2013年12月13日

観劇日記 宙組「風と共に去りぬ」

ベルばらに次ぐ宝塚の定番演目「風と共に去りぬ」

DSC_0294.jpg


古典ものはちょっと苦手なので、イマイチ触手が動かなかったんだけれど、鳳稀かなめ主演なので、初生かなめを観てみるかと。
私は、柚希礼音とかなめの並びがかなり好きなのだった。
「太王四神記」のヨンホゲ、2010年の「ロミオとジュリエット」のティボルトとか。

がっしり系のちえさま、細身系のかなめ。
どっちも美しくて、大好き。
特にかなめは切ない歌を歌ったら、とってもつやっぽい。
ヅカ友いわく、彼女は完全に男役に徹しきれていない、らしい。
私は、実をいうと完全男役よりも、ちらっとそこから見える母性みたいなのが妙にそそられる。だから、かなめは許容範囲なのだ(笑

ヨンホゲの「同じ星の下に生まれたのに〜」と歌う「何故」のナンバーなんて好きだわ〜。
なので、彼女が男くさいバトラーをどんなふうにやるんだろう…と好奇心がむくむく。

結論からいえば、がんばってた〜!
ちょっと線が細いのが難点だけれど、かなりイメージ通りのバトラーだった。

それにしても、この脚本は脳内補完を強要される植爺ならではのものだなあ。
いきなりアトランタの駅から物語が始まるとは思いもよらなんだ(笑
レットとスカーレットの出会いの場はなく、すべてセリフで補完。
ほとんどの人が知っているストーリーだからこその芸当ですな。

2部なんて、いきなりアシュレイが戦争から帰ってきているし、レットと結婚しちゃうし、ついていくのが大変。お!そうくるか、みたいな妙な緊張感と驚きの連続で、こういう芝居もありか…と思わせられるのがヅカのヅカたるところ。それにしても幕前芝居が多いなあ。植爺ならではだけど。

最後のスカーレットの階段落ちから、メラニーの死、レットとの別れのあたりは、ヅカの真骨頂だ。
あー、まるめこまれちゃった〜といういつのもヅカ的歓びの後、フィナーレシーンへ。
もうここでヅカ的定番うっとりタイムになって、シャンシャンでシャンシャン!みたいな感じ。

まあ、これでよいのだ。

朝夏まなとのスカーレットは、最初、軽すぎる感じでちょっと戸惑ったけれど、後半になるにつれて、スカーレットに見えてきた。特にラストのレットにすがるシーンは、彼女の子どもっぽさがうまく表現されていた。
そうよね、今ごろ、よい子になるから、私を見捨てないで〜とか言われても、十分傷ついたレットにしたら、「もう疲れた〜、めんどうみきれん」という気持ちになるよね、という説得力が十分あった。
アシュレイは、虚像と実像がセリフの中にきちんと描かれているから、やりやすいのではないかしら。
その点、レットは、セリフ2割、表現力8割の力技が必要。
そのうえレットの登場シーンは意外にも少ない。そのシーンを毎回きちんと押さえて印象付けていかねばならない。
りかさん、たいしたものだと思いました。ほかの人のを観ていないから比較はできません。

また、ちえ&りかの並びを観たいなあ。5月のベルばらに期待!

最近、ヅカに興味をお持ちの男性2名を同行。
2階2列ほぼセンターからのラインダンスの眺めは、相当ドキドキするものらしい。
「見てはいけないものを観てしまった」感があるとのこと。
そーゆーもんなんだ…(笑

DSC_0292.jpg

DSC_0296.jpg


ちえさま、今ごろナポさまになりきるために苦労しておられるんだろうなあ。。。
風邪などひかずに元気でお稽古に励めますように。


ラベル:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする