2014年07月27日

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、振り下ろす」

面白かった。
笑えるコメディは貴重。

シリーズもので、今回は3回目。そして、東京千秋楽。
初めて観た私には、ちょっと?なところもあったけれど、まあ、そんなに複雑な話でもないから、問題なし。

「完璧な執事」鎌塚アカシ氏を中心に、アイドル女中の上見ケシキ、堂田男爵夫妻と従者スミキチはお決まりの登場人物、らしい。今回は、父親を亡くして以来引きこもりになってしまった貴族院議員中之院レイジロウの屋敷が舞台。
貴族院があるという日本の架空の時代。

堂田男爵一派が、貴族の立場をますます強固にする法案を国会で通そうとしており、中之院一派にも加担するように迫るために屋敷を訪問してくる。
レイジロウは、存在しない使用人が見えているかのようにふるまうなど奇行があり、心配したアカシは、かつてレイジロウの父に仕えたことがある父を助っ人として呼び、執事の一人にしてもらう。

肩の凝らないかるーいタッチのコメディで、緊張感もあまりなし。

完璧な執事の定義は、どうやらないようで、四角四面な感じのアカシ役の三宅弘城のイメージでよい、みたい。
なぜ、執事が主役なんだろう…。
執事を主役にするために貴族院制度がある設定になっている、みたい。
ご主人さま第一に考え、行動する執事。そこに私事がちょこちょこ入り、そこが笑いにつながっていく。
制約がないと笑いにならないもんね。

ともさかりえは、コメディエンヌとしても手なれたもの。
中盤で突如として「WOMAN」を屋根の上で歌いだすのだけれど、唐突だけれど、アイドル女中だもんねと、なんとなく納得させられてしまった(笑 

ベンガルが、またまた懐かしくて…お歳を召しましたね〜。とぼけた感じは健在。

ゲストの北村有起哉は、あまり楽しそうじゃなかった。そういう役だから?
一人だけ重い感じがしてしまった。出てきたら、笑いが起きるといった軽いタッチが欲しかったなあ。

堂田男爵夫妻と従者スミキチ。お気に入りです。
こういう役って、やっている方も楽しいだろうなあ。

「思いこみ」のエピソードが秀逸で、結局、そういうものを打破して、生きていく力にするのだというテーマがわかりやすく伝わってきた。

舞台装置がよくできていて、周り舞台をうまく使って、いくつも部屋があるように見せて、広い中之院屋敷を感じさせた。

私は、本多劇場が好き。キャパがちょうどよくて、見やすい。
本多劇場でやるなら、行っちゃおうと思う。
この作品の規模にぴったり。
これから全国を巡るこの作品。どこもけっこうキャパが大きい。
うまく活かせるのかな・・・。
コメディは、あまり大きな舞台には向かないと思う。

DSC_1169.jpg

posted by 風土倶楽部 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

観賞日記 映画「怪しい彼女」

「怪しい彼女」
面白かった〜!
韓国で800万人動員した映画で、映画好きな友人たちが、かなり持ちあげていた。
ほんとかなあ〜・・・と思いつつ、足を運んでみたら、大当たりだった。

人を人とも思わないような口ぶりで、人の弱いところががんがんついてくる、いわゆる嫌味な毒舌ババアのオ・マルスン。嫁は、その毒舌にくたくたになり、ついに心臓病で入院。マルスンは施設に入れられそうになり、家出する。ふと立ち寄った写真館で魔法にかけられて、気が付いたら、20歳の自分になっていた・・・

というファンタジーのような展開。20歳のおばあちゃんが、歌唱力を武器に、おばあちゃんと知らない音楽アーティスト志望の孫と一緒に音楽活動をすることになる。
憧れのオードリー・ヘップバーンにちなんでオ・ドゥリと名乗るオ・マルスンの言動は、古臭いけれど、不思議な魅力を放ちはじめ、周囲の人々を巻き込んでいく。

細部にまで目の行き届いた脚本と構成で、荒唐無稽な話なのに、すぐに物語に入っていける。細部がリアルだから、笑える。

オ・マルスンは、一人息子を身ごもってすぐに夫に先立たれ、苦労して、教育を受けさせた息子は、今では、大学教授になっている。その専門が老人問題というところから可笑しい。自分の家庭の嫁と姑の問題させ、解決できないのだ。
女手一つで息子に高等教育まで受けさせるためには、並大抵の苦労ではなかったようで、人から恨まれるようなこともあえてしたという過去がある。

彼女の毒舌の裏には、そんな人生を生き抜いてきたという自信に裏付けされていて、誰も反論できないところに、言われた方がいら立つ。
外見は20歳なのに、その人生経験でババくさいことを平気で言い、行動するところがとても面白い。
オ・マルスン役のシム・ウンギョンのうまさに脱帽。
2人1役という難役をこなしたうえに、歌唱力もある。
映画の中で歌われる曲を誰か日本語でカバーしないかなあ。

オ・マルスンは、オ・ドゥリになって、思うままの人生を初めて味わうことができるようになる。
そして、恋も・・・。

笑って、笑って、泣いてしまう、そして、最後にまた笑える最高の映画の一つだ。


タグ:映画
posted by 風土倶楽部 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

星組「The Lost Glory 〜美しき幻影〜」「パッショネイト宝塚」

初日に観たものの、ちょっとショックで、すぐに書けなかった。
ようやく気を取り直し、また、観たいという気持ちがふつふつしたところで冷静に感想を。

The Lost Glory
急に予習がしたくなって初日のB席をゲット。手持ちのチケットが8月中旬なので、それまで我慢できず(笑
まず、最初の「本日は…」が理事の声で唖然。いやーな予感が。

DSC_1124.jpg

オセロを下敷きにしたというだけあって、ストーリーに意外性はなし。意外といえば、最後がオセロと違うところ。異なる結末にしたから、よけいにストーリーに厚みがなくなったともいえる。宝塚では、悲劇を悲劇として扱えないのか?
イヴァーノのオットーへの嫉妬心が明確でないから、ちえさまの存在がイマイチ際立たない。人事だけではねぇ。イヴァーノの生い立ちには、移民の成りあがりの妾腹というだけでほとんど触れられていないし。オットーの方は、移民でアメリカに来たときのふうちゃん母との別れの場面があるのに。
「明日のことなど誰にもわからない」という歌とセリフのフレーズが何度も繰り返されるけれど、ならば、人事だって、明日のことはわからないじゃないの。
黒い人だという前宣伝に、ショーヴランを期待しちゃった私がいけないのか・・・。

要するにグレートギャツビーの悲しみがない。大恐慌で株が暴落しているのに、なぜちえさまは資金に困らない?
新作をやらなくても、「王家に捧ぐ歌」再演でよかったんとちゃうの?
中盤にあるタンゴシーンは、この作品の一番の見せ場。ここだけは、まあまあ納得。メンバーの動きがおしゃれ。この場面のためだけに、この作品をやったのか?

残念ながら、B席からでは、ビルを模した舞台の装置がペットボトルを活用しているらしいことはわからず。というか、ちえさまが活かされてないじゃない…という思いがふつふつとする中、とても舞台装置にまで思いがいかなかった。
真風が、今回はとてもおいしい役。それ以外はしーらんのおネェ宝石商ぐらい。ふうちゃんのお母さんの歌が、とてもよかった。まこっちゃんも、しっかり脇を固めている。
ディアナねねちゃんの歌と演技がものすごくよかった。この人も、まさに退団時期。
紅は、かわいそうな役。2番手には、よくある役だけど。それでも、もう少し魅力的にやらないとなあ。
最初から、最後がわかっちゃうストーリーって、どうよ。

そして、ラスト。これから見る人が多いから、詳しくは書かないけれど、星組なのにあの〆。
ラスト7,8分は、もういい、というのが正直な感想だった。

アルマーニのスーツ姿のちえさまの立ち姿は、ひたすらかっこいい。
歌も、迫力があって、圧倒的なパワーがある。
要するにちえさまが恨みを抱く相手として理事オットーは、すでに弱いという見え方もある。
山口&石丸レベルでないと、ダメなのかも。

ナポさまは、大きな芝居を求められ、ルイは年齢の幅を求められ、今回は、微妙な感情の動きを大舞台で求められている。バウなら、わかるけれど、B席からは細かい芝居は見えないよ〜。
おまけに出番が少ない。見せ場がない。

ちえさまを堪能するつもりで行ったわれらヅカ友3人は、かなりがっかりして、終演後にヅカトーク炸裂だった。

パッショネイト宝塚
こちらは、ラテンもののショー。全員がんばっている。特に若手。今回の2作品は、次世代に見せ場を譲った感が大きい。以前のレビューだとちえさまパワー全開だったけれど、今回は真風を中心に若手の部分が大幅に増えている。ただ、紅登場シーンは、紅の今後にいろいろ不安を感じる部分多し。まあ、今に始まったことじゃないけど。風共をさせる意味がよっくわかった。あれは、まだ演技でカバーできるからだ。

黒塗りはプログラムの写真ほど黒くはないけれど、まあ、黒い。声を聴いて、あ、まこっちゃんね。という感じもなくはない。まこっちゃんは、登場シーンすべてにおいてダントツで目立っていた。歌もダンスも素晴らしい。すでにミニレオン。
話題のカポエイラは、前ふりの若手が本当にがんばっていた。今回の一番の見せ場。
ノバボサノバと比べなければ、そこそこ楽しめるラテンもの。が、どこが物足りない。私は星組のレビューなら、セレブリティやエトワールド・タカラヅカのほうが好きだし、今までみたラテンものなら月組のあさこ&きりやんのアパッショナードのほうが何度みてもワクワクする。

ナポさまも、1月3日に観たときは、どーなるのか?と思ったけれど、東宝千秋楽近くで観たときは鳥肌が立ったぐらい素晴らしかった。なので、今回も、これからどんどんよくはなっていくと思うけれど…。
昨年のロミジュリから、パワー全開だったちえさま。ここらで一息入れて、武道館に備え、退団公演…?
ちえさまは、宝塚でやりつくしちゃったんだなというのが実感だった。あとはきれいに去るのみ?

特にちえさまファンではないヅカ友たちの感想は、悪くないとのこと。
大作が続いたから、期待度が大きすぎた、のかなあ…。

DSC_1059.jpg

男役は、あと1人しか演じることはないのかも…か。
来年の今頃は、新しいちえさまを観られるのかも、ね♡

タグ:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする