2011年09月14日

熊の宴に遭遇か

9.11は、世界中の人が祈りを捧げる日になって、なんとなく誕生日なんです〜と言いづらくなってしまった。
今年は、河口湖の友人の別荘でお月見をしようということに。
別荘でたらふく飲んで食べて、飲むのを我慢したエライ友人が新車のアウディを運転して、さて、お月見はいずこへ?

別荘の管理人が「お月見なら、全国植樹祭記念公園!」と言ったとかで、そこをめざすことに。
ところが道をよく知っているはずの別荘の持ち主のMが、すっかり酔っぱらっていて、公園に辿りつくまでに走りまわる羽目に。
ようやく辿りついた公園は、シーン…とした人の気配のないところ。
駐車場に止めて車のヘッドライトを消しても、明るいお月さまのおかげで足元はばっちりだった。

全国植樹祭記念公園と看板にあるけれど、赤松の林に囲まれていて、さて、公園は?…と見ると、カーブした歩道の先らしい。
酔っぱらいMは、さっさと歌を歌いながら、芝生をめざして、曲がりくねった道を行く。
赤松の木々に遮られて、さすがに月の光はあまり届いていない。すなわち暗い。

酔っぱらいとは勇気のある人のことを言うのか、と思わず感心してしまった。

私は、さきほど迷って走っていたどきに「熊に注意」の看板をちらっと見ていたので、ちょっとコワイかも〜、富士山に熊なんている〜?
と思いつつ、Mの後ろを歩いていたら…

あ!芝生があるよ!わーい!

とかなんとかいいながら、芝生のあたりに差し掛かり、駆け足になっていたMが、急にきびすを返して足早に戻ってきた。

熊がいる…

どこに!

反対側あたり。月の光を浴びて青白い熊が、子どもを連れて林に逃げ込んだ。

やばっ!

ということで、急ぎアウディに乗り込み、発信。
残念なことに私は見ていない。
見たのは酔っぱらいMだけ。
果たして本当に熊だったのか…。

翌日、お昼ごろ、同じ場所を訪れてみた。
芝生には、鹿やら、たぶん熊やらの糞だらけ!!!

2011-09-12 12.29.08.jpg


熊のいたところは、この写真のど真ん中あたりで、そこから私たちの方を見れば、富士山と月がばっちりの絶好のロケーション。
熊一家もお月見をしていたのかなあ。
月明かりが妖しすぎて、熊も人も、今日ばかりは「いい月ですなあ…」なんてわかりあえそうな夜だった。

酔っぱらいMの見た、月下の幻だったかもしれないけれど。
だからこそ、もっとそぉーっと公園に入っていったら、私たちも、宴に入れてもらえたかな。

ツキノワがそんなフレンドリーなわけないか(笑)

駐車場には、この看板。ここにもあったのね。昨夜は気がつかなかった〜。

2011-09-12 12.40.10.jpg


なんとこの全国植樹祭記念公園とやら、ヤフーやグーグルの地図に掲載されていない!
お手植え公園なのに?
写真に切り替えたら、ようやく森の中にぽっかり円形ハゲみたいにあるではないの。
周囲はゴルフ場が一つあるだけで、ほぼ山の中。
人と熊の世界の境界線あたりだった。

こら、管理人、簡単に「お月見なら、全国植樹祭記念公園ですよ」なんていうな!

芝生でお月見しているときに、熊一家が現れなくてよかったです。ほっ。






posted by 風土倶楽部 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カレイなる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする