2010年08月29日

オンナでいるために必要なもの

2010年はあと4カ月かあ。
マンションの大規模修繕が9月中旬から本格的に始まるのでベランダを整理するのに追われている。購入したときには10年後の修繕期にはどこかに引っ越している予定だったのだけど。
うっとうしい3か月になりそう。どこかに逃げたい。

このところ、別々に2人に風土倶楽部のようなビジネスをやっていてうらやましいと言われた。
人からうらやましがられるなんて最高の幸せのようだけれど、実態を知ったら、そんなことは絶対に言わないだろう。
極小であることの気軽さと無力さにうんざりする。
かといって、銀行からお金を借りて拡大する度胸もないし、欲もない。
野望、なさすぎかも。
「社長の器以上に会社は大きくならない」のが法則だとか。
ということは、大きくはならないだろうなあ。
拡大にはまったく興味がないけれど、土は欲しい。
これが一番難しいのかも。

と思わず率直に語ってしまうのは「SEX AND THE CITY」の影響か…。

ヤフーのGyao!でシーズン3までが無料配信されていて、遅ればせながらすっかりはまってしまった。
単なるファッションや恋愛を中心としたニューヨークのライフスタイルを描いたテレビドラマだと思っていたら、これがなんと生きる意味を問いかける深淵なるものがたっぷり含まれていてすばらしい!そして、よくぞここまで赤裸々に語ってくれます。

女優がすごい!ここまでセックスをテーマに赤裸々に語りあうセリフを言い、さまざまなシチュエーションを演じているのに、過激なだけでなく、ちゃんと品よく、きっちり等身大のリアリティも感じさせる。これぞ、女優!だと感心しまくる。

主人公たちは、オンナの匂いをむんむんさせてニューヨークを舞台に恋に七転八倒するわけなんだけど…
最近、ドキッとした言葉。
オンナはオンナでいようと努力しないとオンナでなくなる。

いや、まさに。
努力してない。やばい。
かなりやばい。

でも、こっちも欲がないのよね。。。

ドライフルーツを売っている間に自分がドライウーマンになってたりして。


posted by 風土倶楽部 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする