2014年08月30日

諸田玲子著「奸婦にあらず」

久しぶりに小説をしっかり読んだ。
諸田玲子著「奸婦にあらず」
図書館でふと手にとった文庫で、最初の3分の1程度までは、なんとなく読んでいたけれど、後半は一気に読了。

ヒロインのたかは、坊人と呼ばれる多賀大社の密偵。
江戸時代に朝廷と幕府の間をとりもつ役割を担った大社が、情報収集のためにあちこちに送りこむ密偵として、仕込まれた女たかは、譜代大名の彦根藩井伊家の14男の愛人となる。
22歳の部屋住みの未来が見えない若者と、密偵の28歳の女は恋に燃え上がり…というところから物語は始まる。

井伊直弼といえば安政の大獄で桜田門の変。教科書通りのことしか知らなかった。
が、彦根藩主になるまでには、庶子で14番目の男の子ということで養子の口もなく、先行きがみえず、悶々として32歳まで小さな屋敷で暮らしていた苦労人なのだ。

小説は、直弼が彦根藩主になるまでに半分ほどの紙量が費やされていて、安政の大獄に至るあたりは学んだ歴史通りにことが運ぶ。
長野主膳という人物も、まったく知らなかったが実在の国学者。小説では、たかが直弼との間を取り持ち、二人が師弟関係を結んだことになっているが、実際も主膳は直弼のために京都で幕藩体制維持のために奔走したようだ。

幕末といえば、新撰組や薩長を中心に描かれることが多いが、この小説では、幕末最大の悪者にされていた直弼の周辺の人々、それも情報収集が難しかった当時、暗躍した坊人たちを中心に描くことで、当時の混沌とした社会で命を張り合っていた緊迫感が伝わってきた。

ただ、たかの生き方そのものは、歴史と血縁に翻弄されすぎていて、彼女の志なるものが不明瞭なまま過酷な結末に至る。当時の女性が、自分の人生がままならなかったのはよくわかるが、直弼と主膳が共に見据えた幕藩体制の維持という志に、どこまで共感していたのか。結局、惚れた男と、その男が心酔する男の夢を自分のもののように錯覚していただけ。その夢の代償は、あまりにも大きかった。

ラストの「真心磨いて…けど真心ほど厄介なもんはおへん。あっちの真心がこっちの真心とはいかんさかい、争い事が絶えんのや」に尽きる。

村山たかも実在の人物。体制が変わる歴史のきしみの中でたか、直弼、主膳の3人の悲劇的な生涯を描いた力作。NHK大河ドラマの定着の大きなきっかけになった舟橋聖一著の「花の生涯」が、同じ3人を主人公にした物語だそう。読んでみようかな。


posted by 風土倶楽部 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

宝塚大劇場「The Lost Glory 美しき幻影」「パッショネイト宝塚」

今日、千秋楽だったロスグロとパッショネイト宝塚。
初日から、もう1か月がたってしまったなんて。。。はあ、さみしい。
結局、4回観てしまった。

「The Lost Glory」の方も、歌が耳になじんでしまうと、1920年代のアメリカっぽい音楽でスタイリッシュな舞台にはなっている。
初日のショックがかなり遠いものになった。
が、やはりラストは納得できないけどね。

パッショネイト宝塚の方は、観れば見るほど、素晴らしい構成で、ちえさまと星組を堪能できる。
特に今回特筆すべきはねねちゃん。
ロスグロの方でも、信念をもち、一族に反対されようが、自分が選んだ人を愛し抜く強さをもった女性を好演。
レビューの方では、存在感がとても大きく、ちえさまと対等。
だから、二人のデュエットダンスの2回ともが、とんでもなくステキで釘付けされてしまう。
「愛の夜」の方は、この二人にしか出せないねっとりとしたエロスを品よく濃厚に(これは最高に難しい)出しているし、最後のデュエットダンスの「記憶の交換」では、一つの完成形を見せてもらっていると実感。
いつまでも見ていたいようなシーン。

どの歌も、とてもステキで、1時間のレビューがあっという間に終わってしまう。
特に好きなのが、フィナーレの曲でもある「そして愛、深い愛・・・」で始まるナンバー。

柚希礼音という稀有なスターの一番の魅力は、男役なんだけれど、そこに深く隠された母性愛だと私は感じている。それは宝塚そのもの。100年続いたのは母性が支えたから。その深い愛を感じさせる「海」のシーンは、レビューとして秀逸だと思う。カポエイラもすごいとは思う。ちえさまはじめ、全員のパワーと技術を見せつけてくれる。でも、私は、「海」からフィナーレまでの流れが大好き。何度でも何度でも観たい。

ネットでぐぐってみたら、下記のような歌詞が出ていた。
稲葉太地氏、いい仕事するなあ。

言葉はすぐに消えてしまう
記憶もやがて色褪せていく
けれど胸に燃えた炎それだけは消えずに
時を越えて受け継がれこの胸に生きるよ
それは愛 深い愛 繰り返される命の奇跡
嵐の中潰えることなく 永遠に燃え尽きぬ愛

完売チケットだけれど、東宝でもゲットできたので、また星組全員に会えると思うと、本当にうれしい。
ロスグロは、やっぱりちょっと眠くなるんだけどね(笑

3回目

DSC_1223.jpg

ラベル:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

2回目の星組「The Lost Glory 〜美しき幻影〜」「パッショネイト宝塚」

初日から、ようやく2回目の観劇。
ロスグロの方は、1回目のときのアナウンスがちえさまでなかったこと、主役じゃないことは織り込み済なので、今回は余裕。
とはいえ、やはり先の読めすぎる、ワクワクドキドキ感のない凡庸な作品で、途中ちえさまの出ていないシーンはつい眠気が襲ってくる。
あまりにゲンキンな自分に少々あきれ返る。
なので感想はなし。
アルマーニのスーツ姿のちえさまは、ますます細やかな悪を紡ぎだし、もうその悪に酔うのみ。
船上シーンだったかな(?)で、開襟のシャツを着ているちえさまの色っぽさときたら、オペラを離せず困ってしまった。あそこまで開けちゃっていいの?

パッショネイト宝塚は、2回目にして、その魅力に開眼。
最初から最後まで、目をそらすことができない。
冒頭のちえさまのソロダンスに始まり、怒涛のシーンが続いていく。
ロスグロでできなかったドキドキワクワクが全開する。
ブルーとブラウンの衣装がとっても素敵!

紅船長のお導きで訪れるジャングルでの、まさこさんイルカトッキ―を中心にしたシーンは、とにかく楽しくて、楽しくて、、、。目がいくつあっても足りない。

その後のちえさまとねねちゃんの「愛の夜」は、私が観た回はものすごく濃厚で、スミレコードは大丈夫なの?というぐらいドキドキさせられた。
こういうデュエットダンスができるのは、やはりちえねねならでは。

カポエイラも、まこっちゃんの歌声で引き込まれ、メンバーの動きに魅了され、そこに神様のちえさまが登場。どいちゃんと蹴りまわしをする。これも息をするのを忘れてみてしまうほど。

このあと、さゆみちゃんがしっとり歌い上げ、ここからフィナーレまで、あっという間。
ちえさまの太陽のシーンでは、涙が出てきてしまったほど。
細かいところは覚えていないけれど、この昂揚感は、ちえさまと星の組子たちならではのもの。
スカイステージのナウオンで、ちえさまが「星組、すごいって思った」と語っていたのを共感できた。

パッショネイトだけ、2時間半やってほしい〜。



ラベル:宝塚歌劇
posted by 風土倶楽部 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする