2011年05月24日

グーグルリアルタイムで過去を振り返る

相変わらず「アレクセイと泉」の感想を書いた日記にアクセスが多い。
申し訳ないけれど、たいしたこと書いてないです。

震災から2カ月たって、再臨界すると言ったとか、言わないとかで大騒ぎしている。
ツイッターの面白いところはデータが残っていて、グーグルリアルタイムでワードを検索すると、いつごろからその話題が出てきているかが一目瞭然なのだ。
すべて残っているから、コワイともいえる。
政府も、議事録を取る人材がいなかったのなら、側近が逐次、総理と東電のやりとりをツイッターでツイートしていればよかったのにね。記録がちゃんと残りましたよ。

というわけでリアルタイムで後ろを振り返ってみると、とても興味深い。
ちなみにメルトダウンを入れてみると、11日の津波直後に原発事故のニュースが入ったとたん、メルトダウンが起こる、あるいは起こっていると言っている人もかなりいる。
「原発推進派」とされる人たちは当時、そういうことは起きていないし、これからも起きないとけっこう断言していたよねー。

一つ納得できたツイートは「今回の件、メルトダウン否定派はメルトダウンが核分裂反応を続けている状態で生じる現象と定義しているのに対して、メルトダウン肯定派は単純に高熱(今回のような余熱を含む)で炉心が溶融・損傷する状態といっているから話がかみ合わないのか」
今回の大震災は、このどっち側からみるかで状況把握が異なってくるからややこしい。

話題騒然のNHKETV特集「放射能汚染地図」も、反原発派によるものだからフィルターがかかって…といったようなことがツイートされている。
放射能の濃度の高い、低いでフィルターがかかったとか、かからないとか。そんなことはどっちでもいいこと。
文科省が高濃度の汚染地域の地名を公表しなかったことは事実。
養鶏場では、飼料が届かず、数万羽の鶏が餓死したことも事実。
(空っぽのエサ台をつついていた姿はあわれ)
今年の作付はまったくできないだけでなく、いつから作物が作れるのかさえ、今の時点でわからないことも事実。(農業をやるはずだったのに…と涙する若き後継者)
最後に多くのペットが置いてけぼりになり、たぶん餓死していくだろうことも事実。
(必死で飼い主の車を追いかけてくるワンコ。あの子は今夜どこで雨をよけているのかな?)
そして、数万人の人が故郷をあとにして、難儀な生活を強いられていることも事実。

どんなにフィルターがかかろうが、事実は事実としてそこにある。

さきほど、報道番組で元GEの原発技術者だった米国人2人が、福島原発型の脆弱さを指摘したけれど、アメリカでも取り上げられなかったし、日本では2002年の東電トラブル隠し事件のときに内部告発したけれど、当時の通産省は2年間も公表しなかったばかりか、東電に彼の名前をリークしていたと証言していた。

「日本は変わると思ったけれど、まったく変わらなかったね」

変わらないというより、変えられないのだとしたら…。
これもまた元GE社員はあちこちに出ているから、フィルターがかかって・・・とか言って終わるのかも。

なんだか毎日憂鬱な日々だ。
新聞を取らなくなって10年以上。ネットを1週間みなかったら、どうなるんだろう、と誘惑にかられる。1週間ぐらいなら、たいしたことないか。


posted by 風土倶楽部 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする