2013年12月29日

鑑賞日記 「鑑定士と顔のない依頼人」

やたらと評価が高かったので、今年を締めくくる映画としていいのでは?と鑑賞。
が、しかし!
どんでん返しが、ぜんぜんどんでん返しじゃなくて、最初から、ストーリーがほぼ見えちゃった。

ストーリーは、偏屈な美術品の鑑定士が、電話だけで顔を見せず、両親の残した美術品を鑑定してくれと依頼されるところから始まる。声は若い女性。待ち合わせに来なかったりして、何度も怒らされる。けれど、屋敷に行ってみれば、ちょっと気になる美術品があったりして…。
このあたりで、なんだか怪しい話だよねぇ・・・と。
で、この鑑定士はいいやつかというと、贋作だと言って、真作を安く落として、コレクションしたりするセコイやつ。
これ以上はネタばれになるので書きません。単純なお話だから、書いたら、わかっちゃう(笑

以下、まだ観てない方はご注意を。


おまけにドナルド・サザーランドが、なんだか意味ありげな役で冒頭から出ているんだもん。
なんかあるよねぇ・・・と思っちゃうでしょ。

そして、やたらと思わせぶりな姿を見せない依頼人。
でも、顔を見せたら、その辺にいそうな若い女性。
意外性なし。

鑑定士のファム・ファタールとしては、役不足じゃないのかなあ。
アルマーニのドレスを着せても、そんなに変わらなかったし(笑

暴漢に襲われたのは偶然だったの?それとも奴らの仕業?

オジサン、それはないから…と最初から最後まで、ツッコミつづけた映画だった。
男性は、ロマンに浸っちゃうのかな。
ファム・ファタールに出会って、堕ちていくなんて男性の夢なんのよね、きっと。

ベッドシーンは観たくなかったなあ…。

というわけで、女性より、男性におすすめの映画です。
私は、女なので☆☆☆ぐらいでした。

正月一番に観なくてよかった。





ラベル:映画
posted by 風土倶楽部 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする