2014年01月23日

観賞日記 宝塚月組「春の雪」

以前から観たいと思っていた「春の雪」がスカイステージで放映された。

三島の世界と宝塚がこんなにマッチするとは思ってもみなかった〜!!!
若いころ、かなり三島にはまっていたのだけれど、まさか宝塚で再会するとは。。。
舞台の展開から、設定、照明、衣装、そして役者たち、すべてが三島ワールドになっていた。
華やかで艶やかなのに死の影が濃厚。

みりお(明日海りお)は、松枝清顕が似合いすぎ。
これ以上の清さまはありえないというほど美しく、ワガママで、はかなげで、残酷。
おびき出した聡子に言う
「あなたはまだ、僕を愛しているのでしょう」
コワイ愛の言葉にちゃんとなっていた。怒ったときの顔の冷たい美しさはぞくっとした。
トップお披露目のエリザベートのトート、楽しみになってきた。

咲妃みゆの聡子は、年上の女が清顕を本人が意識せずに、でも、結果として翻弄していくという難しい役をとても的確にやっていた。
驚くべき才能だと思う。

「砂の海に足を取られ、いずれ僕は溺れてしまうだろう」
「心に砂がしたたる」
みりおの歌う歌の歌詞。しびれるなあ。原作にあったけ?

スカイステージの「NOW ON STAGE」で、みりおとみゆちゃんが演出家の生田大和氏に二人が周りの大人に突き動かされて破滅的な恋にはまっていくのではなく、それぞれが自ら積極的にはまっていくというところを的確に演じるようにと言われていたそうで、まさにその通りの演技ができていた。

脇では、美穂圭子さんと輝月ゆうまが達者!
蓼科が聡子の父の愛人というのをしっかり匂わせた方が、美穂さんの意味ありげな表情が余計引き立ったのでは?
ただ、飯沼と松枝家の使用人みねとの関係の中で、松枝当主とみねの愛人関係が出てくるから、蓼科と綾倉伯爵の関係も推察できるということなのかもね。そうでないと、蓼科の企みの意味が見えてこない。

ラスト近く、聡子に月修寺門跡が清顕に会わなくてよいのかと障子越しに聞き、「松枝清顕?どなた?」というのはちょっと早いかな(笑 原作では、50年後に本多が会いにいったときにそういうのではなかった?
忘れるのが早すぎ。まあ、結果としては同じことだけど、ここで言っちゃうと本当に狂ったみたいになっちゃうよ。ちょっと不満。

そして、本多は近親相姦だったっけ? 本多は最初から三島的変態なのだ。
たまきち(琉城りょう)がやっているから、さわやかすぎる本多でついスル―してしまいそうになった(笑

宇月颯も飯沼を思いきった演技でよくやっていた。
白雪さち花の門跡、夏月都の清さまの祖母…
みんな、役者魂がすごい!
ほぼこの若手メンバーが昨年の「月雲の皇子」をやっていたわけだから、あのハイクォリティな公演になったのね。

「また、会う。きっと会う。滝の下で」
ああ、三島だ…。

原作を再読したくなっちゃった。

revue_img.jpg


ラベル:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

観劇日記 2回目の「眠らない男 ナポレオン 愛と栄光の涯(はて)に」

こんな舞台景色のお席で観た。どセンター。
お、おぺらが、ほとんど必要ない…。
ちえさまがまっすぐこちらを見て、歌ってくださる。神々しくて心の中で拝んじゃった。

DSC_0378.jpg


さて、3日と比べてだけど、
・全員歌が格段にうまくなっていた〜!特にさゆみ(紅ゆずる)。声が出ていた。発声方法を変えた?

・戴冠式が1分ほど長くなって、上手にはけていた。ナポさまの豪華な靴をチェック!キラキラしていた。

・マルモンの雪合戦のあとのセリフが増えていた。
 負けそうな戦がどうたらのセリフが、ちょっとプラスされていた。あとの裏切りの伏線ですな。

・フィナーレの紅&真風のダンスは・・・どうして真風だけでやらなかったのだろう、という疑問が改めてふつふつと。。。さゆみは、その前にソロを歌っているんだから、ここは真風一人でよかったのでは?

<新たに気が付いたこと>
・ウジェーヌがナポさまから剣をもらうときの歌と最後のマルモンの歌が対になっていること(前回、気づかず…とほほ) ウジェーヌまこっちゃん(礼真琴)がナポに父と話せば、きっとわかりあえたと歌う。じゅんこさん(英真なおき)老マルモンが、てんてん(天寿光希)ナポ2世に向かって、きっとあなたがナポと話したら、すばらしい人だったと思うよと歌う。じゅんこさんも、まこっちゃんもうまい。ラストの老マルモンの歌でちょこっと泣けた。

・じゅんこさんのマルモンがうまい!だから、紅のマルモンがますます別人なんだけど。相変わらず存在感がない。ちえナポ(柚希礼音)やねねフィーヌ(夢咲ねね)など以外は、いずれの役も、存在感を出せる場面はかなり限られていてる。でも、タレーランにしても、真風にしても、それぞれはそんなに長い時間をもらっているわけじゃないけれど、存在感はあるからなあ。

執務室でマルモンが叱られるところも、単に叱られるだけ。マルモンの存在がイマイチわかりにくい。ナポさまを先輩として慕っている。でも、出世は遅れる。戴冠式には重要な役割を与えられない。なぜ?というのをイケコが描き込んでいないせいもあると思う。だから、さゆみちゃんの責任だけじゃない。なんだか損な役だな。

・注目のイケコ振り付けのラブシーン、くらくらした。こだわっただけのことはある(笑

・マリー・ルイーズへのナポさまのキスが、普段レオンがしないタイプのキスで、ちょっと萌え。

・ねねフィーヌがナポさまを愛していると言い出すのが、やっぱり唐突。手紙が来なくなる、イポリットにお金を要求されるというのがきっかけなのかなあ。。。

・500人会議のあたりが、やはりちょっとわかりにくい。まあ、わかったところでどうでもいいけど。

・ラストの退位のときの机の引っこみ方が相変わらず不自然。すごく重要なシーンなのに、机はガタガタしながら音をたてて引っこむ。セリフにかぶっている。おまけに後ろで音がしている。あれはなんとかした方がいいと思うけどなあ。一番気になった、というか、気が散った。せっかくナポさまがつらい心境を語っているのに。

・みっちゃん(北翔 海莉)、レティツィア美穂さん、すばらしい。特にみっちゃん。うますぎる。みっちゃんタレーランあってこそ、じゅんこさん老マルモンあってこそ、のナポ公演ですな。

napo2.jpg ちえナポさまは、もうすっかり余裕が出ている。歌はますますパワーアップしている。エネルギーが有り余っている感じ。イケコ(小池修一郎氏)が次から次へと難しいことをさせたがる気持ちがわかる気がする。今回も、クリアしちゃったもん。ナポレオンの感情の細やかな表現はさすがです。どうしてあんなに指先まで丁寧に伝えることができるのか。ショーブランで開眼したとのことだけれど…。


napo3.jpg でも、やっぱりフィナーレのダンスをしているちえさまが一番好きだわん。後姿でせりあがってきて、振り返ったときのキラキラ輝くひとみが大好き。REONVに期待。



2回目みて、やはりなにが描きたかったのか、はっきりしない。ロミジュリだと、争いの無意味さを明確にメッセージとして出している。でも、ナポはナポの業績を称えるわけでもなく、ジョゼフィーヌとの愛を謳いあげるわけでもない。ナポレオンが整えた社会のおかげで誰かがハッピーになったというのが描かれていればわかりやすいんだけど。
ナポの生き方といわれても、年代記で「嵐のように駆け抜けた男」というだけ。やはり、ちえさまのかっこよさを観るための公演かあ。私的には、それで十分なんだけど(笑 
ちえナポあて書きで、それに100周年らしい豪華さをプラスした、そんな感じなのかな?
それが最大のイケコからのメッセージ?

ナポレオンは、評価が難しい人物だから、それなりにバランスよく描かれている。けれど、だからこそ説明的になってしまった感が否めない。
とにかくジェラールがわかる人物で、取り組む気になる題材がナポレオンということだったのかな?(笑

2回目も、ちえさまがお元気で光輝いておられるのを観て、とっても満足でございました。
特にフィナーレの銀橋で、満面の笑みをいただき、幸せでした。
公演が終わり、ほっとしたときの、あの女の子顔に戻った笑顔を観ると一緒に笑顔になっちゃう。

やはり今回の公演は、ちえさまのちえさまによる、ちえさまのための100周年公演だわ〜。
ほんとに、ほんとに素敵すぎるちえさまなのだ。

napo.jpg




ラベル:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

観劇日記 Tribes

新国立劇場小劇場で「Tribes」を観劇。

サイトによると、
「『Tribes』は、先鋭的な作品を数多く生み出すことで世界的に有名なロンドンのロイヤルコート劇場で、2010年10月に初演された作品です。その後、オフ・ブロードウェーでも上演され、高い評価を得ています。

耳の不自由な末子ビリーは、初めてできた魅力的な彼女シルビアを家族に紹介するが、その彼女も実は耳が不自由だった。これをきっかけに家族間に不協和音のさざ波がたちはじめる。

現代の家族像を「言葉」という現象をひとつのカギにして、親しかったはずの人たちのコミュニケーションの危うさが、繊細なセリフと表現(手話)で描き出されていく、刺激的な一作です」


自分のことだけをがなり立てる両親、兄、妹の中で、一人静かにいるように見えるビリー。
外で出会ったシルビアに手話を教えられ、世界が広がる。
その世界に夢中になるビリー。

家族の会話を聞いているうちに、私たちのいる世界は、こんなに騒々しいのかと思った。
テレビを付けっぱなしにしていると、世界とつながっているような気になるけれど、実は思っているほどつながっていない。それと似ているのかも。会話をしているようでしていない。先日の「かもめ」も、同じようなテーマだったっけ。

シルビアも難聴者だけれど、症状が進行している状態。
ビリーが新しい世界だと思ったところは、シルビアにとってはすでに馴染みのある世界で、その世界でしか生きていけなくなる恐怖を抱えている。

その恐怖は、いつか誰もが到達する高齢者の世界とどこかでつながっているような気がした。
どんな世界に身を置いていくのか。それを自分で決めていくのが生きる力なんだろう。
ビリーは、その力を持ったばかりで、まだぎこちない。

2幕の行き先が見えず、固唾を飲んで舞台の進行を見守った。
最後に兄が「愛していると手話でどうやるのだ」とビリーに問い、ビリーが手話を教えるが、兄はビリーを抱擁する。その抱擁を解いて、ビリーは客席へと消えていく。

結局、わかりあえないまま、なのか、わかりあえても、人は孤独なのか。
もやっとしたラストだった。

兄は、弱者のビリーという存在があるから、自己を保っていられる。ビリーが自らの道を歩み始めると、兄が言葉を失い、ドモリの症状が出てくる。
他者との関係というのは、依存しあうものなのだ。

父の存在はかなり影が薄く、母の存在が大きい。
母は手話をビリーに教えずに、言葉を話せるように根気強く教えた。それはマイノリティで終わらせたくなかったからなのかも。でも、手話を教えてくれなかったとビリーは母を責める。世界はなにで開かれるのか誰にもわからない。面白いなあ。

時折挿入される音楽の美しさが際立つ。
音楽がざわめきにしか聴こえないなんて、なんという残酷な世界。
それだけでもお互いのことをわかりあうということの難しさを実感させられる。

いろいろな捉え方、考え方ができる作品。
こういうのって、役者は大変だろうなあ。
中島朋子のピュアそうでいて、他社との距離感を微妙に替えていくシルビアが見事だった。

田中圭くんは、手話とセリフが混じり合うとても難しい役をよくやっていたと思う。
彼は色気があるなあ。
映像で観るよりも、いいと思った。これから、いろいろな役を見ていきたい。
そういえば、昨年の銀河英雄伝説は、私にとってはトホホな作品だったけれど、彼のヤン・ウェンリーは印象に残った。
歌とか歌わないのかな?(笑

サイトの文句にあるように、とっても刺激的な舞台だった。
特に2幕の緊張感は、舞台を見る醍醐味を味あわせてもらった。
ただ、舞台がかなり暗いので、1幕はちょっと眠かった(笑 


DSC_0358.jpg


posted by 風土倶楽部 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

観劇日記 東京乾電池「かもめ」

先週、30年ぶりぐらいに東京乾電池を下北沢スズナリで観劇。
柄本明氏と朝比奈尚行氏のアフタートークが急きょ設定された。ゴマ塩頭になっちゃったなあ…時の流れをつくづく感じちゃった。自分も白髪頭だ…。

演目はチェーホフの「かもめ」で、あまり乾電池らしくない演出だった。はじけてくれるのを期待してたんだけど。
乾電池の役者さんたちだから、なんとなく意味ありげなセリフ回しと仕草なんだけれど、それがうまくはまっていかない。はまっていかないのがいいのか、よくないのか、イマイチわからず。緊張感のない舞台だったためか、私の眠気バロメーターだと、かなりうつらうつら夢の中。

チェーホフの「かもめ」は初めて観たし、演劇の世界ではとても有名な作品。その後の演劇にも大きな影響を与え、再演されることが多い。なんとなく敷居の高い作品でもある。
なので、東京乾電池なら、とっつきやすいかなと期待してみた。
軽く予習をしてみたら、喜劇という捉え方もできるということだったので。ならば、乾電池の得意とするところだし…って、私の乾電池は30年前で止まっているわけで…(笑

演出としては、主要な登場人物たちが会話をする間に、使用人たちが忙しそう舞台を横切ったり、後ろを歩いたり。とても芸術のことを悩んでおられないという図式が面白かった。この作品が書かれた当時は貴族社会があったころだから、芸術というものも一般化していなかったから、これはアリだなと思いながら観ていたら、朝比奈氏も、この演出に言及していた。演出は、柄本氏の奥さんの角替さん。

しかし、ロシア文学や演劇の登場人物の名前は難しすぎる。覚えられない!
これは、朝比奈氏も言っていた。日本名でやってくれると、もっとわかりやすいかも。

あまりにも久しぶりに観たので、乾電池のセリフの言い方なのか、役者のクセなのか、主演の川崎トレープレフの口先で言うセリフがちょっと気になった。母親に養ってもらっているようなトレープレフだから、地に足がつかず、ふわふわした、まあ、いわば前向きなニートの青年ゆえのセリフ回しなのかな?

最後まで調和しない登場人物たち。人生はそんなものなのかもねぇ。
そこから、一人抜け駆けするのがトレープレフと見るべきなのか。
はるか未来のことをごちゃごちゃ考えていて現実をみようとしない青年は、今でいえば、アニメやゲームの世界に没頭しちゃうことに通じるのかも。

戯曲を読んでみるかな。

「かもめ」に関しては、NHKのこのサイトがとっても面白い。これを読んでから見ればよかった。

6月にバウホールで礼真琴主演でも上演される予定。
「恋」だらけの戯曲としてチェーホフが書いたそうだから、宝塚にとっては脚色しやすいのかな?
でも、ニーナは最後までトレープレフを男として見てないと思うんだけど…(笑 

人生は悲劇か、喜劇か。
喜劇だとよく思う今日このごろのカレイなる日々ですだよ。

DSC_0350.jpg


posted by 風土倶楽部 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

観劇日記 モンテクリスト伯

梅田芸術劇場で「モンテクリスト伯」を観劇。
「ヨーロッパ・韓国で絶賛された壮大なミュージカルロマン」とのことだったけれど、壮大さはなかったなあ。
レミゼラブルやロミオとジュリエットと同じ2時間半ほどの上演時間。
なのに、物語の単純さたるや…。

エドモンが、2人の知り合いに羽目られて、牢獄に追いやられ、ファリア神父に助けられ、脱出。
女海賊に拾われ、モンテクリスト島でファリア神父の遺言通り財宝を得て、復讐に乗り出す。

原作を中学か高校のときに夢中で読んだ。
それこそ壮大なお話でワクワクしたっけ。

だから、ミュージカルになったということでレミゼラブルみたいにミュージカル化されたのかな?と大きな期待を抱いて観てしまった。大枚をはたいて。

エドモンを陥れる悪党たちが、小物すぎて、壮大さがまったくない。
お金と女と権力に支配されている悪党らしいけれど、背景も、キャラクターも描かれないから、お話が単純すぎる。レミゼラブルのジャベールやティナルディエのような「悪」の奥深さがない。ロミジュリのティボルトの苦しみもない。

女海賊がもっと活躍するのかと思えば、それもほとんどない。
彩吹真央(ゆみこさん)と濱田めぐみのWキャストにする意味ってなに?
「本当か嘘か」1曲程度じゃないの。
「ローマのカーニバル」はすぐに終わっちゃったし。
もったいなすぎ。もっと聴きたかったなあ。

ラスト近く、メルセデスがエドモンのところに来て、「彼とは別れてきた。あなたとこれからは過ごしたい」と急に言うのもびっくり。勝手にまとめに入らないで〜。

ワイルドホーンだけあって、曲はメロディアスでいいのだけれどねぇ。
再演になっても、たぶん行かないなあ。

ちょっとご機嫌ななめなのは梅芸の客席案内係りのせいでもある。
始まって15分ほどたったころ。隣の席に係りが遅れてきた女性を案内してきた。
曲は、メルセデスとエドモンの二重唱の一番盛り上がっているとき。
私の視界はさえぎられるし、歌もなんだかわからなくなる。
それはないでしょ!
なんのための係りなわけ〜。ぷんぷん。
高いチケット代払っている身になってほしい。
クラシックのコンサートなら、曲が終わるまで待たされるのが当然。
ミュージカルだって暗転したときとか、歌の入ってないときにするのが当たり前でしょ。
ちゃんとどの時点なら、案内しても可能かぐらい抑えておくべき。
腹がめちゃくちゃ立ちました。
その場で怒るわけにもいかず…。
梅芸って、それなりにちゃんとした劇場という印象だったけれど、そうでもないのかもね。

奇しくも、3日の星組ナポレオンとほぼ同じ時代から始まるお話。宝塚と比べると、やっぱり地味だわ〜(笑
石丸さんも素敵だったけれど、私は、キンキンキラキラで、素敵なちえさまが歌ってくれるほうがドキドキしたな〜。

DSC_0339.jpg


ラベル:ミュージカル
posted by 風土倶楽部 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

観劇日記 宝塚星組「眠らない男 ナポレオン 愛と栄光の涯(はて)に」

今年、最初の観劇は、もちろん宝塚大劇場での星組公演「眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に―」。
100周年最初の公演だもんね。これは観なくっちゃ。
ヅカ友にゲットしてもらったお席は、予想以上によくて、堪能してきました。

全編、まるでちえさま(柚希礼音)退団公演かというぐらい、ちえさまのちえさまのための、ちえさまによる星組公演なので、私的にはとーっても満足〜!
ちえさまフルコースという感じ。
目力が素敵ですごくて、レオン酔いしちゃいそう。。。何事も即断即決のちえナポにうっとり〜。
でも、一番ドキドキするのはフィナーレのダンスのとき。
今年、また、REONVをぜひ、やってほしい。セレブリティみたいなショーもね。

ストーリーは、ひたすらナポレオンの人生を追っかける歴史絵巻。ナポさまクロニクルです。ねねフィーヌともっと濃密なラブシーンがあるのかと思いきや、いつも通り(笑 
すなわちリアルでドキドキ感満載だったけれど、スミレコード健在。

これからご覧になる方のために、多くは語りませんが、みっちゃん(北翔 海莉)の出番が思ったよりも少なかった。ちえさま中心にぐるぐるまわるといった舞台なので、脇役が脇役のまま。ほとんど誰も印象に残らず…。

まこっちゃん(礼 真琴)は1曲もらっていて、うまかったけれど、特に印象に残る曲ではなかった。

ねねちゃん、とっても歌が上手になったなあ。衣裳も、めちゃくちゃ豪華。いったい何着着替えた?

紅が重要な役なんだけれど、存在感なし。歌も。うーん、ほかにやれる人が他組にたくさんいるのになあ。残念。じゅんこさん(英真 なおき)マルモンとミッキーナポ2世(天寿 光希)が、要所要所で舞台回しとして思い出を語りながら、状況説明をしていく。そして、舞台はその時代に…というパターンが繰り返される。だから、紅マルモンは、すごくすごく重要な役。なのに、なのに…。これは紅子だけの責任じゃないような気もするけど…。回を重ねていけば、メリハリはついてくるかもね。

一番意外だったのは戴冠式の場面。あんなに豪華なお衣裳を用意したのに、あれっ?もう終わり?っていうぐらい、あっという間にちえナポ&ねねフィーヌはすぐに引っこんじゃった。じっくり見せたくない理由でもある?(笑)記者発表用だったのかな?

ジェラール氏の曲は、時折、それって、ロミジュリ?みたいなのがちょこちょこあった。特に一樹さんの歌は、それ、ジュリパパの歌やん…と聞いているほうがドキドキしちゃった。じゅんこさんのも似ているのがあった。やはり同じ作曲家だとクセがでるなあ。
観ている間は、そんなに強い印象はないのに、今ごろになって、いろいろな曲が頭の中をぐるぐる回っている。さすがというべきか。。。

フィナーレのデュエットダンスのねねちゃんの衣装が蜘蛛をイメージしたもので(よね?)、ちえナポを誘惑する女郎蜘蛛みたいで面白かった。私は、けっこう好きだった(笑

舞台は最初から最後まで、これでもか!というぐらい豪華絢爛。最後はちえさまの羽までゴールドで、キラキラ感が半端なかったです。
しかし、宝塚に柚希礼音がいなかったら、100周年はどうしていたのかな?というぐらいレオンに負担が大きい公演。それがいいのか、悪いのか…。ナポレオン、再演できるかしら?ちえさまあってのナポ。まゆさん(蘭寿とむ)なら、可能かな?って、もうすぐいなくなる…。

ジョゼフィーヌの最後から、ナポレオンの転落まで、小池先生、もうちょっと盛り上げてほしいなあ。
泣けない。。。泣けない宝塚で100周年はないでしょ。
むしろ、ほぼ出ずっぱりでパワー全開でがんばるちえさまの健気なお姿に涙が出そうになった。
どんなときも全力で、丁寧に役作りをして、細部まで渾身のパフォーマンスをするちえさまが大好き。この公演は、今のところ、イケコもジェラールも、レオンに「あとはお願い、なんとか仕上げて」感満載。

こら、イケコ!ちえさまをつぶしたら、承知しないから!!!

あと何回か観る予定なので、今後の舞台の進化が楽しみでもある。
会場は満席で立ち見が鈴なり状態だった。

ちえさまの無病息災を心からお祈りします。

DSC_0334.jpg


100周年記念でもらいました。

400DSC_0337.jpg




ラベル:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする