2011年01月24日

リアルすぎてうそっぽい

我が家に地デジがOKのテレビ様がいらして半月たった。

量販店でみたときは、そんなに大きいと思わず、40型を購入。
到着したその日に、思わず「デカッ!」とつぶやいてしまったほど大きく感じたのに、友人の「すぐに慣れる」という言葉の通り、1日で慣れてしまった。

昨夜、放送された「レッドクリフ」を観て、ちょっと妙な感覚に襲われた。
映画館で観たときよりも、画像が鮮明で、じゃあ、よりリアルに感じるかといえば、よりウソ臭く感じてしまう。
映画館の大画面だと真ん中辺だけ追っかけているわけで、おまけに字幕だともっと忙しい。
ところがテレビの大きさは全体を見渡せる。細部を追いかけることができる。
鮮明すぎて、空気感まで伝わってきて、撮影している感じが伝わってしまうのだ。
「カット〜!」とかいう声まで聞こえてきそう。
だいたいあの時代の火薬が、あんなに大爆発するとは思えず、派手に仕掛けているなあとしか見えなくなる。
トニーさんのお肌の状態までくっきり。
衣装の質感もばっちり。

地デジ、恐るべし。

こうなると、時代考証は大変だろうなあ。
以前なら、「こんな感じ」でよかっただろうに、「鮮明さ」とはやっかいなもの。
むしろ、「アバター」のようなすべてつくり物の方が、物語そのものがリアルに感じられるという変な状況が生まれるかも?
これで3Dになったら、どうなるんだ?
最終的には、画面の中に自分が入っていくというようなことになるんだろうか?
そうなると、「マトリックス」とか「トータル・リコール」みたいになっちゃいそうだなあ…。

いや、リアルな画像なのにストーリーの中に入って行けないなんて、これは私の想像力が枯渇しつつあるからかもしれない。

地デジのせい? カレイなる日々のせい?

最近、髪のボリュームがなくなってきたような気がする…。


posted by 風土倶楽部 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

トヨエツだけか・・・

寒い。
酷暑とどっちがいいかと言われたら、寒い方がいいかも。
床暖房あるし。

大河ドラマは、ついに日曜創作時代劇になってしまった。
歴史好きなカレイなる日々にとって、楽しみが一つ消えつつあります。
保奈美も、年齢には勝てない。久しぶりにみたら、そうそう、この人、目つきが悪かったのよね・・・なんて思いだした。
トヨエツの信長はなかなかよろしい。色気があります。観るべきものはそれだけだった。
まあ、今年は春から「JIN」があるから、そちらに期待しよう。
年末の再放送がよかった。話は荒唐無稽なんだけれど、江戸時代という舞台を丁寧に描いているから面白い。武田鉄也が緒方洪庵に扮した最後の回が好き。2回目観ても泣けた。
TBSの日曜劇場が大河ドラマ化してしまうなんて、皮肉だなあ。

9日に恒例の玉川大学ミツバチ科学研究センター主催による研究会があった。
年々、規模が大きくなり、今年も300名を上回る参加者となった。
内容は、みつばち百花のブログにそのうちアップするけれど、この会場で長崎から来た養蜂家が質問タイムに発言した内容に仰天。
「長崎県では、ネオニコチノイドという農薬を推奨している。そのおかげで今や、ミツバチはもちろん、ハエも蚊もいなくなり、鳥も姿を見せない」
長崎県はとんでもないことになっているらしいです。
昨年の夏は、肌を露出していても蚊がまったく刺しにこなかったんだそうで・・・。

長崎県は農業県です。それほど「沈黙の春化」しているのなら、そこで産出される農産物はすぐに調査するべきことだし、出荷だって見合わせるべきなのでは?
この方、最近、本も書いていて、あちこちで講演しているから、たぶんあちこちでこういう発言をしているはず。長崎県や県人は知っているのかな。
農業者に対して、ものすごく失礼な、傲慢な発言だ。県人でなくても腹立たしい。
こういう人に「ミツバチ助け隊」なんてやってほしくない。
そもそも助けなくったって、ミツバチはちゃんとやっていっている。彼らの営みの邪魔をしなければいいのだ。

こういうヒステリックな発言や講演が最近、目につく。
ネガティブな内容は、テレビの報道などを観てもわかるように「人の不幸は蜜より甘い」から、とびつきやすい。危ない話、怪しい話も大好き。講演者は危険を煽る内容であればあるほど、「できるだけ多くの人に知らせなくっちゃ」なんていう心やさしい(?)人々が、うちでも話して・・・なんてことになるから、講演にお呼びがかかりやすくなる。(これで食べている人さえいる)で、つまんない、裏付けのない話があちこちでささやかれることになる。
ささやきあっているうちはいいけれど、そのうち調べもしないマスコミが取り上げて・・・

うちのメンバーさんが、早速、長崎県特産品販売所で「虫がいないそうですね」って聞いたら、「たくさんいますよ」という答えだったそうですけど。
天下のNHKが時代考証もちゃんとできない大河ドラマを堂々と流すぐらいだから、そのうちテレビで「長崎は沈黙の春化している」なんてやるかもね。

posted by 風土倶楽部 at 11:57| Comment(4) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

捨てつつ溜めるシンプルライフ

あけまして おめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

スマートフォンとようやくちょっと仲良くなりつつある。
なるほど〜。アンドロイドとか、クラウドの便利さがだんだんわかってきた。
ネットの中に自分の世界を構築できるクラウドってステキ!
いつでも、どこでもドアなのだ。
すごい世の中になってきましたね。
人間はどこまで便利になればいいのでしょう。

ところで物欲がぜんぜんありません。
「バーゲン」「Sale」の文字に心躍らせた日々が遠いです。
これは煩悩がなくなり仏の道まっしぐらでよいことなのか。
生命力の衰えと危惧すべきことなんだろうか。
むむむ・・・。

断捨離なるものが流行っているとか。
年末から、5年間見ないような資料、着ない服は不必要とばっさばっさ捨てているけれど、まだ、捨てきれない。
がんがん身辺整理をしていくと、最後に何が残るのかなあ。
今、それに一番興味がある。
シンプルライフが今年の、いや、これからの目標かな。
カレイなる日々を豊かにする基本はシンプルライフなのだ、と思う今日このごろ。
2005年9月から続けてきたこのブログ。
6年目に入り、テーマはやはりカレイなる日々だな。

あれっ!あれれれ〜!!!

書類はがんがん捨てているけれど、今度は、ネットの中にどんどん溜めこんでいるだけか?
ありゃ・・・シンプルライフ、難しいです。

posted by 風土倶楽部 at 15:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする