2011年04月13日

想像できない悲しさ

陸前高田の友人一家になにか送りたいと思いつつ、なにを送ればいいのかわからない。
聞くところによると、とりあえず救援物資は届いているのでなんとか暮らしているようだ。
一切合財すべてを失うというのがどういうことなのか。
たとえば、東京大空襲後の銀座だとか、引揚者だとかのニュース映像や映画を観たことはあるけれど、どれも実感にはほど遠い。
同時代の、それも友人たちがそういう目に合っているということに対して、想像力がないのか、想像を越えているのか。その事実の前にこちらが立ちすくんでしまう。

日常の暮らしに最低限必要なものはいったいなんだろうと思いを馳せてみる。
数え上げてみたら、あらっ?というぐらい少ない。
そのシンプルさが、電気の問題の解決につながっていくのかなあ。

原発はいらない!と言っている人たちに聞きたい。
あなたは何を捨てるの?と。
今の暮らしのままでは原発を拒否することなんてできないでしょ。
原発いらない!とデモするよりも、電気を使う量を減らそう!星が見える街づくりをしよう!早寝早起きをしよう!の方がワクワクするけどなあ。

そして、いつの場合も、一番必要なこととは、仕事と人のつながりなんだろうな。
避難を余儀なくされている福島の人たちは、そのすべてを取り上げられようとしている。

原発がコワイからやめようじゃなくて、そういう苦難の人たちを出してしまった私たちの社会システムをこそ糾弾するときだと思うんだけど。
斎藤和義にはがっかりだった。「みんなウソだったんだね〜」じゃなくて、誰かがツイートしていたけれど、「みんな無知だったんだね〜」だよね。
「みんな、知ろうとしなかったね〜」とか、「みんな、電気たっぷり使っていたね〜」とか。
自分を被害者にしちゃだめよ。

「日本を信じている」なんていう励ましCMも変よ。
その言い方は当事者じゃない。
「オレたちを信じてくれ」でしょ。

冷静でいないと、変なものに巻き込まれてしまいそう。

posted by 風土倶楽部 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

活性化の呪縛

「アレクセイと泉」の検索ワードがちょこちょこ目につく。
放射能で汚染されたあとの農村の暮らしのドキュメンタリー映画への関心が高まっているということなんだろう。
数年前にアップした感想は・・・どーでもいい感じ。いい加減な感想を書いている。

久しぶりに地元学で生涯学習の講座を依頼された。
断わろうかと思ったけれど、やはり一度ちゃんと考え直すいい機会かも、と思い、あまり気が進まなかったけれど、引き受けた。

三陸海岸のところどころに「これより下に家を建てるな」という石碑があったそうだ。
まだ、カメラもビデオもなかったころ、先人たちが子孫たちに警告として残せるものは石碑だった。そのことを伝えるUstreamを観て、ああ、地元学で本当に知らなければならなかったこと、みんなで考えなければならなかったことはこのことだったんだな、と思った。
エネルギー問題も。一番考えなければいけないことなのに人任せにしていた。

地域調査をして、地域資源を掘り起こして、地域活性化に役立てて・・・そんな流れの中でいつも違和感を感じていた。
地元学とは、地域学のツールの一つだけれど、私は物事を知るという意味においては何事もすべて地元学だと思う。
当初、地元学は、地域の資源を調査するツールというよりも、水の流れ、家の建て方、畑の作物などを調べて、暮らしの成り立ち方やあり方を知るというものだった。私が手掛けた手引き書も、それをメインに構成した。
しかし、いざ、地域で実施してみると、「これをやって、経済的ななにかが得られるのか。やる意味はあるのか」とよく聞かれた。これはすぐにそうした効果があるものではないですよ、と言えば、「じゃあ、なぜやるのだ」と言われ、しばしば平行線をたどったことも。

某県の地域振興課からは、どうやったら効果を測定できるかと言われ、困り果てた。たかだか1回や2回、地元の人と一緒に町歩きをして、どんな効果が得られるというのか。暮らしのあり方を数値でなんか検証できない。何人外から訪問客があったかとか、何かが商品化されて売れたとか…。もちろんそういう何かがなければ、地域が維持できないところに来ていたのはわかるけれど、すべてを経済的価値で考えることはできない。

私たちは、活性化という言葉に呪縛されていたんじゃないのかなあ?
今、価値観の転換をしていかないと、これが最後のチャンス、そんな気がしてならない。
これほどのことが起きないと目が覚めないとは…。
でも、それを日本からできたら、いいな。
そうすることが、多くの犠牲になられた方たち、今も大変な労苦を強いられている人たちに対しての私たちの責務だと思う。

駅は今の明るさで十分だし、24時間も営業しなくていいし、エレベーターもエスカレーターも老人や障害者の人が利用できるだけでいい。
年頭に今年はシンプルライフをめざす、なんて書いたけれど、私個人の予言の書になっちゃったな。

posted by 風土倶楽部 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

人の器がためされちゃう

非常時というのは、人の器が試されますね。
周囲でも、ぜんぜん動じない人がいて、尊敬しちゃいます。
そういう人にかぎって、ツイッターもブログもやっていない。
んー、ということは・・・情報ってなんなんだろう。
Kさんは「いまどきのマンションは地震に強い構造になっているから、大丈夫だと思うのよねー」
うちの義妹は「大丈夫でしょ〜、地震も、放射能も。うちの周りは液状化で大変だけれど、なぜかうちは大丈夫だし」
うちの姪は計画停電で「星を見に行くの〜」
みなさん、ご立派です。

私は器が小さいので、余震が怖くてしばらく関西の実家におりました。
カレイなる日々ゆえに気分が悪いのかと思っていたら、どうやら地震酔いだった。
関西で2,3日したら、すっきりしましたから。

放射能はあんまり怖くない。
なぜだろう。
原水爆実験の真っただ中の時代に放射能の雨とか言っていたから、免疫があるのかしら。
とはいえ、若い甥と姪のことが心配で、情報を集めまくっていたけど。
なんといっても朝田家の二人しかいない貴重な後継ぎですから。

さて、義援金と支援金の違いなんて考えてもみなかった。
日本財団の笹川会長のブログです。

日赤など巨大組織に寄付しても、どう使われるかわからないから、身近な友人に託したり、自分たちで直接被災した友人に渡せるように検討したりしている。
日本財団のヤマクマさんから、支援金のお願いがきたので、こちらにアップしておきます。
どこにお金を託したものかとお悩みの方がいらしたら、ぜひ、どうぞ。
日本財団は、スタッフの方たちをよく知っているので、私は信頼しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当財団では、緊急支援として財団職員を被災地に派遣するとともに、
専門性のあるNPOと連携した救援活動に取り組んでいます。
これまでの災害救援の取り組みについては、こちらのブログで
情報発信を行っていますのでお時間のある時にご覧ください。
日本財団災害支援センター公式ブログ

さらなる緊急支援として、以下の取り組みを行うことを決定しました。
1.死者・行方不明者の遺族・親族に対する弔慰金、見舞金の支給
2.漁船等を失った事業者らに対する緊急支援融資制度の新設
3.100万円以下のNPO、ボランティア活動を迅速に支援
詳細はこちら

また、災害発生当日から「民による民のための災害緊急支援基金」を立ち上げ、これから必要となる復旧・復興に向けた資金的支援のために広く募金のお願いをしております。
まだまだ中間のご報告となりますが、3月29日時点で423,845,840円ものご寄付をいただきました。
全国各地、そして海外から温かいメッセージとともに、本当に多くの皆様からのご支援・ご協力をいただきました。
本当に、本当にありがとうございます。

多くの皆様からお預かり寄付金は、被災者とボランティアをつなぐNPOの活動支援に活用させていただきます。日本赤十字などの義援金が法律によってその使用にいろいろな制限がある中で、日本財団として民の立場でこの支援基金はより早く、より柔軟に今困っている被災者を支える活動に活用させていただきます。
また、復興までの長期的な視点に立った取り組みにも活用していきたいと考えています。

今回の震災の甚大なる被害や、被災された地域の範囲を考えますと、復興までにより多くの支援が必要です。そのため、日本財団では引き続き「日本財団支援基金」に関する募金を広く呼び掛けていきます。
いま被災地では、多くの方たちが救援の手を待っています。
こうした人たちのためにできるだけのことをしたいと考えています。
本支援基金に対する募金や周知のご協力など、あらためてご支援をお願い申し上げます。

クレジットカードによる寄付

銀行振り込みによる寄付


ブログやホームページ等でのバナー周知のご協力


posted by 風土倶楽部 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする