2011年03月19日

ネットに頼る日々

大震災と原発事故で被災、避難されている方々に心よりお見舞い申し上げます。
地震当日は、自宅で仕事中でした。
あんなに長い恐怖を味わったのは初めてでした。
でも、あれはもっと長い恐怖と悲しみの幕開けにすぎなかったのです。

地震以来、テレビは付けっぱなしの状態だった。
何度か津波の猛威を見せられ、絶句したが、その後のメディア情報には限界を感じることの方が多かった。
どうしてどこも同じような情報や画像しか届けられないのか。
単に情報の混乱と停滞を引き起こしているにすぎないのではないのか。
特に原発事故の関連情報では、すごく詳細まで情報を流しているわりには「で、本当のところ、どの程度危険なの?」というのはまったくわからない。

一番欲しかった情報は、友人たちが無事かどうか。友人でこれだけ心配なのだから、家族ならどれほどの心持だったろう。
避難所は映しても、なぜか避難している人は映さない。壁に貼られている安否情報も映さない。それって個人情報保護法からできないの?
テレビを観ている人が一番欲しいのは、生存している人の顔、そしてその名前一文字なのに。
陸前高田の河野さん一家の消息が知りたくて、陸前高田が映されている報道をはしごしたけれど、結局、最後まで映してもらえなかった。東京に出張で来ていた和義さんから、「一家全員無事確認できた!」という電話をもらって、ようやくほっとした。

地震以来、欲しい情報はすべてネットから。
結城先生はしばらく電話が通じなかったので、ツイッターで検索したら、無事とのツイートがあった。今日、電話でお話しすることができた。
「時間がかかるけれど、根本的なところから組み直していかないとね」とのこと。
政治も、メディアも、既存の巨大な機構が機能せず、音を立ててガラガラと壊れていく今がラストチャンス。
それが生き残ったものがしなければならないこと。
そのためにこれだけの犠牲が必要だったなんて悲しすぎるけど。

日本が20世紀のツケを一番最初に払うハメになったということは、一番最初に持続可能な未来に向かって走っていけるのだ!

と思いたいです。
そういうふうに行動しようとは思っていますよ、もちろん。


posted by 風土倶楽部 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする