる。

福島県飯舘村を「ミツバチと一緒に村づくり」を提案するために訪問をしてきました。詳細はみつばち百花のブログをどうぞ。
この後、来週は国分寺市カフェスローでスタッフを対象に、週半ばには公民館で一席、7月上旬には岩手県紫波町、下旬に国立市、8月下旬に某企業の集まりで一席・・・はあ、ミツバチで地域づくりを語るとは思わなかったなあ。

まあ、これも無知なるがゆえに都会の屋上養蜂に火をつけ、ミツバチの受難をつくってしまった罪滅ぼしと覚悟を決め、やるっきゃないです。
なんか、こう、ミツバチの戦略にはまったような気がする今日このごろです。憑依されたというか、脇が甘かったというか・・・。でも、まあ、新しいつながりも生まれているわけだし。憑依されついでにコスプレしようってメンバーに提案したら、いやだって言われちゃった。仕方がないので、コスプレ部門は高校生に譲ることにしました。このあたりのことも、百花のブログをどうぞ。

花里孝幸著「自然はそんなにヤワじゃない 誤解だらけの生態系」を1日で一気読了。珍しいこともあるもんです。最後まで、「で、人類はどうよ。生物多様性は人類にとってなんの意味があるのよ」とドキドキしながら、つい一気してしまった。

結論。人類は、このまま生き残りの戦略を持てないような気がします。それが人類の宿命なのかも。生物の一つだから、環境に適応できなければ、十分滅亡する可能性もある。そんな道を歩んでいるんだろうなあ。
「地球には人間はいらない。だが、人間には地球が必要なのだ」
この言葉に尽きますね。

posted by 風土倶楽部 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

何を信じていいのやら

新首相の支持率とやらが急上昇中。
どうしてそんなにすぐ支持する気になるの?
アップダウンが激しすぎでしょ。
急に信じて、また、ださまれた〜ってがっかりすることになるのがオチよん。

でも、世の中の人は信じやすいのだ。
いや、何かを信じたい。言い返せば、何かにだまされたいと思っているのかも。

「きっこのブログ」は好きじゃないけれど、たまにのぞいてみる。
今回は、なかなかいい内容でした。
テレビによるコラーゲン詐欺

よくぞ言ってくれました、です。
「危険」を煽って、あるいは「効能」を謳って商売するという典型ですね。

なんでも煽るのって簡単なんですよね。
刺激的な言葉を並べればいいのだから。
あるいは心地よい言葉?
「環境に悪い!体に悪い!」という言葉はけっこう心地よかったりするのかも。一つのわかりやすーい判断材料を与えられるわけだから。

10年以上前に食のムックを作ったりしていたころは、「農薬」とか「有機」「添加物」という言葉に私も反応していたけれど、最近はもうそんな視点では語れない。この感覚はどこからくるのか、と今、自問自答しているところ。

まだ、確信がもてないのだけれど、別の視点が必要になってきている、そんな気がして仕方がないです。
なんか・・・こう・・・だまされないぞ・・・というそんな感覚かな。

posted by 風土倶楽部 at 12:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする